【彼女の作り方-06】女たちが絶対に教えない、やさしいだけの男が嫌われる「本当」の理由。

彼女の作り方

恋愛カウンセラー ・イサキです。

お読みいただき、ありがとうございます。

「彼女の作り方」シリーズでは、恋愛に不慣れな男たちに向けて、初心者コンテンツを書いています。

 

この、彼女の作り方-06では、女たちが絶対に教えない、優しいだけの男が嫌われる「本当」の理由 について書きます。

あなたは納得できないと思いますが、

  • あなたの彼女への「やさしさ」は、それと同じものを、自分にもくださいって彼女に求めているのと同じ行為(返報性の原理)という話
  • 徹底的なやさしさが示すものは、弱さと従属

という、ちょっとだけ重い話をします。

これがわかるだけで、女にやさしくしすぎて、キモい・ウザいと言われることが減ります。

 

男の感じる優しさと、女の求める優しさは違う

女たちは「優しい男が好き」と、よく口にします。

女たちに「好みのタイプの男性は?」と質問すると「優しい人」と、多くの女たちは答えます。

でも実際には、女たちに優しく接すると嫌われることがあります。

これはなぜなのか?

 

女は、いつもいつも優しくされると、物足りない男・頼りない男・優柔不断な男・自分の意思がない男・重い男と勝手に思ってしまう心理があるからです。

あの子が好きだからと思い、その女にひたすら優しくしてしまう。

男にはよくあることなんですが、これをしていると、ある日突然、性格が変わったようにあなたを無視してきたり、わがままになったりします。

  • 物足りない
  • 退屈
  • 情けない
  • 弱い

やさしさが、ネガティブな印象を与えているということになります。

ある意味では甘えているとも言えるんですが、実際のところナメている、見下しているといったほうがいいと思います。

女心を知ることなく、ただ「優しい男が好き」という言葉だけを鵜呑みにしていると、恋愛成功できません。

 

優しすぎるは重すぎる

これは、あなたも逆の立場であればわかると思います。

  • いつもいつもあなたのことを気にかけている女。
  • あなたに関することが、自分の人生における優先順位が高い女。
  • あなたがどれだけ不誠実なことをしても、あなたに対して、決して意見を言わない女。
  • あなたの不誠実に対して、いつも耐えている女。
  • あなたが欲しいといえば、カラダもお金も時間もなんでも準備する女。

こういう女がいる場合、あなたは何を感じるでしょうか?

 

徹底的なやさしさって、人は「重く」感じてしまうものなんです。

ありがたいのは最初だけ。

やさしいの意味が違うって気がしてくる。

 

これは立場が逆になっても同じ。

素敵だなと思っている女に、あなたが常に常に優しさだけで接し続けると、キモイって思われる。重いって思われる。

  • いつもいつも、その女のことを気にかけているあなた。
  • その女に関することが、自分の人生における優先順位が高いあなた。
  • 何をしても、女に決して意見しないあなた。
  • 女の不誠実に対しても、耐えているあなた。
  • 女が助けてといえば、お金も時間も手間も、なんでもしてあげるし、なんでも準備するあなた。

 

なんだか、そのうち、何かでお返ししなきゃいけない気がする、商取引みたいなプレッシャーを、女たちに与えていると思いませんか?(笑)

そんなプレッシャーを一切感じず、あなたからのご好意をありがたく受け取り続ける女がいたとしたら、それはあなたの愛情に喜んでいるのではなく、あなたの、時間・お金・やさしさを利用している女です。

 

その女に普通の感性があれば、あなたの優しすぎる行為は、何かと重いと感じている。

彼女は「優しい男が好き」と口にしたとしても「そういう意味じゃないんだけどなあ」と感じています。

つまり、重すぎるはめんどくさい。

 

なので、普通の感覚を持っている女であれば、あなたが徹底的に優しく接しているとすれば、その女からの接点は徐々に減っていくはず。

重い人って、何かとめんどくさいからです。

普段から怒らない人、文句を言わない人って、キレたら怖いですし。

女も徐々に距離を置くようになります。

 

なのでまずは、LINEやメールの返信が来なくなります。

その女に電話をしても彼女は出ません。

 

徹底的にやさしいので、あなたが絶対に気分を害さないことを知っているからです。

優しく接しすぎて避けられた。なぜ??

でも間違っていたのは、優しすぎたあなたの側なので、女から斬り捨てられたとか裏切られたとかは、絶対に思わないこと。(ただの被害者妄想)

逆にいえば、その流れになるのが怖くて、やさしすぎるあなたから、距離を置いたとさえ言えます。

優しすぎる男たちが見せている、その「優しさ」は、無意識ではあると思いますが、

  • 彼女に嫌われたくない
  • 彼女に好かれたい
  • 彼女に好意を伝えたい

という無意識の下心・もともと秘めていた思いの発露(はつろ)であったはず。

 

自分がこれだけ真剣に優しくしてあげているんだから、女からも真剣に優しく接して欲しいという、返報性の原理(へんぽいせいのげんり)が、あなたの心理で無意識に働いていた。

※ 返報性の原理 = 人は他人から何らかをしてもらった場合に、お返しをしなければならないという感情を抱く心理のこと。

人は誰しも、体験的・無意識的に、この返報性の原理を身につけています。

逆に言えば、やさしさをもらい続けて、何か借りができると気持ちが悪いため(何かお返しをしなくてはならないと感じたからこそ)彼女は逃げたと言えます。

この心理法則って、結構、日常的に使っていて

めちゃくちゃ怖い上司に、仕事上の承認印をもらいに行く時、あなたも、つい愛想笑いをしてしまうのはなぜか?

↓ ↓ ↓ ↓

その怖い上司の機嫌を損ねたくないし、上司からの笑顔(自分へのソフトな対応)を、無意識に求めているからです。

 

上司からのソフトな対応が欲しいから、まず先に自分がソフトに対応している。

これが返報性の原理の逆用。(実際には逆用ではなくて、これを含めてそのものすべてが返報性の原理ってことなんですけども)

 

人は常に、何かを返して欲しいと思っているときは、先に「何か」を無意識に与えているんです。

笑顔だったり、優しさだったり。時間だったり。手間だったり。

つまり、あなたのやさしさって、「それと同じものを、自分にもください」って彼女に求めているのと同じ行為だったんです。

こういうミスは、気づかず、誰しもやってしまいます。

 

本命だからこそ、やさしくしすぎるという逆説。

人は、あまり好きじゃない人には、あまりやさしくありません。

でも、そのほうが、人間関係も恋もうまくいくことが多いです。

なぜなら、相手に何も求めていないから。

 

あなたも体験はないですか?

あんまり好きじゃない女との方が、スムーズに付き合えたという経験。

好きすぎる本命女を落せた、付き合えたことよりも、あんまり好きじゃない女とばかり付き合っている経験。

これはすべて、相手に求めていないからなんです。

 

例えば、よくある

  • 本命の彼女だからこそ、やさしくしすぎる男たち。
  • 本命の彼だからこそ、尽くしすぎる女たち。

やはりどちらも、あまり良い結果を生んでいません。

 

本命だからこそ、ついチカラが入りすぎてしまう、やさしく接してしまうというのはわかるんですが、その部分をコントロールできるようになると、恋愛をコントロールできるようになり、人生をコントロールできるようになります。

この「彼女の作り方」シリーズは、恋愛に不慣れな男たちに向けて書いていますので、あまり難しいことは求めませんし、書いていません。

もし、この記事を読んでいるあなたが、恋愛を上手に進めている男たちの考え方を、さらに知りたい場合、女を口説く10の基本 も、時間のあるときに、サク読みしておいてくださいネ!

 

女にやさしくしすぎても、キモい・ウザいと言われる。

女にやさしくなくても、やさしくなーい!と、女から文句を言われる。

恋愛の面白さは、ここにあります(笑)

 

イサキでした。

 

【彼女の作り方-07】男たちがわかっていない「押し」と「しつこさ」の違い。

彼女の作り方(一覧ページへ)

 

無料PDF教材:男の恋愛・3つの壁(90ページ)

ええー!? 普通に恋愛してるだけじゃ、もう彼女はできないって、どうゆうこと!? 男の恋愛を苦しめる「3つの壁」女の口説きやすさを10倍アップさせる全手法。無料PDF教材90ページ。

 

あなたは最近「自分に対して女の拒否反応が強すぎる・・(泣)」と感じていませんか?

この教材では、

・なぜ、誘った女の「拒絶反応」が、数年前より強まっているのか?
・なぜ、多くの男たちが、社会や女から恋愛ダメージを受け続けているのか?
・なぜ、恋愛テクニックや心理テクニックが「見知ったそのまま」で使えなくなっているのか?

などを、PDFファイル90ページにわたって詳細に解説しています。

あなたの恋愛苦悩の解決に、ぜひご活用ください。

ABOUTこの記事をかいた人

一般財団法人日本能力開発推進協会 (JADP) 認定、上級心理カウンセラー。クライアント数9,304名。週刊SPA!、週刊プレイボーイ、レディースファッション誌ViVi、with、クールトランス、Men’sLeaf、webR25、ヒトメボなど、恋愛コラム多数掲載。