口説きの基礎。男のレベルで態度が激変する「女の打算」と男の心得。

こんにちは。

恋愛カウンセラー・イサキです。

今回は「女の打算」について、少し書きます。

これを読んでいる、男のあなたにだけは気づいてほしいので、嫌われる覚悟で、厳しいことをいくつか書きます。(本音で書きます。)

 

男たちを恋愛から遠ざけている存在とは?

でも、こういう本音の記事を書くと、

  • 恋愛にマジメにがんばっている男女を分断するな、このクソカウンセラーめ!
  • へえ、女は男からの誘いを無条件100%で、全部受け入れろってこと?バカじゃないの?女性差別反対!
  • そもそも男が苦しむのは当然でしょ? 女が困るようなことを(本当のことを)書くなんて、ありえない!
  • 女を叩くな!ネットで叩くなんて最低だ!

と、フェミニスト男性陣から苦情をいただくのですが、それ、ズレています。間違っています。

私は誰も叩いていません(苦笑)

 

今の日本の恋愛閉塞感は、 いきすぎた男サゲが原因で、マジメな男たちほどパワーダウンしていることが原因 だと私は感じているので、彼らのためになることを手加減せずにアドバイスする。

これが私の仕事の1つです。

 

そして、この記事を読むかもしれない女性陣にも言っておきます。

あなたたちから見ても、スマートに、上手に、グイグイアプローチしてくれる男のほうがいいはず。

女の自分から、ガンガン告白に行く、ガンガン男をデートに誘う、プロポーズを自らガンガンする・・・という肉食系女子ばかりではないはずです。

いいなと思っている男から、強烈なパスが届いて、あとは結婚というゴールにシュートを蹴り込むだけ、打つだけっていうほうが楽なはずです。

 

でも今では、社会や女たちから毎日届く、鋭い言葉で責められすぎて(ダメ出しをくらいすぎて)、恋愛のやる気が完全OFFになっている・自身喪失中のマジメな男たちが、日本中にあふれています。

デートするよりも、新作ゲームをしているほうが楽しいしラク。

そうさせたのは、社会や女性陣から毎日届く、男を批判する鋭い言葉です。

 

そして、男を叩いている人たちにも言い分があり、一部の変な男(エロいパワハラおじさん、ウザい男尊女卑の男、性犯罪者など)をターゲットにして、男を叩いている・・・とは思うんです。

それは、わかる。

ですが、その厳しい指摘が、狙っているターゲットからみごとに外れていることに、あまり気づいていない。

 

それどころか、女性陣が 付き合いたい!結婚したい!と狙っている層(マジメで、誠実で、仕事も貯金もあるような男たち)が、男叩きの直撃弾を受け、ダメージを受け 恋愛に対して萎縮してしまっている、興味をなくしている

もっと言えば、自ら放った男に対する叩き文句がブーメランとして、近い将来に生むであろう自分の大事な息子たちに、20年後に返ってきます。

ここ、大丈夫ですか?

言葉は永遠に残るからね。

恋愛カウンセラーとしても、30年前の古い恋愛思想に影響を受けている男たちを、日々カウンセリングして、心の矯正をしている立場なので、今の言葉は50年は残るんじゃないかな〜と思っています。

私が言っていることの意味、わかりますか?大丈夫ですか?

 

男憎しで、一部の変な男たちを懲らしめるための厳しい叩き言葉が、あなたの息子たちの20年後の居場所を奪う。

男としてのチカラも立場も強さも奪う。

これを想像せずに、ブログやツイッターで男を叩きまくるのは、やめたほうがいい。

 

結果的に、今現在も

  • 女性陣のターゲット層の男たち(結婚してもいいと思える層)は、もう恋愛していない
  • いずれ生むであろう、自分の息子たちの将来の居場所も、今の段階ですでにない(開業医とか国家公務員になるならOKだけど)

という状態。

そして、一番叩きたいであろう、エロいパワハラおじさんたちは、未だにノーダメージ。

叩かれることを気にするような弱いメンタリティの男たちが、セクハラとかパワハラするかって話ですから。

 

というか、今現在ほど男という「性」が、真っ正面から否定されて、男としてこれほど叩かれるぐらいなら、もう恋愛に興味ないわ・1人でいいわって、多くの男たちが冷めて当然でしょうね。

なぜ恋愛しないのか?と議論することが、すでに不思議なくらい。

女がセックスさえちらつかせれば、何とかなった時代は終わっているのに。

 

では、誰がそんな風にしているのか?

これは、あなたも気づいている通りです。

ことあるごとに、私も言っているのですが、男たちから恋愛に対する熱意や興味を取り上げているのは、

  • 男にフラれまくった、おばさん系の恋愛アドバイザー
  • TVバラエティーに出てくるたび、男を叩く女教授・女医・キャバ嬢
  • ご意見番系の毒舌タレントや芸人さんたちが言う、男たちへの全体的なダメ出し

です。

女のことを突っ込んで話すと何かと問題になるので、タレントも芸人も、みんな、みんな、誰しも、男のほうを多く叩いて「ホント、男ってしょうもないわねー」という方向性で笑いをとる。

そして多くの人たちが、このことに疑問を持たなくなっている。(プチ洗脳されている)

 

おかげさまで

  • 女性陣のターゲット層の男たち(結婚してもいいと思える層)は、もう恋愛していない
  • いずれ生むであろう、自分の息子たちの将来の居場所も、今の段階ですでにない(開業医とか国家公務員になるならOKだけど)

です。

どうすんのさ、これ。

もっと違う話を、テレビとかで流せばいいのに。

ネット時代だから今はみんな、YouTubeしかみないって言われるけど、テレビやラジオの影響はものすごく大きいです。

 

とりあえず、男たちに厳しいことを言って、追い詰めて、自信を失わせて、そして行動を起こさせるなんて、発想が古すぎる。

連日連夜、あらゆる場所で男を叩いて、叩いて、叩きまくって、恋愛に対して恐怖感を持たせて、多くの男たちを女から離れさせている。

女たちも「相手がいない」と嘆くけど、そもそも恋愛市場に男が出てこない。

 

繰り返しになりますが、こんなに男を叩いて、叩いて、叩きまくって男の立場や存在意義を無くしていたら、

「ご自分の息子さんが成人したとき、男として生まれたことを(今の成人男たちのように)死ぬほど後悔する、苦しむ立場になるのでは?」

って誰でも想像つくと、私イサキは思うのですが、あなたはどうですか?

ここかなり大事だと思うんですけどね。

ああ、息子さんは開業医か、一級国家公務員になるんですね。それならなんとかなるかもしれないですね(笑)

 

直接文章にはしませんが、あきらかに、これにも「女の打算」がありますよね。

女の敵は女です。

本当にひどい。日本を壊す気かと。

 

なので、私イサキは、今回のような記事で、男たちに勝算を伝えたい。

恋愛に対して恐怖ではなく「勝算」を見通せるように教導したい。

女に対する間違った考え方や妄想をなくしたい。

それが、この記事を書いた、主旨になります。

 

女性陣を叩く意味も、意思もないです。

そもそも、叩いたって何になるのさって話。

我々男は、自分を理解してくれる女性、素敵な女たちがいなくては生きている意味がない。

そういう存在なのです。

 

そして、先ほど出てきた「男をネットで叩いていたら、うまく広がりすぎて、自分の息子たちの未来の居場所までなくなった。やばい。」というリアルは、別のところで記事にします。

「草食系男子」などどいう、フザけたキーワード、ありえないレッテル貼り1つのせいで、どれだけの男たちが恋愛から離れたか?夢や結婚をあきらめたか?

あなたは知っていますか?

 

男に誘われない女たちが、自分を誘ってこない男を「弱いもの」だと定義して、心のバランスを取った結果、これは使えるといって「草食系男子」という言葉が猛威をふるっただけ。

あらゆるメディアで取り上げられだした。

男をバカにすること、ディスることで、心のバランスをとれることを女たちが知ってしまった。そのきっかけが「草食系男子」というレッテル貼りです。

これ以降、それまで低かった男の価値が、さらに加速して下がりました。

今、男の価値は、底値更新中ですから。

少子化で国が滅ぶわって話ですよ。

 

恋愛カウンセリングの最前線で、日々戦っている私の立場としては、「草食系男子」などどいうフザけたキーワードなど、到底、許しがたいものがあります。

こういうリアルは、男だけでなく、結婚できない恋愛適齢期の女性陣も、全員知るべきだと思っています。

今回の、このような記事を書かないと男たちを救えなくした、今の社会風潮をなんとかしたいですね。

 

女の打算。あなたと他の男を常に比較する。

さて、ここからが本題。

頭を切り替えて、楽しくいきましょう。

こういうデリケートな記事は、正しく理解していただくための前置きが大事です。

そもそも今回は「女の打算」についての記事ですからね(笑)

 

女の打算といえば、まず忘れちゃいけないのが、男同士を比べて評価するという問題点ですね。

男のように、あの子にゾッコン!!一目惚れ!!・・とは、なかなかならない。

絶対評価ではない、常に相対評価で、素敵か?ダメか?を見られている。

 

これには男の側にも問題があります。

好きな女を口説いたり、誘ったりする時、我々男がつい忘れてしまうのが「ライバル男」の存在。

実際に、比較されるであろう存在が、恋愛するたびに、常に常に存在しているということ。

 

これは、恋愛アプローチをしている最中だけじゃなく、まじめにお互いが付き合っているときでさえ

  • 彼女が付き合っているのは、あなただけじゃない。
  • 彼女が彼氏候補としている男は、あなただけじゃない。
  • 彼女の周りにいる男は、あなただけじゃない。

ということです。

ひどいことを言っているように聞こえるのは、ただ単に、あなたが事実を知らないだけ。

少なくとも5人は、同時進行していると思っていた方がいい。

彼女は絶対に認めないでしょうけど、いろんな立場の男が彼女の周りにはいます。

あなただって、誰も見向きしないような女を好きになった覚えはないはず。

 

今、この瞬間にも、彼女とLINEを楽しんでいる男たち、キスフレ・セフレ・パパ活相手のおじさんなど、いろんな男たちが彼女の周りにいる。

まずはここを理解しておいてください。

 

そんな男いないよ!彼女、残業で終電で帰りだよ!忙しいよ!って、あなたが自分で自分を説得してもムダです。

厳しいことを言いますが、そんな甘いことを言っているから、女を口説けない。

たった今、彼女とLINEを楽しんでいる男たち、彼女のキスフレ・セフレ・パパ活相手のおじさんが、何もせず無努力で、彼女の近くにいるとお思いか?(言葉厳しくてすいません・・・)

 

あなたが狙っている女がいるとして、そもそも、彼女がフリーだったら、それが何だっていうんですか?

彼氏がいないとして、次に付き合う彼氏が、あなただっていう保証は、どこかにあるんですか?

そもそも、モテる男たちは、今カレがいても構わず誘いますけども。

 

● 口説き方と誘い方【基本-09】モテる男たちは、彼氏つき女のオトし方を知りつくしている。女がフリーになるのを待たない。

↓ ↓ ↓ ↓

http://lovesick-mens.com/renairecipe9.html

 

他の男たちが、今日どんな努力をしているのか?

他の男たちが、どれだけ悩み、苦しみ、今日も知恵を振り絞っているか?

知らなすぎると思います。

まずはここに気づいてください。

 

その結果、いろんな男が自分のために頑張ってくれているのを、彼女は「よしよし♪」と眺めている。

打算ぐらい、当たり前に打ちます。

とりあえず、女の周りに、男の気配がないなんてことは、まずありえないということを理解しておいてください。

女は大勢の男に囲まれていたいし、モテる男たちは、そういう「女の打算」を逆用して、今カレがいても女にアプローチしているんですから。

 

そして、

  • いつも、いい感じで関係性が進むのに、しばらくすると女の態度がおかしくなる。
  • いつも、よくわけのわからないことを言われて、適当にあしなわれて自然消滅する。
  • いつも、突然、別れを告げられる。

この場合は、彼女の打算上「候補から脱落した」ということになります。

 

あなたが、自らミスを「やらかした」場合を除いて、女が距離をおくなんて、ありえません。

他に、あなたより良い、候補の存在がいます。

そしてその男に、あなたが負けたんです。

だから口説けなかったというだけです。

女たちは常に、他の男とあなたを比べて、あなたを評価しています。

「自分のいい部分を見てよ!」と言ってみても無駄。

 

このあたりは、別記事 【デート】2回目につなげられない男たちのデートの特徴。恋愛相対評価の話。でまとめてありますので、時間のあるときにでも読んでおいてください。

 

女の打算。男を(あなたを)まったく信用していない。

♂「いやいや、あの子はそんな子じゃない。」

♂「複数の彼氏候補なんているわけがない。」

って、この記事をお読みのあなたは、すでに思っていると思いますが、その考えを今すぐ捨ててください。

 

そもそも女たちは、あなたを信用していないのに、なぜあなたは無条件に女を信用しているんですか?っていう、このことに、まず気づいてください。

この間違いに気づかずにいるうちは、彼女と対等な関係性なんて作れません。

 

女たちは彼氏を疑い、夫を疑い、感情的になって何をしでかすかわからない孤独な男に恐怖しながら、24時間・365日、生きている。

そして、女だけじゃなくて、モテる男たち・恋愛成功者たちも、女をそもそも信用していないです。

彼らは笑顔で楽しく、女と接しながら、

♂「へえ・・そういう言い方をするってことは、他にも彼氏がいるってことだね」

♂「へえ・・そういう表現をするってことは、過去にも男とここに、来たことがあるってことだね」

♂「へえ・・それをすんなり理解できるってことは、初めてじゃないってことだね。」

と、常にジャッジしている。

女の裏側を見極めよう、読みきろう、判断しようとしている。

その上で「いい女だな」「勝手な女だな」「わがままな女だな」「でも好きだけど(笑)」と、バカなフリをして最終判断している。

 

一方で、理由もわからず、フラれた男たちはどうかというと、

  • 彼女のことをよくわかりもせず無条件降伏的に、100%の全力好意を簡単に示す、甘い姿勢。
  • 彼女が何に対して心を開くか?何をしたいと思っているのか?彼女のバースデーは?彼女の夢は?何も知らない。
  • 彼女のことを何も知らないのに、愛玩動物でもかわいがるような、甘い接し方を、いきなりする。
  • 彼女のことが好きだ、本気なんだといいつつ、実は彼女の性格やメンタリティーより、セックスに興味があった。

が、大勢を占めていると思います。

大人ですから、性的な関わり自体、それは否定しません。

ですが、あなたが彼女に対していつも考えていたことって、恋愛=セックスってことだけじゃないの? ってこと。

女たちは、これに敏感です。

一瞬でヤリ目じゃんって気づく。

 

内面やパーソナリティーを見るんじゃなくて、彼女の顔とか胸とかおしりとか髪とか「女のアイコン」ばかりみて、勝手に惚れて、勝手に盛り上がって、衝動を抑えれれずに声をかけて、フラれて、毎回自滅しているんじゃないですか?

もしあなたが、

♂「しょせん、恋愛ってセックスだろ?」

♂「要はヤレればいいんじゃないの?」

って思っているのであれば、このサイトを閉じて、その方向性でぜひ頑張って見てください。そんな本能的で根源的な目的は、あえて誰も口にしないだけで、アタリマエのことです。

問題は、それをどうやって叶えるか?って部分。

それが恋愛アプローチです。

 

最大の問題点は、恋愛成功って、セックスしたいという本音ベース・正直ベースだけで取り組んでも、全然うまくいかないということ。

ここに難しさがあるし、個人差が出るんだと、あなた自身が気付けるかどうかです。

♂「抱かせてください。」

♀「はいわかりました。」

なんてやりとりは、ありえないことは誰でも頭ではわかっているのに、結局することなすことがすべてが、直線的すぎ、本能的すぎる。

そして、ナンパに近いことを社内やサークル内でやりまくり、いつも失敗しまくっているのが、口説けない男たち・女の打算を知らない男たちです。

そもそも女たちは、男を(あなたを)信用していないので、正直ベースで近づいてもまったく進展しないんです。

 

女の打算。相手によって言うこととやることが180度変わる。

そもそも、彼女の内面やパーソナリティーなんて、超能力者かエスパーでもない限り、最初はよくわかりません。

わからないことを、わかろうとする。

どんなにモテる男たちでも、そこからがスタートです。

  • 親しくなりつつ → 彼女を理解しつつ → 彼女の内面を知りつつ → 恋愛アプローチをする

という、走りながら武器を拾う、そして恋愛アプローチをするという考え方が必要になる。

これが男の恋愛です。

 

ですが、そのプロセスも、スムーズに行ったり、行かなかったりする。その理由は、

  • 男の異性ランクによって、女は、言うこととやることが180度、変わる。
  • 男の職業・収入・異性ウケの高さを判断して言うこととやることが180度、変わる。
  • 全般的に、嘘が多めの盛り盛りトークなのですが、とりあえず言ってることが相手によって、違う。

からです。

これが女の持つ、最大の打算。

誰にもで、同じように、同じ言葉で接する女神なんていないんです。

何を言ったかではなく、誰が言ったかを重視するのが女です。

 

多少、納得しがたいことを言われても、年収6,000万円の、そこそこかっこいいドクターに言われれば「なるほど、そうですよね!」と返します。

無条件です。特に理由はありません。

でも、同じ内容を年収120万円のフリーターに言われても「は? なんでそんなことアンタに言われないとダメなの?」とブチ切れる。

これも、無条件です。特に理由はありません。

 

何を言ったかではなく、誰が言ったかが大事。

相手を見て、言うこととやることが180度変わる。

これは「女の打算」なので、男がとやかく言っても変わりませんし、相手を見て(男を見て)うまく対応を変えられない女は、女同士の間でも評価が低いです。

女の打算には、男に対してのものと、同性である女に対してもものと2つあるから厄介です。

 

打算は女のもの

女たちに言わせれば、打算なんてアタリマエだ!誰彼かまわず、誘われるたび抱かれて “突っ込まれて” たまるかあ!という防御体制がありますので、そこは問題ないんです。

この記事の主旨も女の打算がダメだという、そういう話ではない。

 

この記事で、男である「あなた」に気づいていただきたいことは

  • そもそも、女に打算なんてあるわけがないよ!
  • 打算で相手を見ている段階で恋愛じゃないでしょ?
  • 打算であなたのことを見ていますと、生まれてこのかた言われたことがない
  • あの良い子が、打算で男を見ているわけがない
  • と、思っている男たちの平々凡々ぶりが、空恐ろしいということ。

と、甘いことを考えていたら、そりゃ、口説けないですよって話です。

もしもあなたが、今、何かしら恋愛問題を抱えているならば、恋愛問題を恋愛の枠内だけで狭く考えるんじゃなくて、別のダメージ要因にめをむけてみてくださいネ。

 

女には女の都合、女の打算がある。

デートに誘ったのに、YESが出ないなんてアタリマエ。

問題は、そこからどうやって動いたか?

 

それが男の恋愛です。

 

イサキでした。

無料PDF教材:男の恋愛・3つの壁(90ページ)

ええー!? 普通に恋愛してるだけじゃ、もう彼女はできないって、どうゆうこと!? 男の恋愛を苦しめる「3つの壁」女の口説きやすさを10倍アップさせる全手法。無料PDF教材90ページ。

 

あなたは最近「自分に対して女の拒否反応が強すぎる・・(泣)」と感じていませんか?

この教材では、

・なぜ、誘った女の「拒絶反応」が、数年前より強まっているのか?
・なぜ、多くの男たちが、社会や女から恋愛ダメージを受け続けているのか?
・なぜ、恋愛テクニックや心理テクニックが「見知ったそのまま」で使えなくなっているのか?

・モテる男たちは、実際に何をやっているのか?なぜダメージを負わないのか?

などを、PDFファイル90ページにわたって詳細に解説しています。

あなたの恋愛苦悩の解決に、ぜひご活用ください。

ABOUTこの記事をかいた人

一般財団法人日本能力開発推進協会 (JADP) 認定、上級心理カウンセラー。クライアント数9,304名。週刊SPA!、週刊プレイボーイ、レディースファッション誌ViVi、with、クールトランス、Men’sLeaf、webR25、ヒトメボなど、恋愛コラム多数掲載。