【誘い方】今年の夏は一度きりだからこそ真剣に考えたい「なぜあなたは、祭も花火もソロ活動なのか?」問題。

海水浴デート

こんにちは。

恋愛カウンセラー ・イサキです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

リアルで出会いがない男たちや、狙った女に向けて逆転・挽回プロセス中の男たちに対する一助とすべく、恋愛記事を書いています。

 

梅雨入りしましたね。 マインクラフト(大人気ゲーム)に没頭しすぎていると、夏なんてあっという間に終わっちゃいますよー。

夏の出会いを考えて、あの子をどうやって誘うか、考えてみましょう。

祭や花火のあと、彼女とおいしいもの食べて、浴衣を脱ぎ、ベットで2人でゲームしていればいいんじゃないですかね?(笑)楽しいですよ。

 

この記事を書いている段階で、外は雨。少々肌寒い感じなんですが、夏はもう目前に迫りました。

あなたの恋愛状況はどうですか? ちゃんと進んでいますか?

今回は、半年前に書いた 【男の恋愛思考】クリスマス・イブ直前だからこそ真剣に考えたい「なぜあなたは、今年も1人イブなのか?」問題 の、続きになります。

 

梅雨入りは、夏恋に向けた最終準備。誘ってますか?

早くも6月ですが、4月の異動・入社・入学の、人間関係「大シャッフルモード」が終わって、ようやく身辺が落ち着いてきたと思います。

今年はボーナスが出まくりですよ〜という明るいニュースが今朝の新聞にも載っていましたし、今年の祭や花火、夏フェスなどは否応なし(いやおうなし)に盛り上がりそうな気配です。

その地域で一番の花火、一番のお祭り、最大のフェスは、男女ともが「ぜひ本命の相手と行きたい」と思っているはず。

 

これは海外の学生たちがプロムナード(学校公式のダンスパーティ)に本命の異性をダンスに誘いたいと思っているのと同じ。 忘れられない思い出を作りたいので、妥協も賭けもしたくない。

そこまでの道筋をつけれるかどうか?は、時間的にも、梅雨の時期がラストチャンスだと思います。

夏の出会い、最終アタックです(笑)

 

別コラム 【口説き方】女ごとに違う距離。出会ってから口説き落とすまでの男の動き方は「一本の線」という話 でも書きましたけど、多少ブレてもミスしてもいい。

 

彼女の心まで、一本の線でつなぐ必要がある。 その1本が、小さなイベントをつないでいくということになる。

祭花火やフェスにいっしょに誘えそうな女がいない、行けそうな女がいない場合、今までの自分の誘い方に、焦りや高いハードルがなかったかどうか?チェックする必要があると思います。

 

前記事にも、イベントの活用方法を書きましたけど、出会えない、誘えない、相手がいない1人きりの男たち・恋愛ソロ活動が多い男たちは、 メインイベントにいきなり誘い出そうとしている という、傾向があります。

そりゃ、いきなり花火に行こうって誘うんじゃ、女も怖くて来れねえって話(笑)

 

また、「こんな田舎にイベントがない」「出会いがない」「都内みたいにイベントが豊富じゃない」と思っている男たちも多いかと思いますが、  平凡な「それ」をイベント化できるかどうかは、アイデア次第 だと思います。

♀「それなら、行ってみようかな!」って、女の意欲を喚起(かんき)できるかどうかは、あなたの情報力にもよるかと思いますが、アイデアも大事です。

 

魅力的なそれが「カンタンなんだよ」「すぐ行けるんだよ」「がんばらなくても楽しめるんだよ」って、ちゃんと提案できるかどうか。 ただ、♂「イベントがあるから、だから行こう!」 っていうだけじゃ、あなたとどこかに行く理由にはならない。

女にすれば、だからってなんだよって話。女たちにすれば、週末におもしろそうなイベントに誘ってくれる男は、他にも大勢いるんですから(笑)

 

私の話なんですが、最近知り合った女にスタバ大好き女がいて、世界一美しいと表彰されたという富山環水公園店のスタバに日帰り形式で行ってきました。

上野から乗ったんですが、北陸新幹線もなかなかおもしろかったです。

これもプチイベントですよね。

 

どこかで大々的に行われているイベントではありませんが、行ってみたいという気持ちを喚起して、小旅行にしてしまいました。

日帰り旅行をしましたから、今後、この女を花火とかに誘うのはそんなにハードル高くなくなりましたし(笑)

いっしょに浴衣でも見に行こうよ!いいのあったら買っちゃうかもね(笑)という話につなげているので、他の候補も含めて、夏のイベント予定がほぼ埋まりつつあります。

 

別コラム 【出会い】夏に出会いをヒートアップさせている男たちが毎年やっている、カンタンな3つの準備の話 でも書きましたけど、自分の準備もやりつつ、夏に向けて小さなイベントを喚起して、女と関係性を積み重ねていく。

梅雨の時期って、つい引きこもりたくなるんですが、夏本番最後の準備期間になりますから、ヒマしている時間はありません。

あなた以外の男たちは、今夜もサクサク女たちとLINEしたり、デートのお誘いをしている。

 

雨が降っていて濡れやすい時期ですが、だからこそ自宅デートに誘ったり、外にでなくていい温泉施設に一日中いたりして、まったりタイムを過ごしています。

狙った女を誘いすぎてNOばかり、嫌われまくって無視されまくりで、次にどうしていいかわからない場合は、女を口説く10の基本 を、サク読みしていただくとして、

女をこれから誘う、これから関係性をこれから構築する場合や、今年の夏こそソロ活動(1人活動)しないぞ!と思っているあなたは、恋愛初心者向けコンテンツ= 彼女の作り方 をサク読みしておいてくださいね(^^)

 

梅雨明けまで、もう少し。

おでかけの際は雨に濡れぬよう、折りたたみ傘は忘れずに持ってでかけましょう。

イサキでした。

無料PDF教材:男の恋愛・3つの壁(90ページ)

ええー!? 普通に恋愛してるだけじゃ、もう彼女はできないって、どうゆうこと!? 男の恋愛を苦しめる「3つの壁」女の口説きやすさを10倍アップさせる全手法。無料PDF教材90ページ。

 

あなたは最近「自分に対して女の拒否反応が強すぎる・・(泣)」と感じていませんか?

この教材では、

・なぜ、誘った女の「拒絶反応」が、数年前より強まっているのか?
・なぜ、多くの男たちが、社会や女から恋愛ダメージを受け続けているのか?
・なぜ、恋愛テクニックや心理テクニックが「見知ったそのまま」で使えなくなっているのか?

・モテる男たちは、実際に何をやっているのか?なぜダメージを負わないのか?

などを、PDFファイル90ページにわたって詳細に解説しています。

あなたの恋愛苦悩の解決に、ぜひご活用ください。

ABOUTこの記事をかいた人

一般財団法人日本能力開発推進協会 (JADP) 認定、上級心理カウンセラー。クライアント数9,304名。週刊SPA!、週刊プレイボーイ、レディースファッション誌ViVi、with、クールトランス、Men’sLeaf、webR25、ヒトメボなど、恋愛コラム多数掲載。