【デート】平日の覚悟。恋愛で苦悩しがちな休日型恋愛の男たちがわかっていない、デートは平日に作られるという話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
平日デート

【デート】平日の覚悟。恋愛で苦悩しがちな休日型恋愛の男たちがわかっていない、デートは平日に作られるという話。

 

こんにちは。

恋愛カウンセラー ・イサキです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

リアルで出会いがない男たちや、狙った女に向けて逆転・挽回プロセス中の男たちに対する一助とすべく、恋愛記事を書いています。

 

休みの午後、たっぷりと惰眠をむさぼって、気力と体力が戻ってきた午後ぐらいになって、ようやく1人でいることの寂しさを思い出し、「あの子、何してるかな?」「あ、あの映画を見たいって言ってたな?誘ってみるかな?」なんて反応しているようじゃ、遅いですよって話。

今回は「デート」という恋愛イベントが生まれるタイミング = デートは平日に作られるという話を、少しします。

 

空き時間にだけその気になる、モテない男たちの恋愛習慣

あえて指摘するまでもないですが、休みの日に駅前を歩いていると、カップルだらけです。

子連れのファミリーも多いですね。

イベント会場とか、地方によくある、映画館が併設されているような大型のショッピングセンターなども、恋人たち、ファミリーの存在が目立ちます。

 

さて、このカップルたち。 なぜ付き合うことができたと思いますか?

なぜデートできていると思いますか?

なぜいっしょに、休日を過ごしていると思いますか?

もっと言うならば、子連れのファミリーを含めた男女もです。(ファミリーの場合は、パパママになる前の独身時代になるかと思いますが)なぜ、いっしょにデートに出かけれたと思いますか?

♂「男の側がデートに誘って、女に応じてもらえたからに決まっているだろう?」

♂「イベントとかに誘って、一緒に行くって、女からOKもらえたからに決まっているだろう?」

♂「お互いに好意があるからに決まっているだろうだろう?」

♂「ていうか、そういうアタリマエのこと聞くのやめろよ」

そうですね、おっしゃるとおりです。

ここまでの基本的な考え方は、私もあなたも同じだと思います。

 

では、女を連れている男たちが、彼女を誘ったのは「いつ」だと思いますか?

誘えそうかなっていう、彼女のスケジュール・ヒマ日程・予定の状況などを、男たちが把握できたのはいつだと思いますか?

誘いをOKしてもらえるように、マメにケアしていたのはいつだと思いますか?

そしてタイミングを見計らって「今度の休みに○○に遊びに行かない?」って誘いを切り出したのはいつだと思いますか?

そう「平日」です。

 

あなたが、仕事やバイトでくたびれて帰ってきて、眠くて、メールやLINEする気力もない、平日です。

あなたが、1日のストレスを発散したくて、シャワーを浴びて、眠くなるまで昨日のゲームの続きをしたいと思う、平日です。

あなたが、自宅に帰っても特にすることがないから、同僚たちと晩飯を兼ねて飲み行く、平日です。

あなたが、本屋で閉店まで立ち読みをしている、平日です。

 

もちろん、休み=土日祝と決めつける必要はないです。

すべての人が土日祝が休みというわけではないですし、自分と彼女の休みがシフトなどでズレて同じじゃないという、サービス業・医療関係・製造業の方などもいらっしゃると思います。

 

でも少なくとも、仕事じゃない平日を無駄使いしている男、平日は忙しいから休みの日にしか恋愛について考えないという男、いわゆる「休日型恋愛思考」の男に、恋愛成功はなかなか達成できません。

休みの午後、たっぷりと惰眠をむさぼって、気力と体力が戻ってきた午後ぐらいになって、ようやく1人でいることの寂しさを思い出し、「あの子、何してるかな?」「あ、あの映画を見たいって言ってたな?誘ってみるかな?」なんて反応しているようじゃ、遅いです。(言葉が厳しくてすいません・・・)

 

あなたが休日の午後に、わざわざネットでググって(検索して)、この常勝モテ男サイトにたどり着いて、私の書いた恋愛記事をのんびり読んでいるとすれば、かなり出遅れてると思います。(せっかく読んでいただいているのに、厳しいことを言って申し訳ないです・・)

自分の中の好意をコントロールできなくて、女に対して誘いのLINEをしまくるような男、好き好き言いまくる男にも恋愛成功はないですが、その反対に、 休日にしか反応しない男、休日にしか恋について考えない男、空き時間になってようやくその気になるような、恋の優先順位が低めの男にも恋愛成功はないです。

 

ご本人にそのつもりがなくても、しょせん恋が片手間なのが周囲にはすぐわかる。

あなたからのLINEとか、言葉を受けてる女たちにはすぐにわかる。

 

平日、女心をくすぐるような何のやりとりもないのに、なんのケアもしてないのに、休みのたびいきなり思いついたように女を誘っているとすれば ♀「は!? わたしは、呼べば飛んでくるデリヘル嬢か何かですか?」 ♀「私は、あなたの母親とか妹じゃないですよー。」 ♀「なにこれ? いきなりすぎて意味がわからない。何がしたいの? 性的な対象ってこと??」 あなたが休みの午後になってようやく、次の休みに映画でも誘うかなって思っている時その女は、すでに別の男と映画館に行っています。

平日をおろそかにせず、平日に動いている男たちが、女たちの休日時間をモノにしているというだけです。

 

我々男って、趣味・仕事・恋愛と、思考の中のでキッチリとジャンル分けしがちなんですが、女たちの恋愛は24時間休みなしです。

いつも好きだし、いつも気にしてる、好きって気持ちのまま仕事するし、食事するし、好きな対象を気にしながら生活してる。

完璧なんて求めない、でもゆるく、いつも、やんわりと関わっていたい。

そう考えているのが女です。

 

あなたが休みのたびに「孤独だな」「ヒマだな」「デートしたいな」と思い返すぐらいなら、平日をどう過ごすのか?もう少しだけ意識してみてください。

「仕事が忙しくて、平日は恋愛どころではない」 「時間がなさすぎて、平日はイベントを探すどころではない」 「疲れて帰ってきてきてるのに、平日はLINEなんて返す気力がわかない」 「○○なのに、平日は、○○なんて考えていられない」

あなたのそういうセリフを聞くたび、あなたの同僚とか、サークル仲間は「そうだよね」って言いながら、果たしてあなたと同じように何もしてないのでしょうか? 心のなかで「ライバルが1人消えたな(笑)」と、思っているのではないですか?

 

あなたと同じ環境にいながら、いつのまにか恋人を作っていたり、いつのまにか友人を増やしていたり、いつのまにか資格を取っていたり、いつのまにか転職したりしていませんか? 付き合っているカップル同士であれば、休みの朝にいきなり誘い出しても、デートすることぐらいはできるでしょう。

でも、そういう関係性の女がいないならば、平日は残業が忙しいとか、他にやりたいことがあるとか、疲れているからとか理由をつけず、きちんと恋愛に向き合ってみてもいいと思います。

 

休日型恋愛ではなく、平日型の恋愛に切り替える。 平日の動きが、休日のデートにつながっている。

休日にデートしている男女は、平日に予定をすり合わせ、会う約束をすでにしている。

つまり、デートの多くは平日にこそ作られています。

 

ただし、勢いだけでデートに誘っても、あっさりNOが出て終わるだけだと思うので、【彼女の作り方-15】好きな女をまず食事に誘う=実は大間違いの話 とか、【彼女の作り方-16】女たちがOKしやすいデートの誘い方も、サク読みしておいてくださいね。

 

また、何回か女を誘って、すでにNOや無視を食らっている場合は 口説き方【基本編】を一通り読んでおいてください。

男の恋では、フラれた直後にしかできないこと、NOを出された直後にしかできないこと、女から無視を食らっているときにしかできないことがあります。

イサキでした。

 

口説きと誘いのコラム

 

<女の口説きと誘い方>

彼女の作り方

女を口説く10の基本

口説き方【上級編】常勝モテ男 恋愛レシピ100

 

<誘うタイミングと女心を見える化する教材>

彼女作りのコミュニケーションHack(ハック)

 

<ネットで彼女作り>

ネットで彼女コラム

ネットで彼女作り5つの基本

出会い方【上級編】ネットLOVEオールセット


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。