彼女の作り方-11 マッチングアプリで女と会えない「あなた」が知らない、女性心理の3つの裏話。

彼女の作り方

恋愛カウンセラー・イサキ(@renairecipe)です。

お読みいただき、ありがとうございます。

「彼女の作り方」シリーズでは、恋愛に不慣れな男たちに向けて、初心者コンテンツを書いています。

 

リアル環境で良い出会いはないんだけど

「とりあえず彼女を作りたい〜」

と思った時、今や真っ先に思いつくのがマッチングアプリだと思う。

 

でも、全ての男たちが、みな同じようにマッチングアプリを使っていると、アプリを使っている旨味もなくなる。

 

この、彼女の作り方-11では、

  • マッチングアプリで女たちと会えない「あなた」が知るべき、女性心理の話
  • いったい女たちは、何を考えてマッチングアプリを使っているか?
  • マッチングアプリを使っている「あなた」は、女たちからどう見られているか?

を書きます。

 

女性心理の裏話-1 マッチングアプリを使っている男はクソ。

マッチングアプリ上には女たちも大勢いて、新規の女も毎日のように増えていますよね。

そして、みな明るいプロフィールに、明るいコメントをする。

 

なんだか、最近では、マッチングアプリがSNSみたいに感じると思います。

いくつもあるし、もうマッチングアプリにネガティブなイメージなんてないように見える。

みな、マッチングアプリを楽しんでいるように見える。

 

でも、それは嘘。幻想。

 

女たちが裏で考えているのは

♀「変な男に、からまれないようにしないと!」

♀「早く相手を見つけて退会したい。」

♀「ヤリ目な男に喰われないようにしつつ、元彼よりマシな男を見つける!」

♀「20代で高年収のサラリーマンっていないのかな?」

ただ、これだけです。

 

マッチングアプリ上にいる「あなた」の本当の良さや人間性を知りたいなんて1%も思っていない。

そんなのは、ずっとずっとあとの話。

女たちは(自分自身もマッチングアプリを使っているにも関わらず)ウェブ上にいる男なんて評価の対象でさえない。

 

  • その男が自分の興味を引く存在であるかどうか?

 

それを見たくて、確認したくて、マッチングアプリに登録したようなもの。自分がピンと来なければすぐ退会するだけ。

プロフィール写真も、プロフィール文も、見る理由はこれのみ。

 

男たちが考えている「どこかに、いい女はいないかな〜」「この子どうだろう?」だなんて深掘りはしない。

 

女たちは(自分がマッチングアプリ使っていることは棚にあげ)、リアル環境で知り合った男の存在に重きを置いている。

 

駅前ナンパで知り合った男と、そのまま一夜を共にしたあと ♀「好きだよって言ってくれたのに!!その後、ぜんぜんLINEの返信がないの〜(泣)」と嘆くのは女として許せるけど、

会ったことも話したこともない、マッチングアプリ上にいる男たちに対しては♀「ヤリ目のナンパ師どもめ!クソが!」とマイナス評価をつけて、見下しているのが女性心理。

ほんと謎。

 

でも、これには理由がないんです。

マッチングアプリが良いか悪いかではない。

自分として「許せるかどうか」だけ。

 

つまり、マッチングアプリを使って、女たちと出会える男と出会えない男の一番の違いは、

  • 女があなたにいいねを返す初期段階から、すでにめちゃくちゃ嫌われている

と男の側がわかっているかどうか。

 

なんか違うと思えば、マッチングアプリなんて、今夜退会してもいいと思っているのが女ですし、マッチングアプリにいる男になんてそもそも興味はない。

何もされていないのに、1回もいいねを返したことさえないのに、なぜかマッチングアプリを使っている男はクソだと本気で思っている。

 

  • 女は、自分の興味にだけ興味がある。

 

マッチングアプリでは、この理由なきわがままが、日々発揮されています。

 

 

女性心理の裏話-2 マッチングアプリで知り合った男をネットで調べ上げる。

マッチングアプリには、いろいろと記入する項目がプロフィール欄にあって、そのプロフィールだけ見ていても、だいたい相手のことがわかるようにできているのは、ご存知の通り。

ですが、本当にその情報だけで、女たちはあなたを判断しているのでしょうか?

いいえ、違います(苦笑)

 

いいねを交わし、メッセを交わし、徐々に親しくなっていく中、その彼女が裏でやっていることは、あなたの徹底調査!

 

プロフィール画像を画像検索するのはもちろんのこと、あなたとのやり取りの中で知り得た内容をすべてをフル動員して、徹底的に調べ上げる。

 

マッチングアプリの中で知り合った、仮のあなただけじゃ不安だから。

ウェブ上にあるはずの、あなたの何かを探す。

 

あなたは安心するかもしれない。ウェブ上には、自分のSNSも名前もないと。

 

でも本当に大丈夫とは言えない怖さがありますよね。

似たような第三者の情報を検索画面に表示される。

 

そのことで、何があなたと関連つけられるかわからない。

何とあなたが同時に表示されるのか?

何が、見ている女たちに誤解されるか、わからない。

 

調べている女にすれば、どれがあなたで、どれがあなたじゃないなんて、全然わからない。

 

あなたを徹底調査した結果(それほど大した内容でもないのに)、良い情報がないからと落胆する。

あなたを検索した結果だけを見て、女たちは去っていく。

 

くやしいですが、出会えない男たちがわかっていない女性心理の裏話の1つなんです。

 

関連記事
出会いと恋愛成功が勝手に流れ込む、実名検索される時代の出会いテクニック。 アプリやネトゲを活用し女たちを引き寄せ、新しい自分を作り出す、出会いと成功のルール。

 

女性心理の裏話-3 あなただけ見てるわけにはいかない。

実際、たくさんの異性たちとつながる環境がないのは、男女ともにまったく同じ。

 

それなのに、女たちは高飛車で、男をバカにするような感覚で、マッチングアプリを使っている。

自分たちの方が ♀「会ってあげている」という見下しぶり。

 

ウェブ上には女性目線で書かれた、マッチングアプリに関する記事や漫画も多いですが、結局のところ「男が悪い」「サービスが悪い」ということに結論づけられていて、女たちは自分たちのサービスの使い方と荒さに気づかないまま。

 

その結果、一度でも男たちとコンタクトを取り ♀「あれ?これって結構、出会えるんじゃない?」って気づいた女たちは、一途になってなっていられないものなんです。

 

出会えない男たちがわかっていない女性心理の裏話なのですが

  • 自分が複数の男たちと同時進行するのはいいんだけど、男の側が同時進行するのだけは絶対に許せない。
  • 男なんて、マッチングアプリを使って、ネットナンパしているだけよね。

と思っているのが、マッチングアプリを使っている女たちの本音です。

 

自分の恋はロマンス、男たちの恋はふしだら。

 

自分は主人公なので、あなただけを見ているわけにはいかないというのが、マッチングアプリを使っている女たちの本音なんです。

 

そもそも、恋愛適齢期の男の数が圧倒的に多いせいもあり、女たちは、余裕を持って恋愛しているというのが実情なんです。

 

 

 

好きって気持ちだけでマッチングアプリを使っていると、いつまでたっても出会えません。

女といい感じになるたび、あなたのことを徹底調査 → 興味なくしてごめんなさいを繰り返すはめになります。

 

ネットを使った出会いは、新しい局面を迎えています。

もしも、あなたがマッチングアプリを使ってもうまく出会えない場合「新しい自分を作り出す、出会いと成功のルール」を、ぜひチェックしておいてください。

たぶん、マッチングアプリの使い方だけの問題ではないはずです。

 

● 出会いと恋愛成功が勝手に流れ込む、実名検索される時代の出会いテクニック。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アプリやネトゲを活用し女たちを引き寄せ、新しい自分を作り出す、出会いと成功のルール。

 

イサキでした。

 

彼女の作り方-12 女たちの好意を独占する男たち、3つの特徴。

彼女の作り方まとめ

 

明日から彼女に試してください!

デートに誘った女からNOや無視が出された時、逆転挽回してスルッと付き合う方法(男性向け)
↓ ↓ ↓ ↓
彼女からのNOや無視をYESに変える結び直しのルール。

無料PDF教材:男の恋愛・3つの壁(60ページ)

ええー!? 普通に恋愛してるだけじゃ、もう彼女はできないって、どうゆうこと!? 男の恋愛を苦しめる「3つの壁」女の口説きやすさを10倍アップさせる全手法。無料PDF教材60ページ。(男性向け)

 

あなたは最近「自分に対して女の拒否反応が強すぎる・・」と感じていませんか?
例えば、あなたは、社会や女たちが男たちに対して 「身分」 を5段階で設定していることにさえ、まだ気づいていないと思います。

この教材では、

・なぜ、誘った女の「拒絶反応」が、数年前より強まっているのか?
・なぜ、多くの男たちが、社会や女から恋愛ダメージを受け続けているのか?
・なぜ、恋愛テクニックや心理テクニックが「見知ったそのまま」で使えなくなっているのか?
・モテる男たちは、実際に何をやっているのか?なぜダメージを負わないのか?

などを、PDFファイル60ページにわたって詳細に解説しています。

あなたの恋愛苦悩の解決に、ぜひご活用ください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

一般財団法人日本能力開発推進協会 (JADP) 認定、上級心理カウンセラー。クライアント数は男女合わせて 11,237名。週刊SPA!、週刊プレイボーイ、レディースファッション誌ViVi、with、クールトランス、Men’sLeaf、webR25、ヒトメボ、ゼクシー縁結び、マイナビウーマンなど恋愛コラム多数掲載。