【彼女の作り方-36】歳の差・遠距離・社会人と大学生・社員と派遣など、恋愛におけるズレとかギャップの話。

彼女の作り方

恋愛カウンセラー ・イサキです。

お読みいただき、ありがとうございます。

「彼女の作り方」シリーズでは、恋愛に不慣れな男たちに向けて、初心者コンテンツを書いています。

この、彼女の作り方-36では、歳の差恋愛、遠距離恋愛、社会人と大学生の恋愛、社員と派遣の恋愛など、恋愛における男女間の差、ズレ、ギャップ、違いに関する考え方 について書きます。

立場の差とか違いとか、ズレとかギャップとか。 それらは個人差もありますし、ギャップをギャップと感じ無いことも往々にしてあります。 なので、恋愛において生じているギャップとか違いとかを気にしない人は、この記事を読まなくてもいいです(笑)

 

恋愛におけるギャップって、どう解決する?

歳の差、遠距離、社会人と大学生、社員と派遣社員。

ここに挙げた項目以上に、恋愛における男女間のギャップは、数多く存在します。

というか、ギャップが何も無い恋愛って、ないですよ(笑) それぐらい、他人同士が関係性を構築するというのは、ちょっとした手間がかかる。

 

前記事 【彼女の作り方-35】好きな女にこだわるか?自分に合った女を探すか?あるべき男の恋愛の形 で、特定の女にこだわるべきか? 自分に合う女を探すべきかをお話しましたが、恋愛ギャップをどうするか?という答えも、実はここに起因します。

ギャップをどうするか?っていうのは、つまり、ギャップを埋めるのか、無視するかってこと。

自分に合う女を探すという戦略で動くのであれば、歳の差があるとか、遠距離であるとか、社会人と大学生であるとか、社員と派遣で立場が違うとか、男女間のこういうギャップを埋める必要はまったくありません。

ギャップが気にならないなら問題ないですが、ギャップが気になるようなら、もともと「合わない女」となるからです。

 

なので、最初から候補外。 逆に、特定の女・1人の女にこだわるのであれば、どんなギャップも埋めなくてはいけない。

いったい誰が? それは男であるあなたが、埋めるんです(笑)

男女間のギャップに悩む女は多いですが、自分でどうにか解決する!!っていう女は、まずいません。

女は「状況に合わせる」性。協調する性だからです。

なので、越えなくてはいけない壁があるならば、男であるあなたがなんとかしなくてはいけない。

 

ギャップとか差を認識しすぎても身動きとれないですが、例えあなたが恋愛初心者であっても、ギャップを埋めるのは「男の仕事」だと思って、自分と女の状況をコントロールするべきです。

ギャップの越え方として一番オススメなのは、ギャップを大きな問題としてとらえすぎないこと。

自分の中で大きく問題化したとたん、大きな壁になります。

「これぐらいのギャップ、他の男たちもクリアーして恋愛しているんだ」ぐらいのことは認識してください。

 

日本は自由恋愛の国ですが、歳の差・遠距離恋愛・社会人と大学生・社員と派遣・未婚と既婚など、表に出てこないいろんな制約があります。

ギャップに悩んでいるのは、あなただけではない。

お互いがあっての恋愛ですし、社会生活を営んでいるという基本があっての恋愛ですからネ。 いろいろと違ってアタリマエです。

こういうお互いの事情を乗り越えていくプロセスも、恋愛だということ。

好き好き、ラブラブなだけが、恋愛ではありません。

 

でも、男女間のギャップを意識せずアプローチしまくって、女たちからNOや無視が何度も出されている場合は、この初心者向けコンテンツだけでは解決できません。 この「彼女の作り方」コンテンツよりも上位の恋愛コンテンツ = 女を口説く10の基本が必要になりますので、こちらのほうも、時間のあるときにでもサク読みしておいてくださいね。

 

苦しんで恋愛をしている、悩んで恋愛をしている、デートに誘い出せず苦悩している段階で、あなたの恋愛アプローチは「何か」が確実に間違っていると思います。

「とにかく彼女を作りたい!!」と考えている恋愛初心者の男たちは、恋愛ギャップがあるような恋愛をあまりしないほうが正解だと思います。 イサキでした。

 

【彼女の作り方-37】デートに誘うときに知っておきたい、女心を動かす「理由」の話。

彼女の作り方(一覧ページへ)

女を口説く10の基本(一覧ページへ)

 

あなたが、誘った女からNOや無視を出されている時にすべきこと。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの誘いを無視してフッたことを、彼女に後悔させ「苦しくて仕方がないの!!あなたが好きなの!!!」と泣かせたうえで、スルっと付き合うまでの全手法 (口説き方・上級編  )