女心

【女心】顔・年収・性格・センス・価値観が合っても、女にフラれ続ける男たち。女たちが選ぶ「男の条件」その本質の話。

選ばれる男の条件

【女心】顔・年収・性格・センス・価値観が合っても、女にフラれ続ける男たち。女たちが選ぶ「男の条件」その本質の話。

 

こんにちは。

恋愛カウンセラー ・イサキです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

リアルで出会いがない男たちや、狙った女に向けて逆転・挽回プロセス中の男たちに対する一助とすべく、恋愛コラムを書いています。

今回は、顔・年収・性格・ファッションがOKでもフラれ続ける男たちについて、女たちが選ぶ男の条件、その「本質の話」を、少しだけします。 

 

女が望む条件を100%満たして「プロ彼氏」になっても、女はオチない。

顔・年収・性格・センス・価値観が合っても、女にフラれ続ける男たちがいるのはなぜか?

まずは、女性誌や女性サイトで語られる「男の条件」「理想の男性像」というのアンケート結果に、男女ともめちゃくちゃ惑わされているんですよーという、話をします。

あなたも1度は目にしたことがあるかと思うのですが、女性誌や女性向けのサイトなどを読んでいると「彼氏や、将来の夫の条件」として、いろんな、女からの条件、リクエスト内容が書かれています。 同じようなことばかり書かれているので(汗)すでに耳タコ状態だと思うのですが、以下に書きだすと

 

<容姿・見た目>

  •  かっこいい、体つきがいい、優しさがある。
  • 顔、性格が良い、スタイルが並以上。
  •  顔、優しい、センスが良い男。
  • 身長が自分より上、年齢(年上)が自分より上、顔が好み。
  • 見た目が自分の好きなタイプ、マメさがある、優しさがある。

 

<仕事・立場・年収>

  • 一部上場企業の正社員の人。
  • 小さくても役職を任されている人。
  •  自分の担当業務がある人。雑用係とかNG。
  • 派遣社員、フリーター、無職じゃない人。
  • 賞与があること。年収450万円〜600万円以上が理想。
  • 上司や同僚とうまく人間関係が築けていること。
  • 社内恋愛をしようとしない人。仕事に打ち込める人。

 

<明るさ・楽しさ>

  • 明るい性格、楽しい性格、優しい性格。
  • 愛情にあふれている、優しさがある、ユーモアがある。
  • 楽しい、話上手、背が高い。
  • 楽しい、癒やされる、幸せを感じれる。
  • 一緒にいて楽しい人、自分を応援してくれる人、精神的に自立している人。

 

<価値観の一致>

  • 価値観の一致、金銭感覚の一致、フットワークの良さがある。
  • 価値観が合う、空気感が合う、気が合う。
  • 価値観があう、味覚があう、生活サイクルがあう。
  • 趣味が似ている、一緒にいて楽しい、結婚してもいいと思える人。

 

<デート>

  • デートは楽しさ一番!
  • 経済力があり、イベント力がある、やさしさがある。
  • わがままを聞いてくれる人。
  • 優しい、一緒にいて楽しい、ドキドキできる人。
  • 異性として魅力を感じる、一緒にいて楽ができる人、信頼できる人。

 

<やさしさ、穏やかさ>

  • 思いやりと、楽しさと、安らぎが感じられる人。
  • 性格が穏やかで、価値観が合って、思いやりのある人。
  • 優しい人、愛情がある人、安心できる人。
  • 素直さ、誠実さ、男らしい人。
  • 思いやりがある、私を大事にしてくれる、裏表がない男。

 

<落ち着く、ラク>

  • いっしょにいると落ち着く、尊敬できる人、甘えさせてくれる人。
  • 一緒にいて疲れない人。
  • べったりしたがらない、過干渉してこない人。
  • 一緒にいて落ち着くこと、性格、相性が合っている男。

などなど。

こんな感じですね。これぐらいは出てくる(もっとあると思います)。

そして、恋愛に苦戦している男たちは、藁(わら)にもすがる思いで、これら女からの条件・リクエストを1つでも多く満たそうと、もがく。 苦悩する。

金と時間を投資する。

こういう男たちが、今、ホント多いです。

 

残念ながら、女が望む条件を100%満たしても、実は、その女はオトせません。

女たちから見て、完璧な男=プロ彼氏になれたとしても、あなたが好きな女=狙っている女をオトせません。

条件を満たした異性を見つけようと「人材探し」をすることと、

♀「うわ、めっちゃ好き!」

♀「●●くん(あなた)と出会ったことは、私にとって交通事故レベルのできごとww」

と、心を掴まれるような異性を見つけることは、完全に別問題だからです。

 

女がリクエストや条件を男に提示しているということは、実は、その男のことが好きではないし、ハードルを越えさせることでしか男を判断できない女です。

おとぎ話の話ですが、求婚してきた5人の皇子に、かぐや姫が課した「仏の御石の鉢」「蓬莱の玉の枝」「火鼠の裘」「龍の首の珠」「燕の産んだ子安貝」の条件。

こんな難題をふっかけて、男たちを試すかぐや姫ですが、一つだけ絶対に確かなことは、かぐや姫は「誰も好きではなかった」ってことです。

話の中では、苦闘の末、求婚者の皇子たち全員が失敗しましたが、仮に成功した皇子がいても、かぐや姫とは結ばれなかったでしょう。

条件を求められるということは、つまり 好かれていない ってコトの証明ですからネ。

 

女のリクエストを真に受けて、王子様気取りで夢を叶えてあげよう、条件を満たしてこようと無駄な努力をした男は、恋の引き立て役で終わる。

誰よりも汗をかき、血なまこになって条件達成のために努力している間、女の近くで女の心を揺らしていた別の男が、この女をゲットする。

  • 努力するポイントを間違わなかった男。
  • 女をオトすという本質を、女の言葉に惑わされることなく取り組めた男。

その男だけが、女の心をつかめます。

条件を揃えるなんて女々しいゲームは無視して、ドンドン心に近づいてくる男だけが、女をオトすことができます。

 

でも、こんな記事をまとめると、自分にコンプレックスがある男たちや、自分に自信がない男たち、自分の条件は短所だらけで、どうしようもないんだよ!条件がガチで大事なんだよ!だからもうダメなんだよ!とか、感じる人もいるかと思います。

でもそれは、大きな勘違いです。

女たちは男の「何」を見て、男の短所だと感じるのか?

女たちはコンプレックスを抱える男たちの「どこ」を見て、男の短所だと感じるのか?

女たちは、あなた自身が気にしている「男のコンプレックス部分そのもの」は、そんなに見ていません。

だって 1度見ればわかりますし(苦笑)

 

実は、女たちは、そんな「表面的な部分」を見て、コンプレックス男にダメ出ししているわけではないんです。

このあたりは、別記事 【彼女の作り方-13】コンプレックスのある男たちを見るとき、女たちが「重要視」している部分 でまとめておきましたので、時間のあるときにでもサク読みしておいてくださいネ。

 

人は誰しも「24時間」という時間だけは平等です。

この時間を、女たちの言う条件やリクエストを叶えるため、いわゆる「プロ彼氏」になるための自分磨きのため、無駄に使ってしまうのか?

女の心を揺らして、オトして、抱くために戦略的かつ、有効に使うのか? 時間をどう使うか?

で、あなたの未来が変わってきます。

 

繰り返しになりますが、女が望む条件を100% 満たしても女はオチない。

さらに追加のリクエストを呑んでも、女はオチない。 さらにさらに、女のわがままを聞きまくって、奴隷のごとく女に尽くして配慮して、あなた自身が恥をさらし、トラウマになりそうなほどツラい試練を越えても、女はあなたのモノにはならない。

女に合わせず、女の望む条件を無視し、女のリクエストを突き破って、女の心を鷲掴み(わしずかみ)した男だけが、あなたが好きな女・あなたが狙っている女を抱けます。

イサキでした。

 

【恋活】孤独やさみしさと無縁なモテる男たちのリズム=夏の終わりの過ごし方と秋冬準備の話。

 

口説きと誘いのコラム

 

<女の口説きと誘い方>

彼女の作り方

女を口説く10の基本

口説き方【上級編】常勝モテ男 恋愛レシピ100

 

<誘うタイミングと女心を見える化する教材>

彼女作りのコミュニケーションHack(ハック)

 

<ネットで彼女作り>

ネットで彼女コラム

ネットで彼女作り5つの基本

出会い方【上級編】ネットLOVEオールセット

【女心】あの男はアレがダメ!この男はコレがダメ!女は男を見直さない。男を選別する20代女たちを口説く基本戦略。

女心の裏側

【女心】あの男はアレがダメ!この男はコレがダメ!女は男を見直さない。男を選別する20代女たちを口説く基本戦略。

 

こんにちは。

恋愛カウンセラー ・イサキです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

リアルで出会いがない男たちや、狙った女に向けて逆転・挽回プロセス中の男たちに対する一助とすべく、恋愛コラムを書いています。

 

今回は、♀「あの男はアレがダメ!」♀「この男はコレがダメ!」といって男を選別する女たち・男を斬り続ける女たち(傾向として20代女が多い)を口説くための基本戦略を、サクっと書きます。

まじめな男たちと「歩調」「ペース」「現実」のすり合わせがうまくいくのが、女が33歳を越えたあたりなんですが、さてさて・・・

 

女は男を見直さない。基本的にダメ出しをするだけ。

男に対して、わざわざ言ってくれるワケではないですが ♀「あの男はアレがダメ!」♀「この男はコレがダメ!」と、ことあるごとに男に対して嫌ポイントを感じ、不愉快をガマンして、毎日、生活している存在。それが女です。

一度、男に対する評価にマイナスをつけると、女はなかなか男を見直さない。

基本的にダメ出しをするだけです。

 

例えば、朝の通勤満員ラッシュ。

人があふれて、一般の車両乗れないからといって、がら空きの「女性専用車両」に入ってきた男がいるとしたら、この男、いったいどうなると思いますか? 女たちから ♀「どうぞどうぞ、席はまだ空いてますし、座っていいですよ」と言われると思いますか?

そんなワケないですよね(笑)

この男は、女性専用車両に座っている女たちから、鬼の首でも取ったかのように責められ、攻撃され、車掌に突き出され、こいつチカン男ですと、とんでもない言いがかりをつけられ、さらには「警察を呼べ」「チカンを捕まえろ」と攻められます。

満車の、となりの一般車両から通路を通って押し出され、女性専用車両に押し込まれただけの男を、さも女子トイレにでも入ってきた男かのように、男を責め立て「チカンだ」と言いまくり、男に人生を破滅に追い込みます

 

女たちにも、言い分があるのもわかる。

女性専用車両ができる前、ぎゅうぎゅうに電車に押し込まれ通勤してた時、男にカラダを触られたとか、チカンされたとか、ムリヤリ密着させられた嫌悪感があるとか。 女にも辛かった過去がある、忘れらない恐怖がある。

男から苦痛を味わったことがあるという、至極まっとうな言い分もあると思いますし、この女性たちの精神的苦痛は、プロカウンセラーとして私も100%理解します。

でもこれは、 女たちは、男から味わった不愉快・苦痛を絶対に忘れないということの証です。

女は(それがたとえ無関係だったとしても)男という存在を絶対に、絶対に見直さない。基本的に男にダメ出しをするだけです。

 

 

あなたも気づいていると思います。

私も気づいてます。

世の中の男たち、みーんな気づいています。

正論を言うと、叩かれて責められるから、絶対に口には出さないけど、♂「やっぱり、女サマは無双だな〜」♂「やっぱ女無敵社会だよなぁ」ってことぐらい、普通で健全な男たちは、みんな思っている。

アホじゃないんだからわかるって話(笑)

 

ドンマイ!ガンバだよ!レッツ、トライあげいん!なんて、ネトゲの萌えキャラみたいな、やさしいエール、愛ある言葉など、女は絶対に言ってくれません。

女たちが、自分のことを棚に上げ、あの男はアレがダメ!この男はコレがダメ!と言い出さなくなるのは、だいたい33歳を越えたあたりです。もう少し早く、その 鋭すぎる判定基準を緩めてもらえたら、結婚できたのにね(笑)

 

愛適齢期の女たちは、過剰なまでに、やりすぎるほどに男の純愛を理解出来ない。自ら火を消す。たたきつぶす。

恋愛適齢期の女たちは、オーバーキルしまくる。

さしたる理由もなく、男の純愛にトドメを刺し続けます。

 

でも、女も33歳を越えたあたりから、ちょっと浮ついた部分がなくなる。

やっと、1つ1つの出会いを大事にしておこうという気になる。

女も落ち着いてくる。

ここでやっと、マジメで地道な男たち全員と「歩調」が合い出す。 でも、今度は、33歳を過ぎた女は、多くの男たちのターゲットから外れ出すというのも、まぎれもない事実。

もう少し早かったら、よかったのに。

だから、恋愛における苦悩が発生する。いろんな部分のタイミングが合わない。呼吸が合わない。 なかなか男女は分かりあえない。 だからこそ、あなたが恋愛成功を望むのであれば、絶対に押さえておくべき「基本戦略」があります。

 

女を選べない男は、女から選ばれない。女を選んでアプローチする。

別記事 【彼女の作り方-35】好きな女にこだわるか?自分に合った女を探すか?男の恋愛「基本戦略」の話でもお話しましたが、自分に合った女を探すというスタンス、振る舞いの方が、実は男の恋愛性質に合っています。

 

逆説的なんですが、女を選ばない男は、女から絶対に選ばれません。

「こんなにモテないんだから、女を選んでいられない。つき合えれば誰でもいい、女なら誰でもいい」と思っているうちは、女が去って行きます。

 

反対に「女なら、誰でも良いというわけではない」「しっかりした女を選びたい」と考えて、女にアプローチしている男だけが、逆に女たちから、ちゃんとしている男だ!ちゃんと見ている男だ!と正しく判断される。

 

例えば

  • そもそも俺に釣り合う女かな?かわいいだけじゃ付き合えないよという、冷静な判断。
  • 地味でマジメな女を探している俺には、社内でモテモテのアイドル女に用はないんですよね(笑)という、冷静な切り分け。
  • 男にチヤホヤされて、女王サマを気取りたいっていう女は、ごめんネ という、冷静な眼。

こういう考え方を備えた、恋愛アプローチをするべき。

なぜなら、女たちの恋愛ペースに巻き込まれることがなくなるから。

( ※ モテる男たちが、狙った女をどうやって口説いて、オトしているか?彼らは毎日、いったい何をしているのか?そういうテクニカルな部分は、このコラム記事ではなく女を口説く10の基本をサク読みしておいてください。)

 

女たちが草食系男子をバカにして、もっとガツガツ来いよ!って煽っているのは

♀「来る男をしっかり選んで、バシバシ選別したい」

♀「バシバシ斬り続けるからネ」

♀「ボランティア精神じゃ付き合えないので、しっかり選んで、見極めて、そしてごめんなさいします」

♀「彼氏候補をもっとたくさん確保したい」

という、女のためのラクチン恋愛成功ノウハウ = 男に対する要求していること = リクエストノウハウだからです。

これが、女たちが「もっとガツガツ来いよ」っていう、真の目的なんです。

来る男拒まずで、どんな男とも向き合いますという意味ではありません(苦笑)

 

実際は、男はガツガツしてもいいんですが、アタマの中を冷酷かつクールなまま、目の前の女を見極めないと、1回目は誘えたけれど 2回目がなくなる。

別記事 【彼女の作り方-34】好意があるとは限らない、女と重ねるデートの回数。女に会ってもらえる回数と心得の話 でもお話しましたが、1回デートに来たからといって、2回目があるわけではない。

来る男をしっかり選んでバシバシ選別する。 自分のことを棚にあげ、♀「あの男はアレがダメ!」♀「この男はコレがダメ!」としか、見れないんですよ。女って。 男みたいに、敵だけと才能を認めるとか、絶対にない。 1個でもNGだったら、人格丸ごとNGです。

 

どんな女を選ぶべきか?

じゃあ、どんな女を選ぶべきか?

これについては、また別記事を書かなくてはいけないのですが、なにはともあれ、アタリマエのことをアタリマエに出来る女 ですね。

そういう部分に注目し、そういう女を特に大事にします。

 

人前でちゃんと挨拶ができるとか、時間をちゃんと守れるとか。

女を選べない男は、最終的に、女から選ばれなくなる。

彼氏候補の中の一人に成り下がる。

さて、あなたは大丈夫でしょうか?(笑)

イサキでした。

 

【恋活】狙った女を口説いて成功している男たちの「時間」と「お金」の使い方、3つのポイント。

口説きと誘いのコラム

 

<女の口説きと誘い方>

彼女の作り方

女を口説く10の基本

口説き方【上級編】常勝モテ男 恋愛レシピ100

 

<誘うタイミングと女心を見える化する教材>

彼女作りのコミュニケーションHack(ハック)

 

<ネットで彼女作り>

ネットで彼女コラム

ネットで彼女作り5つの基本

出会い方【上級編】ネットLOVEオールセット

【女心】恋愛アプローチをするときは、女の言葉は信じない。女の行動としぐさを観る。

女を観察する男たち

【女心】恋愛アプローチをするときは、女の言葉は信じない。女の行動としぐさだけを観る。

 

こんにちは。

恋愛カウンセラー ・イサキです。 いつも読んでいただきありがとうございます。

リアルで出会いがない男たちや、狙った女に向けて逆転・挽回プロセス中の男たちに対する一助とすべく、恋愛コラム記事を書いています。

恋愛アプローチをするときは、女の言葉は信じず、女の行動としぐさだけを観ましょうという話を、少しします。

 

モテる男たちは、女の言葉は信じない。行動としぐさを観る。

女って、自分の言ってる嘘が男に信じられている、男に通じていると思っています。

♀「だから男って単純よね〜♪」

って、本気で思っている。

実際には、こちらが嘘を指摘して♀「小せえオトコだな」と思われたくないから、我々モテる男たちは「バカな振り」「だまされたフリ」をしてあげてるんですが。

 

さて、あなたは、女の言葉を信じてしまっていませんか?

例えば、誘っても誘っても、お昼しか会ってもらえない女がいるとする。

スキマ時間(休日のお昼1時から夕方5時)しか、あなたと会おうとしない女がいるとする。

ちょっと問い詰めると、今夜は友達と飲み会があるという。

♀「あー、来週は●●子(女の名前)と映画行くし、再来週は●●美(女の名前)と海だなー、なかなか会えないなー」と、真剣なあなたをあざ笑うかのように、フザけたことを平気でのたまう。

ここで、 ♂「俺と簡単に会わないことで、俺の気を引こうとしてるんだな」 と、あなたが考えるとするならば、これは女たちにとって「便利すぎる」勘違いですし、モテる男たちから見たらライバル男(あなた)が1人減って、ありがたい状態です(笑)

なぜなら、女たちの「言葉」なんて信じないのが、男の恋愛の基本的な考え方になるからです。

 

女は全員ウソつき。女は男の何十倍もウソを言います。(女たちはウソとは認識していませんが・・・)

女友達にウソはあんまりつかないんですが、男にならどれほどウソをついてもいいと思っているのが女です。

ウソをつく男が嫌い、誠実な男がいいという女ほど、実は自分自身がウソを吐きまくる。ウソをつけない女アピールのために、嘘つき男を怖がる「フリ」をしている。

♀「ウソなら誰にも負けないわよ」と本気で思っている女たちは多いです。

というか「女は弱いんだから、自分の身を守るために男にならいくら嘘をついてもいい」という、自分に有利な大義名分で、あなたをだまそうとしている女なんて、世の中いっぱいいる。

女たちの言葉は「本音を隠す」武器です。

男に純愛とか、真面目さを求める女ほど、警戒してください。

 

まず、 先ほどの例ですが、♀「あー、来週は●●子(女の名前)と映画行くし、再来週は●●美(女の名前)と海だなー、なかなか会えないなー」 とか、予定説明の中に(あなたが聞いてもいないのに) わざわざ「女友達」の名前を入れ込んでくるあたり、実は別の男と会うって、白状しているようなもんですから。

男の影を意図的に隠す・男である可能性を意図的に塗りつぶす言葉を吐いたら、会うのは100パーセント男です。

 

男に嘘は通じるし男って単純よね〜♪って、多くの女たちは本気で思っているから、こんなバレバレなことを平気で言ってくる。

♂「ほう、会うのは女友達じゃなくて、俺以外の男か」 って、ここで考えれないとダメだと思います。

そもそも、あなたとスキマ時間しか会わないという、女の行動としぐさだを観れば、事の真相がわかります。女の言葉なんてなんの情報源にもなりません。

 

いやね、誰でも知ってることをあえていいますけど 夜に会える男の方が、絶対に親密度が高いに決まってる んですよ(笑)

真夏のお昼、太陽の下で、イチャイチャしたい、強く抱き合いたいと感じる哺乳類(ほにゅうるい)なんていませんから。

いつもお昼デートだとしたら、嘘をつかれていると思って間違いないです。

 

あなたにとって、この女が「本命女じゃない」というのなら、時間とお金の無駄。

あなたが常勝モテ男ユーザーではなく、しかも気乗りしない女であれば、さっさと次に行きましょう。

イサキでした。

 

【誘い方】ここまで違う!好きな女が目の前にいるときに、モテる男とモテない男の考えていること。

口説きと誘いのコラム

 

<女の口説きと誘い方>

彼女の作り方

女を口説く10の基本

口説き方【上級編】常勝モテ男 恋愛レシピ100

 

<誘うタイミングと女心を見える化する教材>

彼女作りのコミュニケーションHack(ハック)

 

<ネットで彼女作り>

ネットで彼女コラム

ネットで彼女作り5つの基本

出会い方【上級編】ネットLOVEオールセット

【女心】男のNGポイントを探して、すぐに冷める女たち。女たちが仕掛ける「恋のテスト」あなたは合格できていますか?

女の視線

【女心】男のNGポイントを探して、すぐに冷める女たち。女たちが仕掛ける「恋のテスト」あなたは合格できていますか?

 

こんにちは。

恋愛カウンセラー ・イサキです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

リアルで出会いがない男たちや、狙った女に向けて逆転・挽回プロセス中の男たちに対する一助とすべく、恋愛コラム記事を書いています。

 

今回は、女たちがあなたに仕掛けてくる「恋のテスト」「人としての価値判断のテスト」の話を少し書きます。あなたは合格できているでしょうか??(笑)

 

女たちの厳しい審判

女たちの男を見る眼は、今、想像以上に厳しくなっています。

婚活パーティなどに行くと、素敵な出会いを求めていったのに、女たちからの厳しい尋問・職務質問を受けて、ビックリしてしまう男たちも多いはずです。

「仕事は何してるの?」

「住まいは?」

「貯金は?」

「家族構成は?」

女たちにすれば、恋愛→結婚というイベントは、転職するに等しいので、男を見るとき、どうしても厳しくなってしまいます。

この記事をお読みのあなたにわかっておいて欲しいのですが、女たちは、我々男が思っているほど「聖」でも「清」でもありません。

ものすごく「現実」に生きています。

恋愛の重要度から、つい重くなるのが、彼女たちの男に対するジャッジ(審判)。 女たちは自分たちが仕掛けている無意識のテストを、ドンドン踏み越えてくる男にだけ「合格」を出すんです。

 

なので、会社組織の上司だとか、先輩だとか、男性社員だとか、社会的な序列に対して尊敬も興味もクソもないんですよね、女たちって(笑)

課長に昇進?すごーい!!っていうのは、社交辞令ってことです。

♀「あ、この昇進した◯◯くんに、しつこくアプローチされてる庶務の◯◯さん、ますます会社にいずらくなるなあ。かわいそう」

とか、女たちは「オンナ目線」で普通に考えてます。

昇進おめでとうなんて、女たちはあまり関心がない。オンナからみたら、男なんてみんな同列=平等だからです。

自分のテスト(女からの合格目線)をクリアーできない、踏み越えて来れないくせに、興味本位で

♂「週末に食事にでも行こうよ~」とか言い寄ってくる、関係性の薄い男がいても笑顔でNOを切り返す。 内心では♀「ウザ!」「死ね!」「消えてくれ!」と思いつつ、やんわりとNOとか無視(笑) この、女たちのジャッジを越えるのが、男の恋の役割になります。

(※ モテる男たちは、いったいどういうふうに、女たちを落としているのか?口説いているのか? 細かいテクニカルな部分は 女を口説く10の基本を読んでください。)

 

例えば、女たちが仕事中に振りまく笑顔。

これも無意識のテストですね。

かわいい女に笑顔を貰う(もらう)と、男たちはメロメロになります。

でも仕事中の女たちの笑顔は「絶品のウソ笑顔」です。

 

女たちの社交辞令、濃縮100%の笑顔に対して、♂「今日もかわいいなあ、ヂュフフw」とか、ありがたがっているようじゃダメ。

女からの社交辞令に喜んでいるようだと、女からのテストで「不合格」が出ます。 デレデレしてんじゃねーよ、他の女の色目にも同じように反応するヤリ目が!!とか、あっさり思われる。

 

一方、女たちは、自分の絶品ウソ笑顔に「喜ばない男」「ありがたがらない男」を一瞬で見抜き ♀「ほほう、やるな」と評価します。

もしも、この女をオトそうと思ったら、この「テスト」にいちいちつきあわない、あっさりクリアー、テストそのものをバカにできる男です(笑)

別コラム 【女心】♀「あの男はアレがダメ!」♀「この男はコレがダメ!」女は男を見直さない。男を選別する20代女たちを口説くための基本戦略 でも触れましたが、 女を選べない男は、やはり女の目にとまらない。 女たちの心の琴線に「ひっかかる男」は、少なくとも女たちのウソ笑顔などに一切デレデレ~と、しない男ですネ。

 

♂「どうせ自分自分のこと、カワイイと思ってるんだろ。うざいよ、その笑顔w」

♂「はいはい、他の男にも同じように接してるんだろw」

って、男が「素で思うだけ」で、女たちにはビンビン伝わります。

そうすると、この女たちは、自分の価値をわからせようと躍起になってきます。

♀「なに、このメガネ男(= 例えば私です)! のび太風情が、なんか むかつくワ(怒)」 ていう感じですね。

モテる女ほどこういう無意識のテストを毎日してきます。

 

物心ついたころから自分がどれだけ男からモテるのかを意識して生きているのでやっているので、こういうテストは無意識でバシバシ飛んできます。

「仕事は何してるの?」

「住まいは?」

「貯金は?」

「家族構成は?」

という、女たちからの厳しい尋問・職務質問があるほうが、わかりやすくて良心的かもしれませんね(笑)

さて、あなたは、狙っているあの子からの無意識テスト、あなたは今日も合格できましたか?

 

もしあなたが、女から出される無意識のテストをクリアーできずにいたかも、ミスしまくっていたかも、と気づいた場合。

また、誘った女から、NOや無視が、すでに何度も出されている場合。

今の恋愛苦境をなんとかしたいと考えてる場合は、この恋愛コラムよりも上位の恋愛コンテンツ = 女を口説く10の基本が必要になりますので、時間のあるときにでもサク読みしておいてくださいね。

 

苦しんで恋愛をしている、悩んで恋愛をしている、デートに誘い出せず苦悩している段階で、あなたの恋愛アプローチは「何か」が確実に間違っていると思います。

イサキでした。

 

口説きと誘いのコラム

 

<女の口説きと誘い方>

彼女の作り方

女を口説く10の基本

口説き方【上級編】常勝モテ男 恋愛レシピ100

 

<誘うタイミングと女心を見える化する教材>

彼女作りのコミュニケーションHack(ハック)

 

<ネットで彼女作り>

ネットで彼女コラム

ネットで彼女作り5つの基本

出会い方【上級編】ネットLOVEオールセット