【彼女の作り方-41】つまらない男・退屈男と思われて、女に相手にされない男の特徴。

【彼女の作り方-41】つまらない男・退屈男と思われて、女に相手にされない男の特徴。

 

恋愛カウンセラー ・イサキです。

お読みいただき、ありがとうございます。

「彼女の作り方」シリーズでは、恋愛に不慣れな男たちに向けて、初心者コンテンツを書いています。

この、彼女の作り方-41では、つまらないと思われて女に相手にされない男の特徴 について書きます。

前記事 【彼女の作り方-18】女との会話を盛り上げる「つかみ」の極意 、モテる男たちの恋愛コラム【デート】2回目のデートにつなげられない男たちの特徴。恋愛相対評価の話 の補足記事になります。

 

女がつまらないと感じるのはいつか?

彼女が欲しいと思っていても、つまらない男・退屈男と思われて、いつも女から相手にされないままでは、彼女どころか、友達のような女も増えていかないと思います。

また、いっしょにいて「全然おもしろくない」と思われたなら、せっかく誘えたデートであっても、たぶん2度目はないでしょう。

恋愛慣れしていない男たち、真面目すぎる男たちが、苦戦しているのがここですネ(笑)

会話が苦手じゃないのに、なぜか、つまらない・退屈と思われる。 なぜ女たちが、あなたの会話に対して、つまらない・退屈と感じるかといえば、あなたが「新しいトレンドを知らない男」「新しいニュースのない男」「自分の知りたいと思っている話がない男」だからです。

 

男たちが好む会話の内容は、普遍的なネタ、いつも変わらないおなじみのネタ、時間がたっても役に立つようなネタ、実生活に役に立つようなネタ、趣味のネタが多いですが、女たちが好む会話の内容は、今どんなものが流行しているか、今どこでどんなおいしいもの(楽しいこと)が流行っているか、今一番の人気のスポットはどこかなど、たぶん来週には古新聞となってしまうような「今」のトレンド話が多い。

女たちの頭の中は常に、今!今!今! 今だけ「限定」のニュースが一番知りたいし、行きたいし、早く楽しみたいと思っている。

今現在の「人気なもの」「おいしいもの」「かわいいもの」「ブームなもの」の話をしたい。

知りたい。聞きたい。 そして、行って楽しみたいんです。

 

あのおいしいスイーツの有名店ブランドが日本に初上陸したとか、今こういうファッションが流行っているとか、今ディズニーランドで、期間限定でこういうイベントをやっているとか。

はい、充分わかってます(笑)恋愛慣れしていない男たちは、女たちの求める、今!今!今のニュースって、超苦手ですよね。

でも、こういう話が苦手だから、女たちが、あなたの真面目な会話につまらない、退屈って感じるんです。

 

恋愛苦手が男たちは、そういう遊び時事ネタを「チャラい」「軽い」「歯が浮く」と言ってバカにすることが多いと思うんですが、 女たちが今、どんなことを気にしていて、いつもどんなことを話をしているのかもわからず、楽しく会話したり、楽しくLINEしたりすることはできません。

 

いくら今のニュースが好きな女たちとはいえ、彼氏でもないあなたから、今日会社で何があったとか話されても、続くわけない(笑)

LINEで送っても未読スルーです。

彼女が欲しい、あの子と少しでも仲良くしたい、女たちとLINEを楽しみたいと思っているのであれば、

  • 女たちがおいしいと思うもの
  • 女たちが楽しいと思うもの
  • 女たちが行きたいと思うもの
  • 女たちが癒やされると思うもの
  • 今、流行っているもの
  • 今、近隣の地域で行われているイベント

これぐらいの情報、時事ネタをいつも集めておいてください。

 

試しに、あなたの周りにいるモテそうな男たち(イケメンじゃなくても大勢いる)に、そういう今のニュースをぶつけてみてください。

あなたの想像以上に知っているはずですし、 「え?オマエ、あそこにデートで行くん?あそこは土曜の午後、めちゃくちゃ混んでるし、午前できりあげたほうがいいな」 とか、実体験も豊富で、なかなか詳しいはずです。

あなたとの会話のなかで、そういうネタが1個もでてこないようだと、女は退屈して、あなたといっしょにいても全然つまらない、これからも楽しくなさそうと、飽々(あきあき)してきます。

 

イベント情報に関しては、実はガチで集めておかないと、デートネタが尽きます。

イベントの重要性については、恋愛コラムのほうでいくつか記事を書いておきましたので、時間のあるときでもサク読みしておいてくださいね。

【デート】コミュ力(りょく)を補完するイベントのチカラ。恋愛ベタな男こそイベントを「踏み台」にすべきですよって話。

【男の恋愛思考】クリスマス・イブ直前だからこそ真剣に考えたい「なぜ自分は、今年も1人イブなのか?」問題。

 

また「いったいどこから情報収集すればいいかわからない」という男たちもいるかと思います。

その場合、男性誌のトレンド情報だけじゃなく、女性誌をマメに読んでおくのがオススメ。

女たちの考えやトレンド、今、気になっていることがわかります。

ファッション、メイク、恋愛、友達、仕事、占い、お金、旅行スポットなどなど。 女たちの気になっていることが、最低限は網羅できます。(実際はぜんぜん足りませんけど、情報収集のとっかかりとして役立つ)

 

イベント情報に関しては、男性誌・女性誌ともファッション誌だけでは足りません。

地域のフリーペーパーとか、ウォーカー系のイベント情報誌も斜め読みでいいから、必ず読む。

あなたが好きだと思ってた女が、ディズニーのアナ雪イベントに行ってる写メをFacebookにアップしてるのを見て、そこで初めて「今、そんなイベントやってたんやー」と気づくようじゃ遅い(苦笑)

 

さらに、コンビニや書店で女性誌を買うのが恥ずかしいという男たちもいるかと思います。

その場合は、Amazonとか通販でも雑誌が買えますので、趣味の品を買うついでに買っておいて損はないと思います。

ただし、買うとしたら vivi とか anan とか、恋愛適齢期女子向けのファッション誌を買うこと。

 

VERYとかINREDは、30代前半のお姉さま向け、若奥さま向けの女性誌なので、恋愛初心者のあなたが読んでも意味がないです。

雑誌の表紙を見れば、どの世代向けの女性誌かわかると思います。 恋愛慣れしていない人は、同性とばかりいっしょにいるため、話のネタが「かなり」偏っていることに気づいていません。

 

彼女が欲しい人は、(読んでても、はじめはつまらないかもしれませんが)必ず女性誌に目を通すようにしてください。

私は歯医者の待合室とか、クルマのオイル交換中の待合室とかで、FRIDAYとかよりも女性誌を読むことが多いです。

イサキでした。

 

【彼女の作り方-42】女からの無視の意味を理解する。大人の恋に「好き避け」などない。

彼女の作り方

 

<女の口説きと誘い方>

口説きと誘いのコラム

女を口説く10の基本

口説き方【上級編】常勝モテ男 恋愛レシピ100

 

<誘うタイミングと女心を見える化する教材>

彼女作りのコミュニケーションHack(ハック)

 

<ネットで彼女作り>

ネットで彼女コラム

ネットで彼女作り5つの基本

出会い方【上級編】ネットLOVEオールセット