彼女の作り方
彼女の作り方

恋愛カウンセラー・イサキ(@renairecipe)です。

お読みいただき、ありがとうございます。

この「彼女の作り方」シリーズでは、恋愛に不慣れな男たちに向けて記事を書いています。

 

最近では、男から見てそれほどカッコ良くもない男たちのほうが、なぜか彼女が途切れない、女から好かれるってこと、すごく増えています。

その一方で、お金持ち×細マッチョ×イケメンみたいな、少女漫画の主人公みたいな男のほうが、なぜか一人でいることが多くて、週末とか孤独なんです。

 

この違いは簡単で、

  • 女1人1人ごとに好みの違いがあることを知っているかどうか?
  • 女から好かれるための自分の魅力を、自分の中から探しているかどうか?
  • 女1人1人ごと「この子、どんな男が好きなの?」って、常に気にしているかどうか?

これが大事だと、あなた自身が思っているかどうかなんですよね。

 

この、彼女の作り方-01では、そこを掘り下げて

  • 女に好かれるポイントって何か?
  • 女に好かれるための考え方って何か?
  • 女のどこを、何を、見ねばならぬのか?

について書きます。

 

あなたは、女のかわいさ・魅力ばかり見てませんか?

女1人1人、世界観が全然違いますよ?

正しく、彼女を見ることできていますか?

 

好意を持ってもらうため、魅力とは何かをまず知る。

いきなりですが、あなたは「男が女に好かれるコツ」って、一体何だと思いますか?

  • 顔がそれなりにイケメンであること?
  • たとえイケメンじゃないとしても、自分の雰囲気をイケメンみたくすること?
  • お金持ちであること?高収入であること?財布の中にプラチナ、ブラックカードがずらりと並んでいること?
  • 社長をしているとか、社内でプロジェクトリーダーをしているとか、社会的に女より「上の立場」にいること?
  • 人に自慢できるカッコイイ趣味を持っていること?
  • 体型が細マッチョであること?
  • 女性誌や恋愛サイトなんかに書かれている「こんな男が理想型!!」みたいな、女たちのリクエストに少しでも近づくこと?

雑誌の恋愛コラムや恋愛ブログなどでよく取り上げられていることを思いつくまま書いてみると、だいたいこんな感じかなー?と思います。

あなたもそうそう!と思ったはず。

 

でもこれらは全部が正解で、全部が間違いです。

なぜなら、これらを好きと思うかどうかは 女ごと一人一人すべて個人差があって違うことだから。

 

細マッチョより、ぽっちゃり体型の男が好きという女だっているし、イケメンは怖いから嫌いと敬遠する女たちだって多い。年下が好きという女もいるし年上の男が好きという女もいる。一人一人すべて個人差がある。

これは男だって同じで、デカ乳の女が好きという男もいるけれど、男みんながみんなDカップのデカ乳が好きなわけじゃないでしょ?(笑)

つまり好きという感性には、一人一人すべて個人差がある。

 

それなのに、彼女がいない(できない)男たちは、お金持ち×細マッチョ×イケメンみたいな、最大公倍数的な、誰にとってもわかりやすい好かれるポイントを網羅したがる。

もしくはそんなのムリだと、最初からあきらめがちになっている。

違う違う!

 

相手の好みのポイントを外しているならば、あなたの魅力は魅力とは映らないですし、好みのポイントを外してなければ実はそれだけでOK って話なんです。

 

好意を持ってもらうため、見るべき3つのポイント。

相手が好きと感じるポイントと、自分の持っている魅力がピッタリ合わさるのであれば、きっと好意を持ってもらうことはそれほど難しくない。

これで、みんな恋が完結できるなら、恋愛カウンセラーなぞいらぬ、この世は天国!って話。

 

でも、残念ながら、そうはいきません。ここで問題が3つほど発生しています。

  • 相手の好みって何?わからん
  • 自分の魅力って何?わからん
  • それらを見極めるための時間を持てているか?

という問題点。

 

そもそも、相手の好み以前に、自分の魅力さえわからなくて、すごく難しかったりする。

自分の魅力を考えるのって、就職活動の時にエントリーシートを書くときとか、婚活サービスに登録して自分のことを書くときぐらい。

普段生きていく上で、自分の魅力なんて、あんまり考えることがない。

 

ましてや、相手の好みって何なのか?なんてすぐにわかるわけない。

いっしょに仕事をするとか、いっしょにレジャーをするとか、SNSをフォローしあっていつも話をしているとか、なにかしら共有する時間がないと相手のことなんて見えてこない。

つまり

  • 自分の魅力って何か?
  • その女が、男に求めている魅力って何か?(一人一人が違う)
  • 相手を見る時間はあるか?

この3つのポイントがやはり大事だということ。

 

なんなら、もっとわかりやすく言いましょう。

3つのポイントをすっ飛ばし、自分のことも相手のこと何もわかっていないのに、好みの女だからといって、条件反射みたいに「好き好き」言いまくってても、恋なんて何もはじまらないってこと。

その結果、

♀「あたしの何がわかってるっていうの?」

♀「え!?やり目??」

って思われるってことなんです。

あなたが自ら進んで「相手に対して興味を示す」ことなしに、恋愛は絶対に進展しないってこと。

 

彼女がいない(できない)男たちの多くは、相手に「好きを伝えること」が興味を示すことだと勘違いしているケースが多いんです。

 

好意を持ってもらう、興味の示し方。

では、何を考えて、どう動けばいいか。

好意をもってもらうための興味の示し方ってどうすればいいのか?

実のところ、あなたもハッキリとは、わかっていないのではないでしょうか?

 

  • 惚れてしまうとか好きなってしまうとかではなく、迷惑をかけず相手のことを知ろうとする。

 

つまり、さりげなく示す興味。

彼女がいない(できない)男たちの多くは、これができていない。

 

その女の喜ぶことってなんだろう? その女の好みって何だろう?って悩むよりも、かっこいい自分が好き、モテる要素を持つ俺サマが好き、どうすれば自分はかっこよくなれる?って部分ばかりで悩み、恋愛していないですか?

だから恋愛って、そもそもどうやってはじまるのか?

本当のところがわからないのではないですか?

 

もし、会話の中でさりげなく興味を示す方法がわからない場合、上位の恋愛コンテンツ = 女を口説く10の基本の中の、

口説き方と誘い方【基本-02】女と親しくなる会話のはじめ方。

口説き方と誘い方【基本-06】モテる男たちは日常会話の中で「白い洗脳」をかけ、女をデートに連れ出している。

を、チェックしておいてくださいね!

 

自然な会話の中で、興味を示しながらデートに誘う、好きにさせる、そして ♀「いっしょにいていいかな?」って思わせる、気づかせる。

そのやり方が、ここでわかります。

 

結局のところ、お相手に興味を示すということは、男であるあなたから「先に」心を開くということ。

 

自分に対して心のドアが開いているなー、この人は自分といっしょにいることが自然なんだなーとかわかると、人はなんとなく接しやすく感じる。

これは男女ともに同じです。

自ら興味を示すことなしに、女から好意を持ってもらうことなんて絶対にありません。

  • 自分の魅力って何か?
  • その女が、男に求めている魅力って何か?(一人一人が違う)

このポイントも、バランスよく理解できていること。これも大事ですね。

 

好意を持ってもらうために、真っ先にすべきこと。

では、好意をもってもらいやすくするため、まずは何をすればいいか?

これはすごく簡単で、あいさつと自己開示です。

人間関係においては、あいさつと自己開示の先手必勝が大切。

 

好意をもってもらいやすくするためにも、

  • あいさつをきちんとする
  • 自分のことをあまり隠さない(自己開示する)

これがないと、恋愛関係以前として人間関係が進まない。

あいさつもまったくしないし、自分のことをまったく話さない人と、あなたも仲良くなりたくないはず。

これは男女関係でも同じなんです。

 

なので恋愛初心者のあなたはハズかしがらずに、積極的に声をかけるべき。まずはあいさつで。

そして、

  • その子のことを、さりげなく「知ろう」とする行為そのものが、一番大事。
  • 君のこと「知りたいな」という意思そのものを示すことが、重要。
  • さりげなさが「しつこくない男である」という旗色を、女に示すことになる。

これらも意識しながら、日々、接してください。

 

特別なトークはいりません。自分の言葉で、さりげなく話せばいいんです。

そしてあわてないでください。

自分のことも相手のこと何もわかっていないのに、好みの女だからといって、条件反射みたいに「好き好き」言いまくってても、恋なんて何もはじまらないんですから。

 

もっと早く進展させたい?

もっと相手の心を動かしたい?

 

いいえ。それはちょっと思い違いをしていると思います。

 

彼女がいない(できない)男たちの多くは、そう考えて苦しんで恋愛をしている。悩んで恋愛をしている。

あなたの恋愛アプローチは、何かが早すぎるか、何か間違っている部分があると思います。

 

まずは、

  • 自分の魅力って何か?
  • その女が、男に求めている魅力って何か?(一人一人が違う)
  • 相手を見る時間はあるか?

を見極めつつ、恋を進展させていくべきです。

 

彼女を作りたいと考える恋愛初心者にとって、近道はありません。

できないことを1つ1つ、できるようになっていくことが必要なんです。

 

女1人1人、世界観が全然違いますよ?

自分ばかり見ていないで、相手を見て恋愛しましょう。

 

イサキでした。

 

彼女の作り方-02 若い未婚男が100万人あまる時代、女との出会いについての心構え(令和版)

→ 彼女の作り方まとめ

 

おすすめの記事