【出会い】ひと夏で終わるか?来年まで続くか?男のゴールで変わる「恋愛寿命」の話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ひと夏の恋

【出会い】ひと夏で終わるか?来年まで続くか?男のゴールで変わる「恋愛寿命」の話。

 

こんにちは。

恋愛カウンセラー ・イサキです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

リアルで出会いがない男たちや、狙った女に向けて逆転・挽回プロセス中の男たちに対する一助とすべく、恋愛コラムを書いています。

 

あなたは「夏の恋は短い」「ひと夏の恋は続かない」「夏の出会いはすぐ終わる」と、聞いたことはありませんか? また「出会いは夏が多い」「夏はカップルが成立しやすい」と、聞いたことはありませんか? 今回は、男の設定するゴールで恋愛寿命が変わるという話を、少し書きます。

 

夏の恋は短い?

羽化したセミが大量発生し、7日間全力で鳴きまくり、ポトリと木からおちて、一気にその生涯を終えるように、大量かつ、あっさり終わる夏の恋。

実際には(四季を問わず)数ヶ月で終わる恋も、そりゃーたくさんあるのですが(笑)夏は誰しも少しだけ開放的になりますから、恋が成立しやすいですし、信じられないくらい、一気に恋が終わる。

まず、なんでこんなことになるのか?

夏は、女たちの多くが、心の壁がほんの少しだけ男に対して柔らなくなるので結果的に出会いが爆発します。でも、男たちの多くが、恋のゴール設定を間違っているから、夏が終わると同時に恋が終わります。

女たちの心の壁が「少し柔らかくなる」だけで、これだけ出会いがサクサク進む。

でも男たちのゴールが女を抱くこと、セックスすることで完結してしまっているので、夏が終わると同時に関係性が終わる。

これが「ひと夏の恋」になってしまう、一般的なメカニズムです。

まず、「なんで、女たちが心の壁を、男に対して少し柔らかく接するすることで、出会いが爆発するのか?」から、話に入ります。

 

思考停止して、男を拒絶している女たち。

なぜ、男に対して、女たちが少し柔らかく接することで、出会いが爆発するのか?

この一番の原因は、今の日本は有史以来、過去最高レベルで「男の評価が低い社会」なため、男たちが完全に自信喪失しているという一面があります。

  • 女の都合・女の価値観・女のペース、女の目線、女の厳しい評価で、ガシガシ進んでいく恋愛女社会の平成日本。
  • 男はダメ、男は弱い、男はふがいない、男は二足で歩くスケベ星人だと、どこか決め付けられている風潮が強い、平成日本。
  • 未婚率がアップしたのは男の甲斐性のなさが原因と、やたらメンズばかり叩かれまくる、平成日本。

先日の、女性手帳配布が中止に追い込まれたケースでもあったように、「性」に関して女たちに啓蒙するメディアや行政は「人権侵害だー!!」と脊髄反射のごとく責められる、平成日本。(行政さえ、何も対策させてもらえない日本)

男 = 犯罪者予備軍みたいな風潮さえあります。

だから、メディアやニュースも、笑いとか視聴を取るために「男のダメポイント」ばかりに矛先が向く。

いや、向かざるを得ない。

そして、ダメ男を笑う番組や、ダメ男を強調したニュースを見ている女たちも、男に対して「怒り」や「苛立ち」をドンドン醸造させ募らせている。

笑いや視聴を取るために、男のダメポイントを強調したコンテンツなどに、今や強く影響されてしまっている。

おかげさまで、今現在、女たちの心の壁や思考は、カッチカチに固いですし、男に対する評価が過去最高に低い。

 

でも、男を目の敵にしている女たちでさえ、夏になると

♀「生涯でただ一度、今年◯歳の夏を、たった1人で過ごすの?アタシ?」

♀「友達は彼氏とデートざんまい、自分は、ひとりでゲームざんまい。」

♀「LINEに、リア充なおでかけ写メを投稿したーい!遊びにいきたい!海にいきたい!引きこもりだけはイヤだー!」

と、アゲアゲな周囲との相対評価で下落する、自分の現状にアセるケースが増える。

 

年収600万越え、800万越えの20代・30代サラリーマンか公務員の彼氏を探すなんて、ラノベ並のファンタジーストーリーに構っていられなくなる。 (下からの続き)

夏「半歩踏み出している」女たちが増えていることで、自然に男女のカップル成立が増えている。

出会いが増えるからこそ、今、誰とも出会えてない女たちが相対的に非リアっぽくなる。

女友達間の上下関係=女子カーストでもランクが落ちてくる(女友達からもなんだか誘われなくなる)。

あげく、デート写メどころか、共通の友達同士のWデート、トリプルデート、海デート写メを、LINEやmixiにアップされた日にゃ、消えたくもなる(彼氏のいない自分は誘われずハブられて、この日はVゾーンのムダ毛処理、携帯ゲーム、焼きそばUFO食べてチューハイ飲んで引きこもり)

ちょっとなんとかせねば、これはヤバいでござると、女たちもようやくアセり出す。

そういや、最近、よくメッセをくれるFB友(♂)が、いたなー。LINEで繋がっていたメンズがいたな。ちょいとメッセでも返してみるか。

女たちは「半歩だけ」心の距離を男の側に近づけてくれる。

その結果、夏はカップルが成立しやすい。

(はじめに戻る)

わかりやすくフローを書き起こしてみましたが、男に対して、女たちが少し柔らかく接することで、出会いが爆発するのはアタリマエなんです。

 

「出会いは夏が多い」「夏はカップルが成立しやすい」と言われますが、女を誘う男は春でも秋でも年中誘ってます。

だから、夏だから特に女へのアプローチ数がアップしているとかは、ありません(笑)

 

それよりも、その気になってくれた女たちが 半歩だけ男に近づいてくれた ということで、夏に成立するカップルが激増しているだけ。

パートナー探しに苦しんでいる男たちにとって、夏は「確率変動中」だと、さえ言えます。 せっかく女を誘うんですから、別記事 【彼女の作り方-23】女に断られにくい、デートへの誘い方のコツ でも参考にして、勝率をアップさせておいてくださいネ。

 

ひと夏で終わるか?来年の夏もいっしょにいれるか?は、 男のゴールで変わる

この恋、ひと夏で終わるか?来年の夏もいっしょにいれるか? この恋愛寿命は、男が設定している「恋のゴール地点」で変わります。

例えば、女を抱くこと「そのもの」をゴールと規定している男ならば、今の女との関係も、ひと夏の恋で終わりやすいですし、夏に限らず一年中、短命な恋を繰り返すだけになります。

でも、女を抱いた先に、先の関係性を作ろう!作ろう!と模索し、努力しているならば、続く恋ができる男になれます。

女を抱くということは、親密な関係性を構築していくうえで確かに大事なんですが、女を抱くことそのものをゴールと規定しているならば、恋愛における安定性は遠い。

 

例えば 口説き方【上級編】常勝モテ男‐恋愛レシピ100のユーザーたちにとって、セックスは日常茶飯事。

ゴールでもなんでもない。

パートナーが1人以上いる男女にとって、セックスはあくまでコミュニケーションの1つ。

抱き合える関係性があるということは、ドンドン次の関係性を作っていける「素地」がようやく手に入ったということ。

モテる男たちにとっては、セックスは、ゴールではなくスタート地点です。

ここから先が、女と二人三脚で歩む楽しさがある。

 

さらに親密な関係性を構築するため、女をあなたの趣味に巻き込むもよし、いっしょにスポーツ始めるもよし、行ったことのないプチ旅行に、いっしょに行くもよし。 ゴルフいっしょに行こう!と誘って、週末いっしょに打ちっぱなし練習にいけば、また新しい関係性が生まれる。

キュートなゴルフウェアを、いっしょに見に行くかとなれば、それも楽しい週末デートになる。

恋愛という関係性なんだけど、いつまでも恋愛だけで完結させない。人生のパートナー化させたいというイメージ・ゴールを持てば、女たちとの関係性は確実に変わります。

次の関係性を、男の側がドンドン創っていくことで、恋愛寿命は確実に伸びます。(女は男との関係性を変えるチカラが弱い。リードされる生き物。)

  • 恋愛という基本的な関係性なんだけど、いつまでも恋愛だけに終始しない。恋愛で完結させない。
  • 抱くこと、セックスすることだけを目的としない。
  • どんどん、先の関係性を構築していく。

ここに着目するだけ(ゴールを間違えないだけ)で、ひと夏の恋で終わるか?来年の夏もいっしょにいれるか?恋愛寿命が、決まります。

恋愛って人間関係の発展型ですから、会う理由がワンパターンデートとセックスだけでは「ひと夏」どころか、半月さえ維持できない男たちも、大勢いるんじゃないでしょうか?

せっかくの夏の出会い。

大事にしたいですネ。

イサキでした。

 

【女心】顔・年収・性格・センス・価値観が合っても、女にフラれ続ける男たち。女たちが選ぶ「男の条件」その本質の話。

口説きと誘いのコラム

 

<女の口説きと誘い方>

彼女の作り方

女を口説く10の基本

口説き方【上級編】常勝モテ男 恋愛レシピ100

 

<誘うタイミングと女心を見える化する教材>

彼女作りのコミュニケーションHack(ハック)

 

<ネットで彼女作り>

ネットで彼女コラム

ネットで彼女作り5つの基本

出会い方【上級編】ネットLOVEオールセット


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。