【彼女の作り方-03】女たちが喜ぶ、あなたが使うべき「言葉」について。

彼女の作り方

恋愛カウンセラー ・イサキです。

お読みいただき、ありがとうございます。

「彼女の作り方」シリーズでは、恋愛に不慣れな男たちに向けて、初心者コンテンツを書いています。

この、彼女の作り方-03では、 女たちが喜ぶ、あなたが使うべき「言葉」 について書きます。

 

あなたが使う言葉で、女との関係性が変わる。

女たちが喜ぶ「言葉」とは、どういうものだと思いますか?

例えば、女同士の会話を聞いていると決して相手を否定する言葉は使いませんよね。

女たちの会話の中には「それダサ!」「見た目ワルいっ」「趣味オカシイって!」「デブ!」など、否定的な言葉がほとんど出てきません。

どちらかというと「可愛いね!」「いいね!それ!」「私も欲しい~!」「もしかして痩せたー?」など、相手をうれしくする言葉、賛同する言葉が多いです。

なぜなら、女たちは会話に「共感を求めている」から。

というか「共感しか求めていない」とさえ言えます。 ここに、女たちが喜ぶ「言葉遣いのコツ」が隠されています。

 

女たちは会話に共感を求めているため、ほとんど相手を否定しません。

そして、自分自身も否定されることをとても嫌います。

なので、あなたがすべき、女たちが喜ぶ言葉遣いは、否定的な言葉を一切使わないことなんです。

「そんなこと、わざわざ指摘されなくてもわかってるって!」って感じる男たちは多いと思うのですが、実は恋愛初心者の男たちは、こういうところでボロを出しています。

「可愛くない」「おもしろくない」「疲れた」「だるい」「おいしくない」「ねむい」「ムラムラするー」「ハラ減った」などなど、男だったら無意識に言っているセリフが、女を呆れさせているんです。

 

例えば、男だけの飲み会。

盛り上がれば盛り上がるほど、女たちが聞いていたらドン引きするようなマイナス発言ばかりしてませんか?(笑)

男って心の中にそんなに不安がないし、不安があってもバカになることで発散できる。

女たちのようにPMSや生理がないので、風邪でもひかない限り24時間365日、精神的な安定を保っている。

男は女に比べて「アホなこと」や「マイナスの言葉を吐くのが楽しくて仕方ない」生き物。 バカ騒ぎして平凡やストレスからちょっとだけ開放される。それが男なんです。

男だけで飲みに行ったとすれば、例えば同僚たちで「総務部のミホちゃんと、ヤリてええええええええええええ!」「今夜は、美女のおっぱいデザートが欲しい!!」「会社辞めてやるう」「あのバカ上司、今度プロジェクトブチ壊したら、マジで◯したるわー」とか叫んでたりしませんか?(笑)

ビール飲んで、仲間で笑って、仲間からお約束通りにダメ出しくらって、落ち込んで、また飲んで、また笑って、大騒ぎして。

でも悔しいから二軒目にキャバ行って、お気にの嬢にグチをいっぱい聞いてもらう。

三軒目は辛抱たまらない有志が一部集まって、風俗に行く。

 

いやあ、男に生まれて幸せーと思いたい週末でしょうけども(100%同意しますが・笑)、でも恋愛成功したいなら女の前でこのバカっぷりはダメ、ハメを外すなってことです。

少なくとも、マイナスな言葉を吐くのを改めないといけません。

女たちは心の中が不安だらけの生き物。心の中が不安で成り立っているといってもいい。

だからこそ、不安な言葉を投げかけられると、反省したり、思い直す前に、まず不安が増幅します。

そのうち、自分に対してマイナスばかり吐く男に不安を感じ、価値を見いだせなくなってきます。

 

例えば、自分を偉く見せようとして(大きく見せようとして)、自分以外の周囲の男たちに、やたら厳しくあたる男っていますよね?

組織の上位者に多いです。

また、その場に相応しくない大声で話す男も同じ。

本人にそのつもりがなくても、女を怖がらせている。 これも同じマイナス効果を生んでいます。

女の心の中は、常に不安だらけなので、第三者に厳しくあたる男たち・大声を出す男たちを見て ♀「次は自分が厳しくあたられる番だ」「大声で呼びつけられたら嫌だな」と思うんです。

 

なので、否定的な言葉(否定的な行動)を女の目の前で連発する男は、女の心をつかみ損ねます。

女たちの心は、否定的な言葉、卑屈な言葉、イヤミな言い回し、攻撃的な思想に、楽しさや喜びを感じない。

だから、恋愛初心者のあなたが女に対して使うべき言葉は、プラスの言葉です。 これを意識してください。

たったこれだけで、女との関係性がぐっとソフトに、ぐっと暖かなものになってきます。

キレイ、素敵、可愛い、おしゃれ、優しい、料理が上手、髪がきれい、肌がきれい、ピアスが素敵、などなど。

意識して「褒め言葉を使う」ことと、少し似ていますね(笑) ストレートな褒め言葉は恥ずかしいし、照れくさいかもしれませんが、ほんのちょっとの「プラスの言葉」なら使えそうな気がしませんか? 恋はこういう「ちょっとしたこと」から始まるんです。

 

でも恋愛初心者は、こういう部分をすぐにめんどくさがるし、否定するし、叩く。

さっさと誘いたい、さっさと食事に連れ出したい、早く週末の夜いっしょにいたいという自分のやりたいことをまずやりたがる。

別記事 【彼女の作り方-01】好意を持ってもらうために、彼女にきちんと興味を持つ・彼女にしっかり興味を示す でもお話しましたが、さりげなく示す好きな女への興味は、あなたの恋に対する「真摯さ」のバロメーターです。

お金とか、クルマとか、社会的地位とか、恋愛成功に直接関係のない手持ちの「切り札」を増やす努力ばかりに没頭してる男たち。

実際のところ、女たちの喜ぶ目線から女たちに正しく興味を示すことよりも、モテる要素を持つ俺サマが大好き・モテる要素を持っている俺自身が大好きなだけの男たち。

だから恋愛って、そもそもどうやって初まるものか?本当のところがわからない。

 

それは、プラスの言葉で話しかけることも同じ。

女に好かれるポイントって何か?女に好かれるための考え方って何か?を意識していれば、自然女たちに対して不安を増幅させるような言葉を使わなくなるものです。

電車にのっている間、ずっと毛先をいじりまくってるイケメンのモノマネをしている、普通の男・痛い男よりも、見た目は平凡なのに女が喜ぶセリフを多く話す男のほうが好感度高し!なのは、誰が見てもあきらか。(これが自分ごとになると、わからなくなる)

バカ騒ぎとか、アホなマイナスセリフなどは、男同士でいるときに、酒でも飲みながら叫んでいてください(苦笑)

 

女に対する「言葉」というよりも、トーク内容について少し踏み込んだ内容を知りたいときは、口説き方と誘い方【基本-06】モテる男たちが毎日使う口説き・トーク・誘いはシンプル。も、合わせて読んでおいてください。

 

この、口説き方と誘い方の基本編は、先鋭的なまでの実践主義・現場主義なので、この「彼女の作り方」コンテンツみたいに甘くないです。

恋愛初心者のあなたが、この基本編を読むと「このキチガイ恋愛カウンセラーは、いったい何を言ってるんだ(笑)」「アタマは正気か!?」と、思うかもしれません(苦笑)

とりあえず、女に対して使う言葉を間違えまくっていて、女からNOや無視が何度も出されている場合は、この「彼女の作り方」コンテンツよりも上位の恋愛コンテンツ = 女を口説く10の基本が必要になりますので、時間のあるときにでもサク読みしておいてください。

 

苦しんで恋愛をしている、悩んで恋愛をしている、デートに誘い出せず苦悩している段階で、あなたの恋愛アプローチは「何か」が確実に間違っていると思います。

イサキでした。

 

【彼女の作り方-04】マジメなあなたが、女たちから「ヤリチン男」「ガツガツ男」と誤解される原因。

彼女の作り方(一覧ページへ)

 

無料PDF教材:男の恋愛・3つの壁(90ページ)

ええー!? 普通に恋愛してるだけじゃ、もう彼女はできないって、どうゆうこと!? 男の恋愛を苦しめる「3つの壁」女の口説きやすさを10倍アップさせる全手法。無料PDF教材90ページ。

 

あなたは最近「自分に対して女の拒否反応が強すぎる・・(泣)」と感じていませんか?

この教材では、

・なぜ、誘った女の「拒絶反応」が、数年前より強まっているのか?
・なぜ、多くの男たちが、社会や女から恋愛ダメージを受け続けているのか?
・なぜ、恋愛テクニックや心理テクニックが「見知ったそのまま」で使えなくなっているのか?

などを、PDFファイル90ページにわたって詳細に解説しています。

あなたの恋愛苦悩の解決に、ぜひご活用ください。