【恋愛】結婚しなくちゃいけないんですか?に対する3つの答え

こんにちは。

恋愛カウンセラー・イサキです。

最近、いろんな方から(特に女性ライターさんやデザイナーさんからも)良く聞かれるんですが

  • 結婚しなくちゃいけないんですか?
  • 今、一人でも別に困らないから、これからも一人で大丈夫ですよね?

という内容を良く聞かれます。

恋愛や結婚があまりに厳しいが故だと思うのですが・・。

これについては、私自身思うところ大ありだったので、今回は動画の方で説明させてもらいました。

またYouTube 始めましたので、よろしくお願いします。

 

結婚しなくちゃいけないんですか?に対する3つの答え(YouTube)

(音声のみ動画なのでヘッドホン推奨です。)

動画ではいくつかお答えさせていただいてるんですが、わかりやすい例を1つだけ書き出しておくと、

結婚しなくちゃだめなんですか?という言葉のニュアンスから感じることって、周囲や社会からのプレッシャーをそのまま身に受けている気がしていて、

どうしても何十年前かに日本中を席巻した「就職しなくちゃだめなんですか?」というムーブを思い出してしまうんです。

 

今は信じられないかもしれないけど、就職氷河期に「正社員雇用は終わった」「これからはフリーターの時代」と言われた時期が過去にはあった。

あまりの就職の厳しさ、そして、その時の社会の雰囲気にのまれ「就職しなくちゃだめなんですか?」って不満を口にして、

就職という決められた身の振り方に疑問を持った人たちがいる。

その多くはフリーターになるという道へ人生の舵を切った。

その後、何十年か時間が流れ、今その方たちがどうなっているかは、ご承知の通り。

 

自分自身で「一生一人で生きると決めた。もう絶対後悔はしない。」ならいいんですが、なんとなく周囲や社会に押されて身の振り方を決めてしまうとか、

なんか一人でいることが特別じゃない気がして、出会いや恋愛を諦めてしまうと数十年後どうなってしまうか。

またも多くの若者が「就職しなくちゃだめなんですか?」というムーブの二の舞を、結婚しなくちゃだめなんですか?でまた踏んでしまう気がする。

 

大病や事故にさえ気をつけていれば、今や人生80年もの時間があります。

周囲や社会の圧力・プレッシャーをちょっとだけ横に置いて、結婚や恋愛を客観的に考えてみてくださいね。

 

イサキでした。

< 彼女の作り方 コンテンツ >

女を口説く10の基本(一覧ページへ)

口説きと誘いのコラム(一覧ページへ)

彼女の作り方(一覧ページへ)

 

< あなたが、誘った女からNOや無視を出されている時にすべきこと >

彼女からのNOや無視をYESに変える結び直しのルール

< 10分で恋が始まり彼女を夢中にさせる会話術 >

女心があなたに向かって走り出す、恋ことはじめの会話術

無料PDF教材:男の恋愛・3つの壁(60ページ)

ええー!? 普通に恋愛してるだけじゃ、もう彼女はできないって、どうゆうこと!? 男の恋愛を苦しめる「3つの壁」女の口説きやすさを10倍アップさせる全手法。無料PDF教材60ページ。(男性向け)

 

あなたは最近「自分に対して女の拒否反応が強すぎる・・(泣)」と感じていませんか?

この教材では、

・なぜ、誘った女の「拒絶反応」が、数年前より強まっているのか?
・なぜ、多くの男たちが、社会や女から恋愛ダメージを受け続けているのか?
・なぜ、恋愛テクニックや心理テクニックが「見知ったそのまま」で使えなくなっているのか?

・モテる男たちは、実際に何をやっているのか?なぜダメージを負わないのか?

などを、PDFファイル60ページにわたって詳細に解説しています。

あなたの恋愛苦悩の解決に、ぜひご活用ください。

ABOUTこの記事をかいた人

一般財団法人日本能力開発推進協会 (JADP) 認定、上級心理カウンセラー。クライアント数9,304名。週刊SPA!、週刊プレイボーイ、レディースファッション誌ViVi、with、クールトランス、Men’sLeaf、webR25、ヒトメボなど、恋愛コラム多数掲載。現在、ゼクシー縁結び「ホンネスト」にて女性向け恋愛記事を連載中。