彼女の作り方
彼女の作り方

今回は、まだつきあっていない女を、自分の部屋に招くときに考えたいこと。

 

女性が長居しやすい、心理的に落ち着くいわゆる「ヤリ部屋」の作り方(やらしい意味じゃなく) について、書きます。

快適な部屋作りは、イヤらしくありません。

 

ヤリ部屋の作り方、まず形を作る。

まず「ヤリ部屋の作り方」から。

ヤリ部屋だなんて、男性の心に刺さるような、イヤラシイ表現をして申し訳ないんですが、かなりマジメな話をします。

 

真剣に恋愛成功したいと考えているならば、すべての男たちの部屋は、快適なヤリ部屋であるべきだと考えています。

 

居心地が良く、快適で、暖かくて、いい香りのする空間。女がずっといっしょにいたいと思える快適空間。 これは、優秀なヤリ部屋です。

ヤリ部屋 = セックスするのにもってこいの部屋 = 体力を充電し、繁殖し、子育てするための、絶対環境を意味します。

 

快適な部屋作りは、イヤらしくありません。

 

なぜなら我々人間は哺乳類(ほにゅうるい)です。

絶対的に「巣」が必要です。

衣食住スペースが絶対的に必要な生き物だからです。

哺乳類にとっての「巣」は、休息し、体力を充電し、繁殖し、子育てするための、絶対環境。

だって、1日のうち1/3は寝てるんですよ(笑)活動できないんです。

 

家もない人と恋愛する人は、男女共にいません。 ましてや、家のない男と恋愛をする女はいません。

家という要素は、我々男たちが考えている以上に、重要な要素なんです。

 

暖かく、快適で、いいニオイがして、おいしい食べ物、おいしい飲み物がある。生きていくための必要条件が満たされている、長居したいと思う。

本能的に、ずっとここに居たいと思う。

 

男にとってのヤリ部屋は、ラブホの代替機能を自宅に持ち込もうというんじゃないんです。そんな浅い話じゃない。

あなたの快適な部屋に女が来たときに、女がつい長居して、そのうちいい雰囲気になって、そのまま”なっちゃった” ”抱かれてしまった”っていう、関係性の進展に寄与できる部屋であるべきです。

女が本能的に、ずっとここにいたい、いっしょにいたいと思える部屋であるべき。

今回は、マジメにそういう話をしています(笑)

 

ヤリ部屋の作り方はカンタンで、

  • TVとソファーを対面に配置する (2人並んで、テレビが見やすいように)
  • ソファーとベットをL時に配置する (いい雰囲気になったとき、そのままベットに移動しやすいように)
  • 整理整頓アタリマエ。清潔なのアタリマエ。
  • アロマなどの良い香りがする。
  • 直接照明は落ち着かないので、間接照明主体で照明をとる。

レイアウトに関してはこれだけです。

 

くつろぐスペースと、ベットが近いってことがポイントです。

モテる友人とか、いつも彼女が遊びに来ている同僚の住まいのレイアウトや、家具の配置などを見てみてください。

まず、間違いなくベットとソファーの位置が近いレイアウトですし、綺麗でいい匂いがしているハズです。

そりゃ、女たちが長居したくなるワケです。

 

TVを見る部屋・ご飯を食べる部屋・寝る部屋が完全に分かれてる場合(3LDK)。

物件としては広くて良いかと思いますが、恋愛的にはなかなか親密度が上がらず関係性が進展しません。

食欲、性欲、睡眠欲を 1部屋でカバーできるとベストですね。 (キッチンや水回りは別の1DKで十分です)

 

日本の住宅事情から考えて、1DK、2DK住まいの独身男も多いと思いますが、実はぜんぜん勝負ができる環境だといえます。

モデルルームみたいに広大な住まいは、男のヤリ部屋には不要です(笑)

ヤリ部屋の作り方、5つのポイント

快適で、キレイで、整っていて、いいニオイがすれば、キュっって程良く狭いほうが「巣」としては優秀。

 

また、まだつきあっていない女(いずれ彼女にしたいと思っている女)を部屋に招くときには5つのポイントがあって、

  1. 元カノグッズ、エログッズはしまう → 自分は見慣れてしまっているため気づけず無防備。
  2. 玄関とトイレだけは全力で掃除しておくが、部屋はある程度にしておく → きれいすぎると、いろいろ勘ぐられる。
  3. PC内のエロファイルはしっかり隠しておく → PCでネット見たいと言い出す女もいるため。
  4. 食べ物、飲み物は事前に用意しておくか、買ってから帰る → 買いだしに出ると男が言い出すと、女も「じゃあそのとき自分は帰る」と言い出す場合アリ。
  5. DVD、ゲーム、マンガ、雑誌、なんでもいいが、自分の部屋に招いた以上、男の側が楽しさを提供すること → 男が、自分自身も楽しみたいとか、エロ優先モードになると、女は確実に退屈する。

などがあります。

 

あくまで、まだ彼女じゃない女が家に来たときの話ですから、特に5番目が大事。

 

ターゲットの女を、自分の巣 = ヤリ部屋に呼んだんだから、あとはヤルだけとか考えるのは大間違い。

女性がどれだけ快適かが大事。

 

自分自身が楽しむことを考え出すと、女は飽きて、二度とあなたの部屋に来ません。

 

何度も言いますが、男にとってのヤリ部屋は、ラブホの代替機能を自宅に持ち込もうというんじゃない。

あなたが準備した「ヤリ部屋」という機能と快適性を踏み台にして、自分はふだん、どれだけ快適な空間で生きているか?

どんなライフスタイルを送っているか?

あなたの部屋がいかに快適で楽しい時間を過ごせる場所か?それをしっかり提供して、また来たい!って思ってもらえるかどうかが大事なんです。

 

あなたが料理を作って見せて、女にちょっと手伝ってもらってもいいでしょう。

女といっしょに何かをする時間を、まずは温かいものにする、幸せなものにする。

そのための空間としてのヤリ部屋機能を充実させる。

ここに注力するからはじめて、女がつい長居して、そのうちいい雰囲気になって、そのままなっちゃったっていう、関係性の進展ができるんです。

 

これこそが、自分の部屋を常に快適にしておきたいと考える最大の理由、そして自然の摂理ですね。

 

女性が長居しやすい、心理的に落ち着くいわゆる「ヤリ部屋」の作り方(やらしい意味じゃなく) について、書きましたが、結局それって、そこに住んでいるあなた自身も快適なはずなんですよね。

 

快適な部屋作りは、イヤらしくありません。

 

ではまた!

知らなきゃハマる、男の恋愛3つの壁(PDF無料ダウンロード)

あなたは最近、女性の拒否反応が強すぎると感じていませんか?

実は今、男たちの恋愛は「3つの壁」に邪魔されている状態なのです。

その結果、普通に努力しているだけでは彼女ができない状態になっています。

 

PDF無料ダウンロード教材「男の恋愛・3つの壁」では、今のあなたが社会や女たちから常に受けている、3つ圧力=3つの壁の正体を解説し、

  • 恋愛テクニックや心理テクニックが「そのまま」では通用しなくなっているワケ。
  • 男の恋愛を苦しめる「3つの壁」の正体。
  • 恋愛強者たちはどうやって壁を越えて恋愛成功しているのか?

などを、PDFファイル 80ページにわたって、詳細に解説しています。

 

ぜひチェックしておいてください。

おすすめの記事