【誘い方】泰然自若のススメ。狙った女に対して嫌われる、男たちがやらかす誘い方の話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
落ち着いた男

【誘い方】泰然自若のススメ。狙った女に対して嫌われる、男たちがやらかす誘い方の話。

 

こんにちは。

恋愛カウンセラー ・イサキです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

リアルで出会いがない男たちや、狙った女に向けて逆転・挽回プロセス中の男たちに対する一助とすべく、恋愛コラム記事を書いています。

今回は、狙った女=好きだと思っている女に対して嫌われる、男たちがやらかす誘い方について、少し書きます。

 

狙った女に対して無意識にやらかす、男たち最大のミスとは?

狙った女のことをまだ深く知らない段階でのアプローチ、そして、恋愛慣れしていない男であれば、様々なミス、失敗が起こります。

女の名前を間違う、誕生日を間違う、ペットの犬種を間違う、スキな趣味や趣向を間違う、どうしてもこれだけは許せないということをやらかす。

酒に酔って好き好きLINEを送信する、しつこく誘いすぎる、女の職場に会いに行く(女がショップ店員とか)、デートを割り勘にする、帰りたがっている女を無理に引き止める、社会的なルール違反を犯す、(クチャ食べ・ひとりごと・鼻ほじり・ツバうがい・咳払い・貧乏揺すりなど)仕草・態度・マナーに気持ち悪いクセがあるなど。

女からの社交辞令さえ木っ端みじんにするようなミスをやらかす。

取り返しが難しい、会える確率がガッツリ下がる、残念すぎる系のミス。 ホント、誘いのプロセスでは様々なことが起こります。

 

この「やらかす」原因の1つが、自分の中の「あの子が好きだ−!!」という恋愛感情に流されすぎている・振り回されているということが挙げられます。

少なくとも、モテている男たちは、この恋愛感情をコントロールできていますし、女からの予想外のアプローチに対しても落ち着いて対処しています。

自分のミスや、女の側の変化、女の感情的な態度や言葉に対して、一喜一憂せず、泰然自若の状態で女に接している。

良い反応があっても悪い反応があっても「客観的」に一呼吸おいて対応しています。

 

一方、モテない男たちがのほうが、狙った女からの良い反応・悪い反応に一喜一憂している。可能性に賭けすぎている。

「あの子は俺のことが好きなはずだ!!!」という薄氷のごとき1%の可能性を根拠に、一か八かのアプローチをする。

何の前触れもなく、何の関係性の構築もせず、いきなりデートに誘う。「一発退場・レッドカード」モノの、あり得ないほどのリスクを犯す。それも何度も(滝汗)

 

つまり、一喜一憂の何がダメなのか?というと、口説きと誘いのペースが乱れますし「質」が下がるということ。

これでは、男の恋愛成功はおぼつきません。厳しいです。

また、女たちから見て間違いなく挙動のオカシイ男に見えます。 ていうか、あなたの行動に一貫性がないからすごく怖い。

感情的なアブナイ人に見られる(苦笑)

 

つまり、口説きと誘いの途中経過でよく起こる、男最大のミスとは「女を抱ける前に喜んじゃう」こと。

勝手に「脈がある」とか思って喜んでしまうことです。

 

口説きと誘いの途中経過はツライことも多い。男なら誰しも、心の栄養が欲しくなる。脈アリの可能性が欲しくなる。(すごくわかります・笑)

 狙った女・好きな女からの(社交辞令100%の)笑顔一つであっても、また男は頑張れる。

でも恋愛強者はそれを求めないんです。

求めても意味が無い。本当に得たいもののために、今を耐える。 一喜一憂すべきことではありません。

 

このあたりの、恋愛における基本的なことは、 彼女の作り方一覧ページ にまとめてありますので、時間のあるときにでもサク読みしておいてくださいネ。

恋愛強者たちは、今日も「あの子」にアプローチしています。あなたも一喜一憂せず、泰然自若の精神で、口説きと誘いのアプローチを開始しましょう。

社内やサークルでは、目立つあの女は取り合いです(笑

イサキでした。

 

【デート】2回目のデートにつなげられない男たちの特徴。恋愛相対評価の話。

口説きと誘いのコラム

 

<女の口説きと誘い方>

彼女の作り方

女を口説く10の基本

口説き方【上級編】常勝モテ男 恋愛レシピ100

 

<誘うタイミングと女心を見える化する教材>

彼女作りのコミュニケーションHack(ハック)

 

<ネットで彼女作り>

ネットで彼女コラム

ネットで彼女作り5つの基本

出会い方【上級編】ネットLOVEオールセット


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。