【彼女の作り方-10】女たちが恋に落ちてしまう「男らしさ」3つのポイント。

彼女の作り方

恋愛カウンセラー ・イサキです。

お読みいただき、ありがとうございます。

「彼女の作り方」シリーズでは、恋愛に不慣れな男たちに向けて、初心者コンテンツを書いています。

この、彼女の作り方-10では、女たちが恋に落ちてしまう「男らしさ」3つのポイント について書きます。

 

前記事

【彼女の作り方-05】女たちが嫌がる、恋愛対象にならない男の特徴

【彼女の作り方-09】女たちから「頼りない」「情けない」と誤解されてしまう男の特徴

の続きになります。

 

女が求めている男らしさと、男が考えている男らしさは違う。

あなたは、女たちの考える「男らしさ」って、いったい何だと思いますか?

男らしいと言ってもいろいろな意見や考え方があります。

男から見た男らしさと、女から見た男らしさも少し違いますね。

 

まず1つ目。女たちが感じる男らしさで一番わかりやすいのは「外見・習慣の違い」があります。

筋肉質な体、肩幅が広い、腕の血管が見える、髭が素敵、脇毛が素敵、日に焼けた肌、裸になることにあまり抵抗がないなどがあります。

どれも女たちの体・女たちの習慣には「ないもの」です。

ないものねだりで、女たちはあなたに男らしさを感じます。

もしあなたが男らしい男と女たちに思われていないようなら、まずは外見から変えてみましょう。

ときどきフェミニン系の中性的な(女っぽい)ファッションや振る舞いを好む男がいますが、これは、おばさんにしかモテないので、あまりオススメしません。

だって、おばさんに「ないもの」だから、フェミニン系の中性的な性を、おばさんたちが欲しがる(笑)

 

男のあるべき外見については、恋愛コラム 【恋愛】夏に出会いをヒートアップさせている男たちが毎年やっている、カンタンな3つの準備の話 で少し触れましたので、時間のあるときにでもサク読みしておいてください。

 

そして、女たちが感じる男らしさの二つ目に「物事を決める早さ」があります。 まず身につけておきたい男らしさは、この、物事を決める早さですね。

外見を変えるには多少なりとも時間がかかりますが、決断を早めるだけなら今からでもできます。

そして、女たちは男たちが驚くほど物事を決めれません(クレームが殺到しそうなことをズバリ言いますが事実です・苦笑)

女たちは、いろんなことを同時多発に考えることには長けているんですが、1つのことに集中して1つの問題を解決する、方向性を出すのは苦手。

なので、決断力とか大げさなものでもないのですが、物事を決めるのが遅い男は、女心から見ると「頼りない」「なんだコイツ」と思われます。(自分のことを棚にあげて・笑)

 

そして物事を決める早さ・決断力をアピールする時の上手なコツが「女の意見や周りの人たちの意見も、いちおう聞いてから決める」ということ。 いくら決断力があっても他人の意見を聞かないで、サクサク自分ひとりで決めてしまうのは、ただ自分勝手な自己中心男と思われてしまう。

俺、決断の早さは早いぜ!!って考えている男たちは多いですが、大抵の場合、自分のしたいことを自分が真っ先に口にするだけ。

これは物事を決める早さ、決断力とは言いません(笑)

 

女はこういう部分をしっかり見ていて、♀「あたしの意見はどうせ聞いてくれなさそう」♀「自分勝手な男」♀「どうせ女なんて無視するののね」というレッテルを、女たちはあなたに貼ります。

女や周りの人たちの意見を、できるだけ集約したうえで決めるという「ひと手間」を経たうえで、物事を決める早さ、決断力を発揮すること。 これが大事ですね。

実は最初から答えが決まっていても、あえて、意見をできるだけ集約したうえで決めるという「ひと手間」をかける。

会議ばかり多い、打ち合わせばかり多い、雑談ばかりで意見を決めれないのが日本人の悪いクセだとよく言われますが(笑)、「みんなはどう思うかな?」っていうことを気にかけた上で、サクっと決めるから、あなたの発言に自分勝手さもないし、軽くない。

この手間をかけることで、あなたという人間性に、安定感が出ます。

 

だから女たちから ♀「◯◯さん(あなた)って、仕事早いですよね!」って好印象をもたれる。

決断力はあるのに、同僚たちや、周りの女たちから、あまり信頼されないナと感じているならば、この「ひと手間かける」を参考にしてください。

そして、「使う言葉」についても説明しておきますが、女は常に不安だらけな生き物なので、小さな不安を丁寧に払拭させる「自信に満ちた言葉」をたくさん使うようにします。 もちろん、マイナスの言葉を吐き続けるなんて、言語道断。

前記事 【彼女の作り方-03】女たちが喜ぶ、あなたが使うべき「言葉」についてでも触れましたが、我々男たちは、自分たちが考えてる以上にマイナスの言葉を吐いてます。ここは注意ですね。

 

そして、女たちが恋に落ちてしまう「男らしさ」のポイントの三つ目は「その女を守るための自己犠牲」です。

女たちは、たとえ自分がミスをしても、自分だけは悪く言われたくない、自分だけは責められたくない、自分はつるし上げにあいたくないと常に思っています。

そんな中、見た目も嫌いじゃない、決断も早く周囲から信頼されている◯◯さん(あなた)に、自分がミスした時などに「守られた」としたらどうなると思いますか?

ベタすぎて、書いてて恥ずかしくなるんですが、女は恋に落ちるしかない んです(笑)

 

ドラマのできすぎた脚本みたいで申し訳ないんですが、本当のことです。

あなた「(周囲に向けて)グラスが割れたのは、〇〇さん(女)が悪いんじゃない。とにかく今はケガとかしたら危ないから、破片を先に片付けましょう。」

と場をうまく収めたり、

あなた「歩留まり改善の品質資料、間に合わなかったのは 〇〇さん(女)だけのせいじゃないよ。取引先には俺から連絡して詫びておくから、明日の会議にまでにはなんとか、とりあえず途中経過まで報告できるようにしよう。」

と励ましたり、

あなた「あほか。負けたのは〇〇(女)だけが悪いんじゃない。俺らチーム全員の責任やろ。〇〇(女)だけを責めんなや」

と、勝負などに負けた腹いせに「戦犯探し」をはじめたチームに対して喝を入れたり。

モテる男たちは、こういう時に自分の正論を通すため(女をかばって女からのポイントを稼ぐため)に、普段からしっかり周囲の信頼を得ています。

男の恋愛は1人でするものです。個人戦です。 でも極端な孤立は好ましくない。

女が困っているとき守れないですし、こういうときに上手く立ち回れないから。

 

え? 汚い?策士的? なんとでも言ってくださいナ(笑)

異性が早いもの勝ちの恋愛で、なんでフェアプレイを求めてるんですか?

狙った女を手に入れるって行為は、いつからスポーツになったんですか?

女を困らせるようなストーカー行為とかパワハラ・セクハラは犯罪なので絶対にしてはいけませんが、常識的範囲・社会通念上問題ないとされている恋愛アプローチにおいては、フライングやカンニングはしてもいいんです。

周囲を活用して、自分の価値を引き立たせたっていいんです。

他にも、職場では部下のミスをフォローする態度(女だけじゃなく男も含む)や、人のミスに対して怒らず黙って助ける態度、自責じゃないミスに対して逃げず、言い訳せず、堂々と謙虚に詫びれる態度とか、こういう大人の振舞いができる男に対して、器の大きい人=男らしいと感じる女も多いです。

 

女が矢面にたって「自ら盾になる」ことはなかなかできませんが、自分が、組織やチームの盾になる行為は男であれば新人君でも出来ます。 気持ちひとつ。

表に立つことで、上位者から「お前みたいなペーペーじゃ、話にならん!課長を呼んでこい!」 と、叱り飛ばされることが増えるかもしれませんが、身を挺して1歩でも粘っているあなた・頭を下げて堂々と詫びているあなたをバカにしている同僚男たちの後ろで、女たちはハラハラしながら、あなたを見ている。

 

「意外にハラすわってんなあ」「見かけと印象違うな」「大人だー」って。

自分で解決できない問題を誰にも相談せず、自分1人だけで抱えてしまって、さらに問題を悪化させるのは社会人として「ガキの使い」ってレベルなので、この場合は社会人として失格ですが、 非難や問題が発生するたび、逃げて、粘らず、頭を下げれない、そしてめんどくさいからと言ってさっさと上位者に丸投げするようなヘタレた男は、同僚・組織・女たちから「ヘタレ」「さすが永遠の新人魂」という低い評価になる。

 

 まとめると、女たちが恋に落ちてしまう「男らしさ」のポイントって、実は難しくなくて

  1. 外見・習慣の違い
  2. 決断の早さ
  3. そして、効果的な自己犠牲のふるまい

これぐらいです。

彼氏でもないあなたが、これ以上、女たちに対していいところを見せようと踏み込めば、ただの痛い男・勘違い男と思われるだけでしょう(苦笑) 距離感だけは間違えないでくださいね。 たったこれだけ?

そう、たったこれだけなんです。逆に言うと、もっといろんなところを見てくれ!俺のいろんな部分を見て評価してくれ!といったところでムダなんです。

だったこれだけのことで、女はあなたを見下したり、尊敬したり、惚れたり、嫌いになったりしている。

 

実はあなただって、誰かを見るとき、この3つ以上のこと見てないですよね?

そんなに深く、人の心の中を観察していないですよね?(苦笑)

人が人を見る、人が人を判断するって、実はそれぐらい軽い作業なんです。

 

悪い評価になっても構わないから、もっともっと俺を見てくれー!俺の良さを探してくれー!と暴れたところで、基本的な3ポイント以外、誰もあなたに興味を持たない。

私も、あなたも、大勢の男たちも、女たちから見れば実につまらない存在、どうってことのない小さな存在なんです。

そんなことわかった上で、女を口説き、心を揺らし、そして週末の夜に抱いているんです。

 

逆に言えば、この、基本的な3ポイントにもっと注力しないと、次のステージに進まない(次のステージに関係性が進めば、もっとお互いを知ることができる)と言えます。

ホント、人が人を見るという目は冷酷な話ですな(笑)

あなたはどれぐらい「女との違い」を発揮していますか?

 

女たちは自分と異質なもの、もしくはすごく似ているモノ(同性の友達)にしか惹かれません。

イサキでした。

 

【彼女の作り方-11】タイミングが違えば、恋愛の「押し」は「しつこさ」に変わるって話。

彼女の作り方(一覧ページへ)

 

無料PDF教材:男の恋愛・3つの壁(90ページ)

ええー!? 普通に恋愛してるだけじゃ、もう彼女はできないって、どうゆうこと!? 男の恋愛を苦しめる「3つの壁」女の口説きやすさを10倍アップさせる全手法。無料PDF教材90ページ。

 

あなたは最近「自分に対して女の拒否反応が強すぎる・・(泣)」と感じていませんか?

この教材では、

・なぜ、誘った女の「拒絶反応」が、数年前より強まっているのか?
・なぜ、多くの男たちが、社会や女から恋愛ダメージを受け続けているのか?
・なぜ、恋愛テクニックや心理テクニックが「見知ったそのまま」で使えなくなっているのか?

などを、PDFファイル90ページにわたって詳細に解説しています。

あなたの恋愛苦悩の解決に、ぜひご活用ください。

ABOUTこの記事をかいた人

一般財団法人日本能力開発推進協会 (JADP) 認定、上級心理カウンセラー。クライアント数9,304名。週刊SPA!、週刊プレイボーイ、レディースファッション誌ViVi、with、クールトランス、Men’sLeaf、webR25、ヒトメボなど、恋愛コラム多数掲載。