8,221人が誘えた!女性がOKしやすいデートの誘い方 10ステップ【彼女の作り方】
女性がOKしやすいデートの誘い方

好きな女性をデートに誘う。

女性をデートに誘い慣れている男たち、恋愛慣れしている男性でも緊張する場面です。

 

ましてや好きな子をデートに誘いたいと思いつつ、どうすればOKをもらえるか?さっぱりわかっていないまま、勢いだけで女性をデートに誘っている男性がとても多いように感じます。

あなたはどうですか?

デートに誘うための流れと手順はちゃんと理解できていますか?

 

今回は、恋愛に不慣れな男性(モテない男性)に向けて

  • 女性がOKしやすいデートの誘い方
  • 女性に負担にならないデートの誘い方
  • その基本的な流れと手順

を、しっかり解説していきます。

 

私の男性クライアントは10,000人以上いますが、約8,221人の男性が試して結果が出た「好きな女性をデートに誘う」やり方になります。

デートの誘い方-1 トークの上手さよりタイミングの良さ。

デートの誘い方を解説する前に一番大事な部分。

  • 女性をデートに誘う考え方
  • デートを誘う時の男性の動き方

について解説します。

 

ここがわかっていなくて、好きな女性をデートに誘えない、誘ったけどフラれるという男性があまりに多すぎます!

 

一番のポイントは、雑談ってそもそも恋愛トークじゃないからねってこと。

ムダ話を100年してもデートには誘えないよってこと。

 

そして、それを踏まえたうえで、

  • 好きな女性をデートに誘うとき、特に考えなくてはいけないこと。
  • 見極めなくてはいけないこと。

があります。

 

それが「タイミング」です。トークの上手さよりもタイミングの良し悪し。

デートに誘えるか?誘えないか?今回はデートに誘えなくても次につながるか?

これ全部、タイミングで決まります。

 

男性が女性をデートに誘えなかったとき

「話し方がまずかったかな?」

「誘い方が下手だったかな?」

とすぐに、女性への誘い方とか、デートプランの伝え方、トークの悪さが原因だろうと悩む傾向がある。

でもこれ、ぜんぜん違います。

 

結果的にタイミングじゃなかったということです。

もっと言えば、あなたは好きな女性をデートに誘うタイミングを作らず、いきなり誘ったということになる。

 

ムダ話をしてもデートに誘えないのは当然のことですが、デートに誘う時だけ、いきなり意を決して「誘いのトーク」「恋愛トーク」を仕掛けてもダメってこと。

こういう男性があまりに多すぎます。

 

タイミングを無視して、デートに誘うためだけのトーク、誘いの決めトークだけ、つまり安易なモテテクだけを磨いて、誘いを仕掛けても、女性をデートには誘えません。

 

大切なことは、デートに誘うタイミングを作るために話をする、トークをする。

この意識を持って、普段から女性と話をしていますか?ということ。

 

結局のところデートOKもらえるかどうかは、相手が自分に興味と好意を少しでも持ってくれているかどうか決まるので

「あ、この人いいな」

「おもしろいな」

「もっと話したいな」

と興味と好意を少しでも持ってくれた「タイミング」を生み出して、そしてデートに誘うからデートに誘える。

 

デートに誘いやすいタイミングを作って、そのタイミングを逃さないこと。

これが女性がOKしやすいデートの誘い方になる。

 

会話してて今だ!と判断できたら、また数日後にゆっくり誘う〜とかじゃなく、デートの約束が確定できなくてもいいからまずは

「こんど、海釣りでもいかん?」

「今、人気の映画やってるけど、今後いっしょにどうかな?」

「幕張メッセでイベントやるらしいから、いっしょにいかない?」

など。とりあえず軽くデートの誘いを投げておく。

タイミングを見て、あなたを意識させておく。

 

もしかしたら、今のタイミングではないかもしれない。

この軽い誘いは避けられるかもしれない。断られるかもしれない。

でもいいんです。

タイミングを見て、また誘えばいいんですから。

 

このソフトな繰り返しが、女性がOKしやすいデートの誘い方になります。

 

おなかが空いたタイミングに出されたら、たとえおにぎりでも美味しいもの。

でも、おなかがいっぱいの時、どんなごちそうを出されても食べたい気にならない。

 

まずはデートに誘うタイミングを作るために話をする、トークをする。ここをまず意識してください。

デートの誘い方-2 誘うタイミングはいつがいい?

じゃあ、デートに誘うタイミングはいつがいいか?といえば、相手の女性がどれだけあなたに興味を持っているか?で全て決まります。

 

デートに誘うタイミングを作るために話をする、トークをしてきたかどうか?が大事ですね。

表の中でいうならば「相手はあなたのことが好き」という場、すぐに女性をデートに誘ってあげましょう。

デートプランとか固まっていなくても、とりあえず軽くデートの誘いを投げておく。

こうやって、タイミングを見て、あなたを意識させておくと必ず次に繋がります。

 

軽くデートの誘いを投げた段階で、即デートというわけにはいかないかもしれないけど、関係性がより親密になっていくはずです。

だって彼女はあなたのことが好きだから。

 

また「気になっている状態」の場合、女性はあなたからデートの誘いを待っていることもあります。

彼女も誘われて嬉しく感じるでしょう。

でもこの状態でデートに誘わず放置しておくと、どんどん好意が下がっていきデートに誘えなくなります。

タイミングって流動的なので逃さないでください。

 

それに「異性として意識はしていない」の場合。

今デートに誘うんじゃなくて、タイミング作りを行うこと。これが大事ですね。

 

そして、いちばん避けたいのが、デートの誘いやすさ5%の時。

女性をデートには誘えません。というか、眼中にないタイミングでデートに誘ったら、嫌われてもう誘えなくなる可能性さえあります。

 

誘えるタイミングも作らずに、デートに誘うためだけのトーク、誘いの決めトークだけを磨いて、女性にアタックしている男性の多くは、デートの誘いやすさ5%のときに、我慢しきれず誘っている。

このタイミングでデートに誘っていたら、嫌われすぎて関係性がぐちゃぐちゃになってしまうと思います。

 

でも、デートに誘うタイミングを作るって言われても、あなたは悩んでしまうと思います。

だって、あなたに対する好意がある=80%、興味がある=50%もあれば、好きな女性をデートに誘うのはたやすいですからね。

 

デートに誘うタイミングを自ら作り出している男たちが、いったい何をして、デートに誘い出しているのか?この部分は、私の無料教材の中で解説させていただいているので、興味があればぜひ読んでみてください。

もしかしたら、あなたが彼女をデートに誘えない理由はデートに誘うタイミングを作れないという以外にもあるかもしれませんよ?

 

デートの誘い方-3 誘い方の絶対的ルールとは?

女性がOKしやすいデートの誘い方の絶対的なルールとして、まず軽さと楽しさが大事なんです。

振られても、無視されても。

 

そもそも、デートに誘う行為って、どれほど恋愛慣れした男性であっても勇気がいることです。

正直どうでもいい女性にはそれほど緊張しないんですけど(ごめん)、本命の彼女であればあるほど真剣さが増します。

 

でもいくら真剣だからといって、その真剣さをそのままデートのお誘いに持ち込んでいたら、女性からOKはなかなか出ません。

だって、雰囲気が重いし怖いから。

怖いから全然楽しさが伝わらない。

結果的に、行きたい気になれない。

 

デートに誘えなかったとしても、タイミングじゃなかったとしても、明るさと軽さがあれば次に繋がります。

でも、デートに誘えなかったことを根に持って、ずっと落ち込んでいたり、イジけていたら、女性の好意度がますます落ちてしまって、ますますデートに誘えなくなる。

 

フラれても、デートに誘えなくても、笑っていようとか、チャラ男になれという話じゃない。

明るさと楽しさがなくなったら、人はあなたに集まらないよ?異性である女性はますます集まらないよ?ということ。

 

あなたが、デートに誘えなかったことを落ち込んでいたり、イジけていたら、女性がOKしやすい状況じゃなくなっていく。

男の恋愛では、NOや無視はあたりまえですから(苦笑)、デートに誘う場合だけじゃなく、恋愛には軽さと楽しさが大事なんです。

デートの誘い方-4 時間帯でデートのYES率が上がる。

女性がOKしやすいデートの誘い方で、すごく見落としがちなことがあるんです。

それは「時間」です。

 

デートはどこに誘う?デートで何をする?ばかり気にしてる男性が多くて、何時から何時という時間帯が見えないデートプランを提案する男性が多すぎます。

そもそも、初回デートでお泊まりだとか、即エッチに持ち込むとか、そういう古いデートプランは考えないでください。(平成の恋愛テクニックかな?)

 

もし万が一、デート当日に押しまくり、うまくお泊まりとか持ち込めたとしても、もう2度とあなたとのデートには応じてもらえないでしょう。

一度でも抱けば俺の女とか思っているようでは、頭の中が古すぎます。(昭和の恋愛テクニックかな?)

 

なので、どうやってデートに誘っていいかわからない場合は、お昼の時間帯を前提として

 

♂「映画のチケット2枚あるんだけど、いっしょにどう?」

♂「ニューヨークで大人気のスイーツが代官山に上陸するんだって!いっしょに食べに行かない?」

 

という誘い方をする。時間も明確に伝える。何時ごろには解散できると、ちゃんと伝える。2時間ぐらい合流しようよみたいな、軽いデートの方が、デートに誘った時にOKをもらいやすいですし、デートの満足度も高い。

 

だから、次に繋げるために、たとえ彼女が「あなたのことが好き」と思っていてくれたとしても、時間にはすごくこだわること。

 

またデートの時間がはっきりしていると、女性はすごくよろこぶ。

あなたとのデートに何を着ていけばいいか?どんなクツでいこうか?(ヒールはやめよう!とか)どんな準備が必要か?明確にわかります。

 

時間にこだわり、さらにどこに行くか明確なので、不明点・不安点がないデートのお誘い。

これだと、女性の足も向きやすい。

 

そもそも誘われるデート内容がはっきりしてないのに、デートに行こうとする女性はいません。

誘われるデート内容がはっきりしなくても、デートに行く相手は付き合っている彼氏の場合のみです。

 

OKしやすいデートの誘い方って難しくない。

自分勝手な、デートの誘い方しない。誘った女性が「それラク〜!!」って思えるデートプランを出せるかどうか。

 

好きな女性をデートに誘うときは、具体的で安心感のあるデートプランを伝えてみてください。

 

でも男性は、女性をデートに誘う時ほぼ100%、食事に誘いますよね?

実は、いきなり食事に誘うのはよくないです。

 

これも、先の項目でお話しした「タイミングの良し悪し」と同じで、食事に誘う前にやらなくちゃいけないことがある。いきなり食事に誘ってはだめなんです。

 

それについては別記事でくわしく解説してますので、女性をデートに誘う前に、こちらも必ず読んでおいてください。

 

 

デートの誘い方-5 LINEを使ったデートの誘い方。

デートに誘う時って直接言ってデートに誘う時と、LINEでやりとりしながら誘う時があると思います。

ここまでに説明した、

  • 誘うタイミングが作れていること
  • 軽く楽しく誘うこと
  • 具体的で安心感があること

を前提として、LINEならではのデートの誘い方と注意点を、まとめてみようと思います。

 

LINEでデートに誘うときは、デートで行く場所のSNSやサイトのURLを送ってあげる。

LINEを使ったデートの誘い方でOKをもらうためには、あなたが誘おうとしている場所、デートで行こうとしている場所の、サイトとかSNSなどのリンクをLINEに貼って送ってあげましょう。

 

言葉だけで「水族館に行こうよ」「このカフェ行ってみようよ」って言葉で誘うよりも、URLをLINEで送って「ここどう?」「見て見て!!面白そうだよ?」って、仕掛けるだけで、安心で、安全で、具体的なデートの誘い方、デートの提案ができます。

 

おいしいカフェ、レストラン、焼肉などにデートに行く場合は、食べログでそのお店を探して、そのサイトのURLを、LINEで送ってあげても良いでしょう。

「おいしいらしいよ」「評判らしいよ!」と、あなたが代弁するよりも、見てわかったほうが伝わる。

 

百聞は一見にしかずということわざがあるとおり、どれほど口で説明するよりも、どんな場所にデートに行こうと考えているか?を、直接見せるほうが効果的なんです。

あなたとデートに行ってみようかなと感じさせる、具体的で安心感のあるデートの誘い方って、わかりやすいし、なによりハッキリしています。

 

LINEでデートに誘うときに意識したい。誠意が伝わるデートの誘い方。

それに、LINEを使ったデートの誘い方には、ちょっとしたメリットがあります。

それは、少し手間をかけることで、相手の女性にあなたの誠意が伝わるということ。マジメでマメな人だなあと気づいてもらえるということ。

 

先ほどの「水族館に行こうよ」「このカフェ行ってみようよ」って、ただ言葉で誘うのは、実は何の手間もかかっていませんよね?

ただ言葉を発しているだけ。

 

でも、お店の情報とかURLを貼ってあげる作業。

これ、ひと手間かかっていますよね?

 

そういう、ひと手間かけたデートの誘い方って女性の心にものすごく響く。誠意が伝わるんです。

ほんのちょっとの手間なんだけど、それがデートに誘われる側にとってうれしい。

 

たったそれだけなのに?と思うかもしれませんが、他の男たちの誘い方を知らないと、そう感じるかもしれませんね。

普通、一般的な男性のデートの誘い方は、めちゃくちゃ直線的で欲情的。(だから女性は誘われてもデートに行かない)

 

一般的な男性のデートの誘い方では、先の項目で説明した「誘うタイミングを作る」なんて最初から無視しています。

 

だから、あなたからLINEで届くお店の情報、サイトやSNSのURLを見ることで、相手の女性はお店の情報を得ることだけじゃなく、がんばって安心させようとしてくれている、あなたのその心根(こころね)に安心できる。

 

行こうとしている場所を目で見せてくれたことで

♀「わざわざ、なんて気づかいのある人なんだろう」

♀「あれ?思っていた人と違う。すごく丁寧な人なのかな?」

♀「明るく、ノリだけでデートに誘ってくるだけの男性かと思っていたけど違う・・」

と、見直してくれる。

 

LINEならではの機能を使い、相手のことを考えていろいろ送ってくれる男性に対して「LINEでデートに誘うなんて男らしくない!誠意がない!」なんて言われることは、今は絶対にありえません。

 

そもそも「デートは直接話して誘ってくるべき」とか言って、LINEやSNSのDM(ダイレクトメッセージ機能)でデートに誘ってくる男性を否定的にみる女性は、40歳以上のお姉様方だけです。

この世代の女性は、メールでデートに誘うなんて男らしくないということを20代〜30代の頃、当たり前に考えていたため、LINEでのデートの誘い方に、ネガティブな印象を持ちます。

 

あなたの対象年齢(20代〜30代前半の女性)であれば、LINEでデートに誘っても、ぜんぜん問題ないと思います。逆に、いろいろ情報を教える(安心させようとがんばる)デートの誘い方をすることで感謝されると思います。

 

そしてこれは、LINEでデートに誘うからこそ、できることなんです。

デートに誘う時のLINE連投はダメ、絶対。

でも、あたりまえですけど、デートに誘うときのLINE連投はダメです。

必ずいるんですよね。やりすぎる男性が・・。

 

♂「そうか!お店情報がうれしいのか!」

とわかるやいなや、お店の情報をバンバン送信する男性。それやりすぎです。

あなた自身が、食べログや東京ウォーカー(グルメやイベント情報サイト)の代わりをする必要は、まったくないんです。

 

LINE連投は、あなたへの興味の引き方としても、安心感を伝えるやり方としても、完全に間違っています。ひと手間 だけでいいんですから。

 

LINEを連投するデートの誘い方は、その人間性が怖いと判断されるので「デートにはいかない」「お断りします」という結果になります。

当たり前です。

 

あくまで、OKしやすいデートの誘い方として

  • 誘うタイミングが作れていること
  • 軽く楽しく誘うこと
  • 具体的で安心感があること

という前提を崩さず、ちょっと気づかいを持って誘うということ。

これが大事になってきますので、デートの誘い方を間違って、せっかく作った「誘えるタイミング」だけは崩さないでください。

デートの誘い方-6 理由があるとYESが出る!

女性がOKしやすいデートの誘い方には、あえて理由と目的を作ってあげるという方法もあります。

 

先ほどの時間にこだわるのが安心感の演出だとしたら、理由と目的を作ってあげるのはモチベーションとか、あなたとデートに行く意欲になります。

 

理由と目的を作ってあげると、いきなりのデートのドタキャンとか、されにくくなります。

 

デートの理由と目的を明確にしてあげる。

例えば

♂「話題のおしゃれカフェにいって、SNSにアップしてドヤ顔しよ!」

♂「ディズニーシーに行って、限定グッズ買いに行こう。」

♂「ホルモン鍋を食べて、コラーゲンでお肌ツヤツヤになりに行こう。」

♂「山デートに行って、楽しくダイエットしに行こう。」

♂「フェスに行って、大声だして、ストレス発散してこようよ。」

♂「カラオケアプリに歌をアップロードするために、歌いにいこうよ!」

など。

 

少々オーバートークぎみかもしれませんが、デートに行くとこんなメリットもあるよ?ということを明確に伝えておく。

言ってあげることで、「あ、そっか、そういうメリットもあるか!」と彼女も気付く。

 

そうすることで「あなたのことが好きだからデートに誘いました」という、好意的な理由だけで誘うデートよりも、何倍もOKが出やすくなる。

 

多くの女性は、デートってめんどくさい、休みの日は家で寝ていたい、出かけるの嫌だと、かなり本気で思っているので、物理的なメリットをわかりやすく伝えてあげる、もしくは、理由づけしてあげることで、

♀「このまま無意味に、週末を寝て終わらせてなるものか!」

♀「ダイエットになるなら、遊びに行きたい!」

というモチベーションを感じてくれる。

 

結果、動いてくれやすくなる、デートに誘いやすくなります。

人は行きたいに気にさせなくては、動いてくれません。

 

よくありがちな、初デートで食事に誘う行為。私は勧めません。

その理由も別の記事にまとめてありますので、興味があれば読んでみてください。

 

 

女性の「あれもしたい」「これもやりたい」も見えてくる。

例えば、デートに行くとこんな物理的なメリットもあるよということを、男性であるあなたの側が提案することで、

♀「なるほど、そのデートにはそういう効果もあるよね」

♀「あ、そういうの、一度やってみたかったんだった!」

と、女性の側の、埋もれていた欲求「あれもしたい」「これもやりたい」という欲求に、女性本人も気づくことができます。

 

つまり、女性本人も忘れていた「あれもしたかった」「これもやりたかった」を叶えることができるデートの誘い方ならば、そのデートのお誘いは、間違いなく大成功するでしょう。

 

なぜなら、新しい世界を見せてくれるデートの誘い方だから。

自分の夢をを叶えてくれるデートだからです。

 

デートに行くとこんな物理的なメリットもあるよという提案は「水族館に行こうよ」「このカフェ行ってみようよ」って誘うだけのデートの誘い方より、何倍も効果があります。

 

事実、私のクライアントの中には

♂「山デートに行って、楽しくダイエットしに行こう。」

って試しに誘ってみたら、彼女の方が山登りにハマってしまって、すっかり山ガールに。その後すぐに結婚されたカップルがいます。

 

いっしょに登山グッズショップ(モンベル とかノースフェースとか)を見に行くのが、毎週末のお約束になってしまって、SNSをチェックしてみると、いまだに頻繁に登山に行ってるようです。

 

女性だって、自分はいったい何をしたい人なのか?

何のために毎日ありきたいな生活をしてるのか?

 

人生の意味と目的を探していますから、それを提案できれば、とてもすばらしいデートになるはずです。

 

2回目以降のデート誘い方のポイント

2回目、3回目のデートの誘い方も1回目と同じように、誘ってください。

そしてそのタイミングは、デート中〜デートの終わりに、次の約束を取り付けること。

これ大事。

 

タイミングを逃さず、必ず誘ってください。

あまり先の予定になると冷めてしまって、また誘いづらくなるので、デート当日から1~2週間以内で、2回目デートを設定するべきです。

 

理想の流れとして、1回目のデートで埋もれていた欲求「あれもしたい」「これもやりたい」で話が盛り上がれば、その場で2回目デートの約束をしてしまうこと。

今後の趣味の取り組みとか、休日の過ごし方、これから行ってみたいところとか、やってみたいことなどの話が上がると思います。

 

もし、誘ったタイミングですぐに良い返事がもらえなくても、いいので、必ず誘うこと。

それこそが、

  • 今日のデートが楽しい
  • 君といて楽しい
  • 今日デートができてよかった

という意思表示にもなるからです。

 

実際、後日またLINEで連絡を取り合えばいいだけなので、デート中に日時を確定しなくても構わない。

 

大事なことは、次のデートに誘わず、デートの話がまったく出ないまま、解散するな不安なデートの終わり方にしないこと。

彼女も「私との時間、つまらなかったかな・・?」と、不安になってしまいます。

 

必ずデート中、もしくはデートの終わりまでに、次のデートの約束、次のデートの誘いをしておいてください。

デートの誘い方-7 特別な日のデートをゲットする方法。

デートに誘ってみたら、彼女の「あれもしたい」「これもやりたい」という欲求に火がついてしまった。

 

その結果、毎週デートに付き合わされるだなんて、なんて素敵なんだろうと思いますよね?

 

でもこれは全部、男性の側が自分のことを好きにさせる「タイミング作り」の段階で、彼女のことをいろいろ聞いていたから、できたことなんです。

 

もともとその女性が、

  • 大学卒業まで運動部でがんばっていたこととか
  • でも今はただのOLで残業だらけでストレスを感じているとか

知っていたから、この女性の欲求ってなんだろう?したいことってなんだろう?って、ある程度アタリをつけてデートに誘った。

その結果なんです。

 

そして実はこれ、彼女のバースディ(誕生日)デートとかクリスマスデートなど、特別な日を一緒に過ごすための土台作りにもなります。

特別な日のデート、女性はどんな男性と過ごしたい?

特別な日は、特別な人と過ごしたいのが女性です。

じゃあその特別な日、特別な人って何なの?って話になってきますよね?

 

簡単に言ってしまえば、女性からみて自分の人生に影響を与えてくれる人です。

彼女の「あれもしたい」「これもやりたい」という欲求、言い換えれば生きる意味を与えることができた男性がいるならば、いっしょに過ごして、これからの話とかいっぱいしたいと思う。

それが女性の恋です。

 

デートという恋愛行動を通じて、彼女がこの人生を生きる意味、魂の使い方を見つけてしまった男性こそが、彼女にとって特別な存在になれる。

 

彼女も、本当にやりたいことが明確になって、目標とかが定まってくると

  • イライラが減る
  • ストレスが減る
  • イジめられても平気
  • 無駄遣いが減る
  • 時間管理がしっかりしてくる

と、いいことだらけ。

彼女だって、そんなモードに切り替えてくれる男性と離れたくない。

女性が「離れられない!」思うのは、自分の人生を変えてしまった男性のこと。

 

駅前とかで、見た目いまいちの男性なのに、彼女がかわいいというカップルを見たとき、あなたはどう思いますか?

「お金で女性を虜にしている男性なのかな?」って思うようなら、あなたは人が本当に望んでいるものを知らない。

 

その結果、ライバルに勝てないかもしれません。

特別な日のデートは、男性みんなが狙っている。

デートという恋愛行動を通じて、彼女が生きる意味を見つけてしまった男性こそが、彼女にとって特別な存在だなんて、なんだかおおげさだと感じますか?

 

ただ好きな女性と恋愛できればいいいんだけどって思っている人も多いと思います。

でも、だからこそ、あなたは彼女の特別になれない。彼女にこだわってもらえないと言われたらびっくりしますか?

 

それがハッキリとした形として現れるのがライバルたちの存在です。みんな、特別な日のデートを狙っています。

過去、経験してきた女性とのデートを思い出してください。

  • クリスマスデート
  • 彼女のバースディデート

その当日は会えず別の日に会ったとか、お昼はデートできたけど夜は会ってもらえなかったとか。

なかったですか?

 

その場合、もしかしたら、あなたは本命の人じゃないかもしれません。(不安にさせてすいません・・)

 

だって、ただ好きな女性と恋愛できればいいいんだけどって思っている男性って、いくらでもいる。マッチングアプリに登録している数万人の男性のすべてがそう。

 

だけど、女性が忘れていた「あれもしたい」「これもやりたい」を叶えてくれる、男性ってあまり現れない。

 

じゃあ、彼女は代わりがいくらでもいる存在と、ただ唯一の存在、どちらを選ぶか?

もうお分かりだと思います。

 

ライバル男たちがしっかり行動してくるタイミングこそ、逆にあなた自身の存在価値が試される。

 

OKしやすいデートの誘い方はあくまで、デートに誘うための恋愛行動の1つ。

さらにその先、唯一無二の関係性を築くこと。

 

それを忘れず、恋愛行動して行っていただきたいと思います。

デートの誘い方-8 女性に金銭的な負担をかけない。

OKしやすいデートの誘い方として、お金の話は避けて通れません。

彼女の「あれもしたい」「これもやりたい」という欲求を見つけることができる男性であったとしても、会うためにお金の負担が毎回かかるようじゃ、親密にはなっていけない。

 

彼女から「割り勘でいいよ」と言ってくれるならいいですが、そうじゃなければ、すっと全額出すほうがいいと思います。

 

マッチングアプリの1200人アンケートの結果なのですが、男性からの食事はおごられることをどう思いますか?という質問に対してやはり70%近くの女性が、初デートはおごられたい、もしくは男性には多めに出して欲しいと思っている。

 

お金の話はしづらいかもしれませんが、そこをスマートに話ができれば、デートに誘うとき、女性もOKしやすい。

 

デートに誘っているあなたは全額おごるつもりで誘っているかもしれませんが、あらかじめ

「誘ったのこっちだし、チケット代は出すよ〜」

って言ってあげると女性もOKしやすい。うれしい。

 

♀「今月、お金きついんだよね・・」

と現実的なことを考えて、せっかく誘われたデートを断る場合だってある。

女性は日々のメイク代もかかるし、オシャレするにもお金がかかる。

ただ生きていくだけでコスト高め。

 

だからこそ、ありきたりなデート、心の揺れないデートのお誘いならば、行く?やめておく?どうしようと悩んでしまう。

 

なかなかお金の話はしづらいかもしれませんが、ここをはっきりしておけば、あなただけでなく女性の側もデートの計画が立てやすい。

もちろん、男性の側が多く払う形(またはおごる形)でデートに誘う。

女性の金銭的なハードルを下げておくと、デートの誘いにOKしやすくなります。

 

では、モテる男たちはどうなのか?

食事をおごる話とか割り勘の話は、恋愛界隈では大論争。

別の記事でも書いていますので、興味があれば見てみてください。

 

デートの誘い方-9 初デートに誘う時の注意ポイント

女性がOKしやすいデートの誘い方をここまで解説してきました。

もちろん、初デートに誘うわけですから、まだ付き合っていない女性をデートに誘う。

 

だからこそ、まだ付き合っていない女性を誘うからこそ、特に注意しなければいけないことがあります。

 

それは「恋愛感情を出してデートに誘うこと」です。

これだと、女性がOKしにくくなります。

 

男性にすれば好きだから誘うのになぜ??恋愛感情を出しちゃダメなの??って疑問に思いますよね。

だからこそ、女性をデートに誘うことに不慣れたあなたは、この女性心理をちゃんと理解していただきたいと思います。

 

初デートの誘い方で「好きだから」は絶対に禁句。

まだ付き合っていない女性をデートに誘うとき。

まだ関係性がそれほど親密じゃない人をデートに誘う時。

 

女性がOKしやすいデートの誘い方として

  • 誘うタイミングが作れていること
  • 軽く楽しく誘うこと
  • 具体的で安心感があること

ということを基本に誘うわけですが「俺のことが間違いなく好きだな」と、たとえ100%の確信があったとしても、女性に向けて好きだとか、愛してるとか、初デートでは絶対に言わないでください。

 

好きだから一緒にデートする、好きだから食事とかイベントにつきあうという概念は、付き合っているカップルだけに通用する考え方です。

まだつきあってもない、初デートに誘われている段階で「好き」とか「愛してる」いう感情を伝えられてしまうと、デートの意味がなくなります。

なぜなら、女性の側にすれば

  • あなたとデートに行ったことで、あなたのことが好きだということが確定してしまう。
  • あなたのことが好きになれるかどうか見定めたい。だからデートに行きたいのに、好きということが男性のほうで確定してしまう。見定められない。
  • 女性はまだ、あなたのことがそれほど好きではない。

 

男性と女性では、異性を好きになる速度が違います。

好きだからデートに誘う男性と、好きになれる人かな?とチェックをしたい女性。

 

このズレが、恋愛感情を出してデートに誘うことで決定的になります。

 

その結果、女性の側からみて「あなたのことを好きかも・・と思っていたのに、もうデートには行けなくなった」という結果になる。

つまり、流れと手順を間違ってしまったということです。

 

男性にすれば、間違いなく脈があったのになぜ!?と思うでしょうが、自分でチャンスを潰してしまったことになる。

 

というか、好きかどうか表明されたら、女性のほうも好きか嫌いか、白黒つけなくちゃいけなくなるでしょ?

白黒させる判断は、ずっとずっと後でよかった。

別に初デートでそこまで白黒つける必要なんてなかった。

 

初デートは、お互いのフィーリングのすり合わせ。お試し。

だから、恋愛感情を出さず、軽い気持ちで誘ってあげてください。

 

それにと、好意を元にして初デートに誘ってしまうと

♀「今の段階で、私の何がわかるというの?」

♀「ヤリ目的?カラダ目当て?」

 

と思われることも増えます。誤解を招きやすい。

好意ばかり伝えられたら、好きな感情に囚われた男性が、一体わたしに何をしてくるかわからない、強制的に何かされるのは嫌だという恐怖が、女性の頭をよぎります。

 

デートに誘っている男性の側とすれば、そんな危ないわけないし、ありえない!と思っていても、初デートの誘い方があまりに感情的すぎると、怖いと判断されるので「デートにはいかない」「お断りします」という結果になります。

 

初デートの誘い方は、男友達を遊びに誘う感覚+αでOK。

まだ付き合っていない相手を誘う時や、狙っている女性と初デートに行く場合は、恋愛感情を出すと、

  • あなた自身がまだ正しく理解されていないため、安心感が吹き飛ぶ
  • 女性を不安にさせてしまってチャンスを無くしてしまう。

ここまではご理解いただけたと思います。

 

でも、そう言われてしまうと、どうやってデートに誘えばいいのかわからなくなるという男性もいると思うんですが、デートの誘い方とか、誘い文句、感覚などは、男友達を遊びに誘う感覚で問題ありません。

 

でもそこに、先ほど説明した

  • デートに行くとこんな物理的なメリットもあるよ?と提案する
  • サイトとかSNSなどのリンクをLINEに貼って送る

こと(ひと手間かける)ことで、女性が気軽にデートに足が向く。

 

このちょっとした安心させるという+α(プラスアルファ)を意識して、男友達相手に、遊びに誘う感覚で、女性をデートに誘えばOKです。

 

感情を前面に押し出されると、正直引いちゃうというのが、女性の基本的な考え方になります。

そもそも好きになる早さが違うんですよね。

デートの誘い方-10 彼氏がいる女性のデートの誘い方。

ここまで解説してきた、OKしやすいデートの誘い方。

実は彼氏がいる女性をデートに誘うときにも使えるので、ぜひ誘ってみてください。

 

そもそも、かわいいなと思う女性には、すでに彼氏がいるというケース。

とても多いです。

※ でもフリーな女性のほうも、男性をしっかり見定めようとするので、ハードルが高いです。

 

素敵な女性に彼氏がいるのは当然だという考え方は、今後あなたが女性を誘って口説いて行くプロセスにおいて、とても大事になってくると思います。

 

そもそも女性たちは彼氏がいることを明かしていない人も多く、デートを何度誘ってもOKしてもらえない本当の理由は、あなたのタイミングが悪いわけでも、デートの誘い方が悪いわけでもなく、ただこっそり彼氏がいるからというケースも多い。

 

なので、デートの誘い方そのものを、彼氏がいる前提ですすめること。これがおすすめです。

しかし、彼氏がいる相手をデートに誘う際に、気をつけたいことがありますので、そのポイントを解説しておきます。

 

彼氏がいる女性のデートの誘い方-1 自分の優先順位を上げない。

彼氏がいる女性をデートに誘う方法そのものは、ここまでのやり方でOKと同じなんですが、誘えない男性のパターンを見ていくと別の部分でNOが出ている。

例えば

♂「彼氏じゃなくて、俺だけを見てくれ!」

♂「断じて、彼氏に彼女を渡さないぞ!!」

みたいに、彼氏を勝手にライバル視して、自分のほうを優先しろとか言い出す男性。

 

これだと永久に、彼氏のいる女性をデートに誘えません。

あなたの、彼女に対する認識、彼女の彼氏に対する認識が、間違っている。

敵じゃないのに敵にしている。

劇場版というか、オペラの演劇みたいに、大げさになっている。

 

デートに誘う難しさを自分から100倍ぐらい難しくしている。

 

自分のことを「主人公」とか「正義」に位置付けて、オペラとかで演じられる題目みたいに、彼氏の存在を勝手に「敵」にするのは良くないです。

 

彼氏がいる女性をデートに誘う時は、徹底的に現実に勧めてください。

絶対にロマンスにしないでください。

 

そもそも彼女だって、付き合っている彼氏のことが好きだと思ったから、今の彼氏とつきあってるんですからね。

相手の好きなものを否定した瞬間、良好な関係が作れなくなります。

 

だから「彼氏がライバル」みたいな旗色を明確にして彼女をデートに誘っていると、その女性にとって、あなたと会うことが彼氏への裏切りに直結することになる。

あなたのデートの誘いには絶対に応じないでしょう。

 

ここで大事なのは、ここまで解説してきたOKしやすいデートの誘い方の基本

  • 誘うタイミングが作れていること
  • 軽く楽しく誘うこと
  • 具体的で安心感があること

を、さらに一段深めること。

だから誘い方も、もう一段、大人の誘い方をする必要があります。

例えば

 

♂「週末に彼さんとデートの予定とかなければ、いっしょにフェス行かない?」

♂「たまには、彼氏以外の男と焼肉とか行くのも新鮮でいいんじゃね?w おごるよっ?」

 

みたいな軽さ、そして心の器の大きさが大事なんです。

彼氏をライバル視しない、敵にしない、ロマンスに陥らない。

 

軽い、現実的なスタイルとデートプランで、デートに誘う。

 

彼氏を勝手にライバル視して、自分のほうを優先しろとか、どうすれば彼氏より自分を優先させることができるだろうなんて、ちょっとでも垣間見えた瞬間に相手の女性は罪悪感を感じ、あなたから離れていきます。

 

でも「たまには彼氏さんじゃなくて、たまにはこっちで遊ぼ?」みたいな軽さで誘われれば、女性も気軽に足が向く。

 

彼氏がいる女性をデートに誘う時は、軽さと(ちょっとしたイタズラ心)がないと、彼女に罪悪感が湧いてしまう。

彼氏を大事にしたいので「デートにはいかない」「お断りします」という結果になりやすいです。

 

彼氏を大事にするのはOK。彼氏を優先するのもOK。

デートに誘うあなたが、誘い方の基本、考え方を崩さないように、彼氏のいる女性をデートに誘ってあげてください。ロマンスではなく現実路線で。

 

女性だって、一生彼氏としか遊ばないなんてことありませんからね。

驚くほどデートに足を運んでくれると思います。

 

でもタイミングは見極めてください。

今カレさんと付き合いたてホヤホヤみたいな、ラブラブなタイミングではデートに誘わないこと。

タイミングを間違っています。

まず間違いなく断られます。

彼氏がいる女性のデートの誘い方-2 タイミングを計る。

ラブラブなタイミングではデートに誘わないなんて、そんなのあたりまえだと思うでしょ?

 

でも多くの男性は、今カレさんと好きな女性が、今夜もイチャイチャしてるのが耐えられなくて、すぐに行動を起こすんです。

 

それじゃますます、彼氏さんと好きな女性がくっつく。

ロマンスではなく現実路線。

これは、彼氏がいる女性をデートに誘う時、もっとも大事な考え方になります。

 

彼氏がいる女性をデートに「誘えない」男たちの誘い方って、ほんとデートに誘うタイミングをぜんぜん見ていないんです。タイミングが悪い。

 

もっといえば、自分が誘いたいタイミングで、デートに誘っている。

  • 日曜日に彼氏とデートに行ってきた月曜日にデートに誘う。
  • 彼氏と付き合いだして数ヶ月しかたっていないのに、週末のデートに誘う。

みたいな、タイミングの悪さ。

 

こんなデートの誘い方をしている。

それではうまくいきません。

 

彼氏がいる彼女をデートに誘うときに重視したいのは、もうすこし時間的な余裕をもって、経過を見ること。

相手あってのデートの誘いですから、数ヶ月〜数年とか、かかるときもある。

 

一番見なくちゃいけないのが、彼氏とうまくいっていないタイミングです。

  • 彼氏が浮気した
  • 彼氏と喧嘩した
  • 彼氏と別れた

など、近くにいるからこそ喧嘩もします。いろいろトラブルも起きます。

近くにいるからこそ、今カレのダメなところも見えてきます。

 

逆に、こういうタイミングを見極められないならば、彼氏のいる女性をデートに誘うのは厳しい。

だってタイミングがわからず、自分が誘いたい時に誘っているんじゃ、デートの誘いでOKなんてもらえないからです。

 

だから話している内容、話の筋から、

♂「あれ?もしかして彼氏と喧嘩でもした?」

♂「なんかいつもより元気がない?どした?なにかあった?」

って、やさしく、丁寧に聞き出せるかどうか?

 

そうやってタイミングを推し量っていきます。これが大事。

 

そもそも、彼氏いないことを確認したがる男性めちゃくちゃ多いですが、フリーな女性、彼氏のいないかわいい女性のほうが男性を見定めようとするので、ハードルが高いです。

 

彼氏との付き合いにトラブルや悩みを抱えている女性のほうが助けを必要としているので、驚くほどの美女と付き合えたりします。

 

彼氏付きの女性をデートに誘う時は、ここまで話した

  • 誘うタイミングが作れていること
  • 軽く楽しく誘うこと
  • 具体的で安心感があること

を、念頭におきつつ、時間的な余裕をもって経過を見て、タイミングを待つこと。

 

これが大事ですね。

 

でもモテる男たちは、彼氏がいる女性をデートに誘うことがめちゃくちゃ得意!

ここに書いた初心者向けの内容とはかなり違います。

 

興味がある方は、こちらの記事も目を通しておいてください。

もしあなたにかわいい彼女がいる場合、モテる男性に狙われたらほぼ100%横取りされる理由。

わかってくると思います。

 

考え方がまるで違います。

 

 

デートの誘い方まとめ。

女性がOKしやすいデートの誘い方、いかがでしたか?

 

あまり女性慣れしていない、恋愛初心者の男性に向けて、わかりやすく丁寧にデートの誘い方と考え方を解説させていただきました。

この機会に、今まで続けてきた失敗だらけのデートの誘い方をやめて、新しい誘い方を変えてしまうのもありかもしれませんね。

 

 

デートの誘い方を変えるということは、あなたの印象を変えることにもなります。

 

 

まじめな男性ほど、まじめにデートに誘い過ぎてうまくいかなくなっている傾向が強い。

それも無意識に、いろいろやらかしてしまっている・・。

♂「これだけマジメに、がんばって、真剣に、女たちをデートに誘っているのに、なんで誰も俺の誘いにノッてこないんだろう?」

というのは、実は、真剣にまじめすぎて重いからです。

 

 

そのデートの誘い方=あなたの印象になる。

 

 

だからあなたは重い人だなあ・・と女性から思われてしまっている。

だからこそ、デートの誘い方を変えると、あなたの印象も変わります。

 

 

女性がOKしやすいデートの誘い方の基本である

  • 誘うタイミングが作れていること
  • 軽く楽しく誘うこと
  • 具体的で安心感があること

を意識して、好きな女性にまたアプローチしてみてくださいね。

 

結果それを反映して、周囲の人たちのあなたへの反応も良いものに変わってくると思います。

 

ではまた!

 

知らなきゃハマる、男の恋愛3つの壁(PDF無料ダウンロード)

あなたは最近、女性の拒否反応が強すぎると感じていませんか?

実は今、男たちの恋愛は「3つの壁」に邪魔されている状態なのです。

その結果、普通に努力しているだけでは彼女ができない状態になっています。

 

PDF無料ダウンロード教材「男の恋愛・3つの壁」では、今のあなたが社会や女たちから常に受けている、3つ圧力=3つの壁の正体を解説し、

  • 恋愛テクニックや心理テクニックが「そのまま」では通用しなくなっているワケ。
  • 男の恋愛を苦しめる「3つの壁」の正体。
  • 恋愛強者たちはどうやって壁を越えて恋愛成功しているのか?

などを、PDFファイル 80ページにわたって、詳細に解説しています。

 

ぜひチェックしておいてください。

おすすめの記事