【彼女の作り方-39】初デートを最後のデートにしてしまう男たちが知らない、女たちの本音。

彼女の作り方

恋愛カウンセラー ・イサキです。

お読みいただき、ありがとうございます。

「彼女の作り方」シリーズでは、恋愛に不慣れな男たちに向けて、初心者コンテンツを書いています。

この、彼女の作り方-39では、誘いに応じてくれた女は本当に脈アリなのか? 女たちが絶対に言えない、初デートの本音と狙い について、恋愛初心者に必要な部分を少し書きます。

モテる男たちの恋愛コラム 【デート】2回目のデートにつなげられない男たちの特徴。恋愛相対評価の話の補足記事になります。

 

女は想像以上に冷酷。

彼女が欲しいと思っている恋愛初心者の男たちにとって「無事にデートに誘えた!」「勇気をもって誘ったら、なんとかOKをもらえた!」という事実は何よりもうれしくて、何よりも自信になったことと思います。

ホント今の日本って、男が男としての自信を得られる機会がドンドン減っていますから、恋愛が上手く進んでいる感覚とか、彼女が誘いに応じてくれたという事実そのものが、ホントにうれしくて、ホントに感謝感謝だと思います。

でも、本当に感謝なんぞしてていいのか? デートに誘えたー!うれしい!って、浮かれてるだけでいいのか? そこを冷徹に見極めないと、初デート=最後のデートになる可能性大ですよっていう、あまりうれしくない、どちらかといえば「耳に痛い」アドバイスが、今回の内容になります(ホントすいません・・・)

 

女にデートの誘いをOKしてもらえたという事実は、恋愛初心者のあなたにとって最高の自己認証だったと思います。(自己認証 = 自分という存在が認められたと実感できたこと。自分で自分を認めることができた。)

その実感は、今後の恋愛においてとても大事な経験と自信になるので、忘れないでください。日記に書いておくのもいいですね。 ※ ノートする習慣については、【男の恋愛思考】旦那衆(だんなしゅう)の人生成功テクニック。例えば「恋愛ノート」を書き始めると恋愛がウマくいくって話。を読んでおいてください。

 

でも、誘いに応じてくれた女は、本当に、本当に「脈アリ」だといえるのか? そこを冷徹に見極める必要があります。 繰り返し言わせてもらいますけども、一方的なテンションの盛り上がりで初デート = 最後のデートにしてしまっている男たちがホント多いんです。

 

初デート = 実は女の仕分け作業です。

女の都合で「デート」というイベントを考えたとき、男の側が知っておくべき「女たちの狙い」があります。

それは、初デート = 女の仕分け作業である ということです。

この男は彼氏候補になりえるのか?、ただの友達レベルか? 男を値踏みするための作業。

それが女にとっての初デートです。

 

デートというイベントに関して、女たちが考えていることは、

  • 彼氏候補の男をたくさん見つけるための情報収集。(直接会って話をしないと判断できないから、会う。)
  • たくさんの彼氏候補の中から本命の男を選びたいから、付き合う前提で誘いにOKしたわけではない(=あなたとつき合わない)
  • あなたに喰われないようにしながら(抱かれないようにしながら)、でも、あなたのような下僕(げぼく)のような便利な男が欲しいと思っていた。
  • 自分の金を使わずに暇をつぶししたい、自分の金を使わずに美味しい物を食べに行きたい。だからあなたの誘いにOKした。
  • SNSで投稿するための、リア充写真・楽しげなプライベート写真が欲しくて、あなたとデートしているだけ(女同士のヒエラルキーがある)
  • 彼氏や男友達がたくさんいないと、女同士の中で自分のランクが上がらない。だからハッピーライフ演出のために、あなたとデートをする(リア充具合で仲間内での人気が上下する、女子カースト・女ヒエラルキーがある)
  • あなたの誘いに簡単にOKしたように、実は他の男たちからの誘いにもOKしているだけ。セックスにぜんぜん抵抗がないから、男からのデートの誘いにはとりあえずOKしている。セフレが多い。
  • あなたとのデート写メをSNSやLINEに投稿するためにデートしている。
  • 狙っている本命の男を嫉妬させ、誘わせるための「駆け引き」のネタが欲しくて、今回あなたとのデートをOKした。

 

デートっ!デートっ!って浮かれているあなたを怒らせるかもしれませんが、多くの場合、今回のデート相手が「あなたじゃなきゃいけない絶対的な理由」って、女にはあまりないです。

これは、あなただけの問題じゃなく、すべての男にとって同じ問題です。

だって、あなたが今回デートに誘えた女って、たぶん他の男たちも誘えてますよね?(笑)

別記事 【彼女の作り方-15】好きな女をまず食事に誘う=実は大間違いの話でも少し触れましたが、デートとか食事は、親密になる「ため」に行くんじゃなくて、親密「だから」行ける。

 

だからこそ、今回のOKまでの流れを、冷静に、冷静に振り返って考えてみてください。

親密さを積み重ねたから、だから誘えたと言えますか?なんかわからないけど、アッサリ誘えちゃったなあという、状態じゃないですか?

デートに誘えたあなたの側からすれば「やっと食事に誘う関係性を作ったー」と、思っているかもしれませんが、女の側にすれば、やっと下僕男を見つけた、数トモ(リア充に振舞うための、アタマ数を増やすため男友達)を見つけることができたと思っているかもしれません。

 

男女間における「デート」に対する認識がこれほどに違うから、自分勝手なテンションの盛り上がりで、初デート=最後のデートにしてしまっている男たちが多い。

女にとって、その男との初デートは、ただの仕分け作業であったり、採用面接であったり、値踏み評価の場なんですが、デートの誘いに応じてもらえた男の側とすれば、今回のデートがセックスに応じてもらえる「可能性の入り口」だと思っているし、これで勝った気になってるし、浮かれてる(苦笑) ズレが大きすぎる。

 

例えば、恋愛初心者のあなたにも、過去に女とデートした経験のひとつやふたつあると思います。

そして、その後、なぜか女から音信不通にされたことありませんか?

なんか気に触ることを言ってしまったかなー? 今日行ったレストランの趣味が合わなかったかなー?いきなりセックスに誘ったことが駄目だったかなー? って、男としていろいろ悩むと思いますが、そもそも、女のデート狙い・誘いにのったスタート地点が「恋愛じゃない」というケースも多いんです。

なので、男たちが「なぜだろう」と悩み、恋愛問題のひとつとしてフォーカスしている(注目していること)こと自体、そもそも根本的に間違っています。

 

ちなみに、初デート後に音信不通になる理由は、女の狙い・あなたの性格・あなたのルックス・あなたの持つクセ・あなたの話し方、あなたの何についてかはわかりませんが、どこかで何かの「NOが出ていた」から。

あなたと会うことにメリットがないと理解したから、女があなたとはもう2人きりで会わないと決めたんです。

受け入れられないと思いますが、これは紛れもない事実。

 

例えば、あなたのような下僕男が欲しいと思っていたのに、あなたが一方的にセックスを迫ってきたとか、自分の金を使わず暇つぶししたい、自分の金を使わず美味しい物を食べに行きたいと思ったのに、なぜかマクドナルドのセットだけしか食べさせてもらえなかったとか、リア充写真・楽しげなプライベート写真が欲しかったのに、結局、写メを撮れるような素敵な場所に連れて行ってもらえなかったとか。

 

夕方には、自宅かホテルに誘えるかなーと鼻息荒くしているあなたの盛り上がりとはウラハラに ♀「こんなんだったら、◯◯くん(別の男)のドライブデートに、応じておけばよかったなあ・・超ヒマ・・早く帰りたい m(__)m」 って、あなたの目の前の女は思っている。

よく、音信不通になった女や、返事をくれない女に ♂「なんで返信くれないんだよ!」「なんでもう会ってくれないんだよ」と怒る男たちはめちゃくちゃ多いですが「自分の本心を聞かされたほうが、男たちはさらに逆上する、さらに怒る」ということを女自身がわかっているので、女は答えません。

無視しています。

 

「俺の気を引きたくて無視しているんだな」「駆け引きしてるのかな?カワイイ奴め(笑)」 とか、男のほうがウブいことを考えていることが多く、本当にNOだと気づいたとき、なぜだ!!と混乱してパニックになるのは、決まって男のほう。

女の都合で「デート」というものを冷静に考えてみる時、男の側が勝手に恋愛モードに突入して、フルスロットルで妄想メルヘンしている場合ではないんです。

 

わざわざ私に指摘されなくても、女の行動に対して驚いたことがある方であれば実体験としておわかりいただけると思いますし、女の性・女の都合から考えてみてもデートとは、とてもシビアな仕分け作業であるということが、おわかりいただけると思います。

恋愛対象でもなく、ただの暇つぶしでデートしただけ。

好きか嫌いかなんてぜんぜん考えてないのに ♂「俺のこと嫌いなんか?」 とか問い詰められりゃ、めんどくさくなって誰だって冷めます(苦笑)

 

じゃあ、女の狙い通りの存在になれれば、このデートは成功なのか?といえば、それも違う。

そういう女たちの狙いを踏み台にして、女心を揺らしていく、距離感を詰めていく。これが、男の恋愛におけるウマさだからです。

前記事 【彼女の作り方-16】女たちがOKしやすいデートの誘い方。 でも少し触れましたけど、もっと気軽で、もっと作為的(さくいてき)でいいんです。恋愛って。 アタマカッチカチで恋愛するのは、やめましょう。

 

今回のデートは、女の側がデートという「大義名分」を利用して、あなたという下僕男・アッシー君・メッシー君(呼び名が古すぎますが・・汗)を増やしているだけなのかもしれない。

うん。別にいいんじゃないでしょうか? 女ってそんなもんですよ。

そういう女たちの狙いとか期待とかを逆用して、自分の望む流れにもってこれるかどうかが、男の恋愛において求められる能力です。

 

もし、女の本心を知らず、恋心だけで女を誘いまくって、女たちからNOや無視が何度も出されている場合は、この初心者向けコンテンツだけでは解決できません。

この「彼女の作り方」コンテンツよりも上位の恋愛コンテンツ = 女を口説く10の基本が必要になりますので、こちらのほうも、時間のあるときにでもサク読みしておいてくださいね。

 

苦しんで恋愛をしている、悩んで恋愛をしている、デートに誘い出せず苦悩している段階で、あなたの恋愛アプローチは「何か」が確実に間違っていると思います。

その女との初デートを妄想し、仕事も手につかず、ウキウキ浮かれるのはほどほどにして(笑) しっかり準備をして、次に繋がるデートをしてきてください。

イサキでした。

 

【彼女の作り方-40】女をデートに誘えても、行くお店のタイプで関係性が変わるっていう話。

彼女の作り方(一覧ページへ)

 

< 今すぐ解決!あなたの恋愛苦悩 >

誘ってフラれたのに、彼女を振り向かせた男たちが全員やっていること。(口説き方【上級編】)

女をデートに誘えている男たちが必ず使う「流れとトーク」がコレだ。(コミュニケーションHack)

 

< 彼女の作り方 コンテンツ >

女を口説く10の基本(一覧ページへ)

口説きと誘いのコラム(一覧ページへ)

ネットで彼女作り5つの基本(彼女の見つけ方サイト)