女性に振られてあきらめた男性必見!モテる男たちがツラい失恋を怖れない本当のワケ。
モテる男たちが失恋を怖れないワケ。

心理カウンセラー・アマヒコです。

 

「デートに誘った、女性に振られてしまった!」

「好きな女性が、ふりむいてくれない!」

「何回デートに誘っても、反応してくれない!」

 

恋愛がうまくいかずに悩み、女性に振られて心が折れて、もう恋愛が嫌になっている男性も多いと思います。

 

今の日本、史上最高レベルの「男サゲ時代」が到来しています。

データー上では、普通に生活しているだけだと、男にはもう彼女はできないし、結婚もできないと言われていて、恋愛や結婚に関しては、今後ますます厳しい状態が続くと予測されています。

 

こんな時、女性と出会って、付き合うまでの流れを知りたくなりますよね。

口説きと誘いのテクニックとか知りたくなりますよね。

 

私も仕事柄、さまざまな恋愛アドバイスをしていますし、さまざまなテクニックを公開しています。

 

でも、その一方で、女性を口説くためには知っておかねばならない基本中の基本、恋愛をするための土台があるとも思っています。

その土台もないまま、テクニックだけに走り、女性に試したところで彼女の心は動きません。

 

そして、土台がないから、女性から予想外の反応があったとき、崩れてしまう。

 

今回は、

  • 出会ってから口説き落とすまで「一本の線」でちゃんと繋ぐべきという話。
  • モテる男たちがツラい失恋を怖れない本当のワケ。

を、お話しておきます。

 

女性に振られて、恋をあきらめた男性必見です!

 

女性との心の距離を縮める動き方=一本の線。

女性を誘って、振られて、どうしていいかわからないままの男性は多いと思います。

あなたもそうかもしれません。

 

振られてしまい、これから、どうしていいかわからない場合。

女性に出会ってから口説き落とすまでの「一本の線」は、ただ途切れている状態です。

 

こうなると、たぶん一生、彼女と付き合うことはないでしょう。

それをだたの失恋だと思って流すか?

実は目に見えない一本の線があって、それが途切れてしまったと見るか?

 

これが、あなたの恋愛力を、今後大きく変えていくことになります。

わかりやすくいえば、女性に振られて、心が折れて、恋愛そのものを、あきらめるようなことがなくなるってこと。

 

例えば、あなたの周りにいる女たち。

ファミレスやコンビニの店員さん、社内やサークルの同僚、道ゆくOLさんまで含めた、すべての女性。

 

その女性にアプローチするかしないかは別にして、その女との「心の距離」って、あなたはイメージできますか?

女性に、近づいていくプロセスこそが「1本の線」です。

 

物理的な距離で言えば、同じ環境にいる女との距離は近いため、1本の線はなんとか見えなくもない。

会話したり、コミュニケーションをとることで、心の距離を縮めていくことができる。

 

では、たまたま乗り合わせた電車で向かい合わせに座ってた女はどうでしょう。1本の線は見えるでしょうか?

一般的な男性であれば、なかなか見えてこないはずです。距離感は遠い。

 

しかも不穏なご時世ですから、見ず知らずの女性に声をかけると、何を言われるかわかりません。

そうなるとほぼ、1本の線は見えないという状態になると思います。

 

ここで気づいていただきたいのですが、あなたは過去失恋してきたとき。

1本の線がどれぐらい見えたうえで、女性に声をかけましたか?

もし、見えていたとしたら、その1本の線が、一発でつながるイメージ、一回でつながるイメージで、恋愛していないですか?

 

あなたからのデートの誘いに対して、女性から綺麗に一発OKがでなかったからといって、そこで終わりではないんです。

そこから始まります。

 

多少ブレてもミスしてもいい。彼女まで一本の線でつなぐ。

例えば、恋愛ってゴルフに似てるなーって思うことがあります。

 

1打目のティーショットから、カップインまで、ラフや林にボールを入れたり、バンカーに球を落としたりしながら、それでもゴールを目指す。

途中ミスショットもあるし、ナイスショットもある。

 

振り返ってみれば、1打目のショットからカップインまで、ジグザグにきたけど、寄り道したけど「一本の線」です。

 

素敵な女性を見つけて、アプローチしていく、距離を縮めていく。

その途中経過では、いろんなことがあります。ゴルフみたいに。

 

あなたからのデートの誘いに対して、女性から綺麗に一発OK(ホールインワン)がでないことなんて当たり前。

無視されたり、断られたり、気持ちが伝わらなくて嫌われたり、誤解されたり。ジグザク道です。

 

でもジグザグにきたけど、寄り道したけど「一本の線」であることを忘れず、すべてが途中経過だとわかっている男たちが、成長しながら好きな女性に近づいていく。

誘いの言葉を変えたり、内面外面を変えたり、考え方を変えたり。

変化しながら、好きな女性に近づいていく。

 

もしも女性を誘って、振られて、どうしていいかわからないまま、止まっているとすれば、モテる男たちはやばいとわかっている。

  • もしやり方がわからないまま誘っても、また同じ結果になること。
  • もし別の女性に切り替えたとしても、また同じところがわからず詰まること。

 

モテる男たちは、1本の線が見ていてる。

女性に向かう1本の線だけではありません。

自分の人生を通してずっとずっと続く、自分が成長し、変化していくという1本の線。

 

だから、女性に振られてあきらめたりしない。

今、アプローチしている女性とはダメになっても、自分の成長と変化を止めない。つなげて1本の線にしていく。

 

あなたを含めて、ライバルたちが落とせずに困っている女性を、モテる男たちがスルッと誘えているのは、過去に何十人と振られてきた失敗経験があるからです。

その失敗経験を全部つないで、1本の線にしているからです。

 

今すぐ女性を誘える、モテる男たちがやっていること。

女性との心の距離。

そして、自分の中で継続していく恋愛。

 

モテる男たちには常に「1本の線」が見えていること、おわかりいただけたと思います。

 

あとは、いかに「1本の線」を短くするか?だけ。

一生かかる線なのか、数日でつながる線なのか。

 

それこそが、恋愛テクニック、恋愛アドバイスの役割だということ。

女性との心の距離を縮めて、好きにさせるためにどうすればいいかわかれば、線は短くなる。時間が短縮される。

モテるために、どうすればいいか?モテる男たちが何をしているのかわかれば、線は短くなる。時間が短縮される。

 

この土台もないまま、テクニックだけに走り、女性に試したところで彼女の心は動きませんし、自分の中で続いていくものだ、変化するのは自分だという意識がなければ、また別のテクニックを探して、また失恋するだけです。

 

今のあなたでは、口説けなかった、誘えなかった彼女。

それならば、あなたが変わることなしに、彼女と付き合うことはできません。

 

もしあなたが、好きな女性をデートの誘えず悩んでいるならば、その1本の線を短くすることができる、関連記事を置いておきます。

時間のあるときにチェックしておいてください。

 

 

そして今、日本史上最高レベルの「男サゲ時代」が到来しています。

データー上では、普通に生活しているだけだと、男にはもう彼女はできないし、結婚もできないと言われています。

男たちが苦しんでいる根本原因は何か?

女性たちがどんな男を選ぶのか?

 

それらをまとめた私のプレゼント教材がページの下部から読めますので、もしよければ是非チェックしてみてくださいね。

 

あなたの中で「1本の線」を意識してみてください。

ライフスタイルが変わるはずです。

 

アマヒコでした。

ではまた!

知らなきゃハマる、男の恋愛3つの壁(無料ダウンロード)
男の恋愛-3つの壁(心理カウンセラー・アマヒコ)

あなたは最近、女性の拒否反応が強すぎると感じていませんか?

実は今、男たちの恋愛は「3つの壁」に邪魔されている状態なのです。

その結果、普通に努力しているだけでは彼女ができない状態になっています。

 

この教材は今だけの限定なのですが

  • 恋愛テクニックや心理テクニックが「そのまま」では通用しなくなっているワケ。
  • 普通にしていたら、もう彼女ができない?結婚できない?その驚きの真実。
  • 男の恋愛を苦しめる「3つの壁」
  • モテる男たちが毎日使っているテクニック

などを、60ページの中で、詳細に解説させていただいています。

 

今の史上最高レベルの男サゲ社会の中。

あなたが本来いるべきポジションを取り戻すために全力でまとめました。

 

ぜひチェックしておいてくださいね!

おすすめの記事