【彼女の作り方-44】女たちが絶対に言わない、純情男とまじめ男に彼女ができない本当の理由。

彼女の作り方

恋愛カウンセラー ・イサキです。

お読みいただき、ありがとうございます。

「彼女の作り方」シリーズでは、恋愛に不慣れな男たちに向けて、初心者コンテンツを書いています。

この、彼女の作り方-44では、

  • 純情男とまじめ男が恋愛成功において勘違いしていること
  • 女たちが絶対に言わない、純情男とまじめ男に彼女ができない本当の理由

について、書きます。 

 

純情男とまじめ男が勘違いしていること

 

男たちが恋愛で悩むポイントの1つが「女たちは本当のことを言わない」という部分があります。

今回、取り上げるテーマもその1つですね。

 

というのも、純情男とまじめ男って女たちから好まれる・・・と思いがちなんですが、現実では彼女がいない男たちほど純情君だし、彼女がいない男たちほどまじめ君だったりします。

男の価値観で言えば

  • 純情男とまじめ男 = モテる

のはずなのに現実では

  • 純情男とまじめ男 = 女たちから避けられている

ということ。

 

でも一方で、女性誌や女性向けの恋愛記事を読んでいると、純情男とまじめ男がモテはやされているような内容が書かれていたりしませんか?

 

また、女性向けの恋愛アンケートでは「うそをつく男が嫌い 80% 」とかがダントツトップだったりして、これで多くの男たちはまた

  • 純情男とまじめ男 = モテる

って、ますます考えてしまう。(男たちが、ますます混乱してしまう)

 

その結果、

「俺は純情なのに、なんでこんなにモテないんだ」

「俺はまじめなのに、なんでこんなに女性と縁がないんだ」

と、悩んでしまう。動けなくなってしまう。

男の恋愛あるある!です(苦笑)

 

ここで、純情でまじめな「あなた」が、大きく勘違いしていることを先に1つ言っておくと、純情でまじめな男だから女に選ばれるのではなくて、選んだ男が(結果的に)純情でまじめであってほしいと、女たちが願っているということです。

実のところ、純情でまじめだから女たちがあなたを好きになるんじゃないってこと。

好きになった男が(そして彼氏が)、純情でまじめで自分だけを愛してくれる男であってくれたら・・・と常に願っているということなんです。

 

その結果、それを鵜呑みにしているあなたは、彼氏になるはるか前から「彼氏になったら」 「結婚して夫になったら」という価値観で恋愛している。

言葉キツイですけど、これ 重くて怖い です。

そりゃ女たちがあなたを避けるはずです。恋愛成功できません。

 

「彼氏になったら」 「結婚して夫になったら」 を想定した魅力アピールは、スーパーの試食コーナーでちょっと味見したいと考えている女たちに 「これで無料ですからー!ぜひぜひ」 と、フルコースの食事を、無理に食べてくださいとお願いするみたいなもの。

もっと軽くていい、最初からそんなに重くなくていいのに。

 

純情で真剣、まじめでまっすぐだからこそ、あなたは「そういう堅い恋愛をしている」「あえて、女たちに高いハードルを与えてしまっている」 モードになってしまいがちだと思いますが、

純情でまじめを、単純に「魅力だ!」と考えてしっかり見つけてくれる女、受け止めてくれる女、拾い上げてくれる女は、あなたの周りには1人もいないと考えておいてください。(だっているんだったら、サクッと彼女できてるでしょ?)

 

女たちが絶対に言わない、純情まじめ男を避ける理由

 

でも、純情でまじめいう魅力をしっかり見つけて、受け止めて、拾い上げてくれる女は、あなたの周りには1人もいないなんて言われると、女性陣だけじゃなく、男のあなたも否定したくなるはず。(だって、まじめですもんね・・)

そんなことないよ! 女性軽視するなよ! と、男のあなたは声を大にして言いたいでしょう。

でも、違うんです。私が今回、この記事で伝えたい内容はそこじゃない。

 

思考が固すぎるあなたに、もっとひらたく噛み砕いていうならば

まじめという男の魅力は、

  • 堅い
  • 偏屈
  • 一方的
  • 決めつけ
  • 独善的

な風に、女たちには見えているし、純情という男の魅力は

  • 直情的
  • 視野が狭い
  • 怒ったら何をするかわからない
  • キレやすい

という風に見えていますよってこと。

え!?まさかって思いますよね。でも事実です。

純情でまじめな男って女からみると、やたら一途で、危ない感じの男にしか見えない ってこと。

そして、一度でも怒らせたらどんな反応が返ってくるかわからないような、まじめで純情なあなたに、本音を見せる女なんているわけがないということなんです。

つまりあなたは、伝わっているという錯覚に陥っている。実は、ぜんぜん伝わってない。

 

そして結局、ちょっと雰囲気がくだけてて、いつもちょっとした笑いを提供してくれる、やさしい感じの男 (もしかしたら、純情でまじめなあなたから見たら、大したことないスペックの男たち)に、いつもいつも、女をもっていかれる。

だって彼らの方が、(女から見ると)あなたより怖くないからです。

 

まじめという魅力をしっかり見つけて、受け止めて、拾い上げてくれる女は、あなたの周りには1人もいないなんて言われ方をすると、ちょっと違うんじゃない?って気になるかと思いますが、

あなたのことを、ちょっと怖いと思っている女性って、実は数人くらいいるんじゃないですか?社内やサークル内で、1つ2つは見覚えあると思います。

そして、あなたの周りに1人でも、あなたのことを「怖い」「キレると何をするかわからない感じある」と考えている女がいる場合、グループを通じて全ての女性陣に、あなたの怖さがしっかりシェアされていると考えておいてください。

 

純情男・まじめ男が求められているんじゃない。

好きになった男が(そして彼氏が)、純情でまじめで自分だけを愛してくれる男であってくれたら・・・と、女たちが常に願っているということなんです。

恋愛は「好き」が先。感情が先だということ。

あなたが純情男・まじめ男だからこそ、理屈が優先になってしまうかと思いますけども、まずは、あなたの頭の中の間違った意識を変えてください。

 

女性誌の恋愛コラムや、ネットの恋愛記事で、どれほど純情男やまじめ男の評価が高かったとしても、それは、理想の彼氏や夫を想像して(希望して)答えられていること。

好きになる前の男たち、好きでもないタイプの男たちに向けた、女たちからの「それならつきあってやるよ!」リクエストではないということ。

 

これは、あなた自身が「どうせ女たちって、恋愛の先に結婚を考えているんだろう?」 と、ちょっと安易に考えすぎだし、余計な先取り思考だと思います。

女たちだって、そこに至るまでに、いろいろ判断したい。

 

先ほど書きましたけど、まじめという魅力をしっかり見つけて、受け止めて、拾い上げてくれる女は、あなたの周りには1人もいないなんて言われると、女性陣だけじゃなく、男のあなたも否定したくなったと思いますが、どうせ結婚したいんでしょ?思考は、これよりひどいですからね(苦笑)

無意識に女たちを見下していると思います。

 

そして今までのあなた。純情やまじめが魅力であると勘違いし、純情やまじめを全面に押し出して恋愛アプローチしてしまった場合。

この「彼女の作り方」コンテンツよりも上位の恋愛コンテンツ = 女を口説く10の基本が必要になりますので、時間のあるときにでもサク読みしておいてくださいね。

 

女から避けられても、好かれたままアタックし続ける(好かれるようにアプローチを繰り返す)には、心理的に好かれ続ける施策と、絶交されないだけの高い回避率が必要です。

「どうせ女たちって、恋愛の先に結婚を考えているんだろう?」 「だからあらかじめ、彼氏や夫を想定して恋愛してるんだよ」 という余計な考えを、あなた自身、早く捨てた方がいいかもしれません。

 

純情とまじめが武器だと思い、あなた自身、いつも苦しんで恋愛をしている、悩んで恋愛をしている、デートに誘い出せず苦悩している段階で、あなたの恋愛アプローチは「何か」が確実に間違っていると思います。

 

イサキでした。

無料PDF教材:男の恋愛・3つの壁(90ページ)

ええー!? 普通に恋愛してるだけじゃ、もう彼女はできないって、どうゆうこと!? 男の恋愛を苦しめる「3つの壁」女の口説きやすさを10倍アップさせる全手法。無料PDF教材90ページ。

 

あなたは最近「自分に対して女の拒否反応が強すぎる・・(泣)」と感じていませんか?

この教材では、

・なぜ、誘った女の「拒絶反応」が、数年前より強まっているのか?
・なぜ、多くの男たちが、社会や女から恋愛ダメージを受け続けているのか?
・なぜ、恋愛テクニックや心理テクニックが「見知ったそのまま」で使えなくなっているのか?

・モテる男たちは、実際に何をやっているのか?なぜダメージを負わないのか?

などを、PDFファイル90ページにわたって詳細に解説しています。

あなたの恋愛苦悩の解決に、ぜひご活用ください。

ABOUTこの記事をかいた人

一般財団法人日本能力開発推進協会 (JADP) 認定、上級心理カウンセラー。クライアント数9,304名。週刊SPA!、週刊プレイボーイ、レディースファッション誌ViVi、with、クールトランス、Men’sLeaf、webR25、ヒトメボなど、恋愛コラム多数掲載。